オンラインショッピングに関する消費者調査

オンラインショッピングに関する消費者調査

株式会社アドフレックス・コミュニケーションズと株式会社ネオマーケティングは、PCとスマートフォンを両方保有している、かつ直近以内1年以内にPCまたは、スマートフォンを使用してオンラインショッピングで商品を購入している方を対象としたアンケートを実施致しました。

Ⅰ.オンラインショッピングに関する調査
Ⅰ-Ⅰ.オンラインショッピング使用デバイスについて
Ⅰ-Ⅱ.直近1年間のアイテム別購入動向について
Ⅰ-Ⅲ.直近1年間のアイテム別購入デバイス傾向
Ⅰ-Ⅳ.アイテム別決済方法の傾向
Ⅰ-Ⅴ.デバイス別オンラインショッピングの利用頻度について
Ⅰ-Ⅵ.オンラインショッピング決済時の不安要素

Ⅱ.スマートフォン決済における調査
Ⅱ-Ⅰ.スマートフォン決済時のアイテム別購入限度額
Ⅱ-Ⅱ.スマートフォン決済時のアイテム別抵抗傾向
Ⅱ-Ⅲ.スマートフォン決済時の時間帯
Ⅱ-Ⅳ.スマートフォン決済時の離脱要因

<調査概要>

調査期間
2015年12月22日(火)~12月25日(金)
調査方法
インターネット調査
調査対象
全国 20歳以上
サンプル数
802名

構成:男女各 20代174名/30代176名/40代176名/50代176名/60代以上100名

Ⅰ-Ⅰ.オンラインショッピング使用デバイスについて

―オンラインショッピングに最も使用するデバイスは、89%の人がスマートフォンという結果になった。―

Q1.あなたが、オンラインショッピングでの購入に使用したことがあるデバイスをお答えください。(お答えはいくつでも)

Q2.オンラインショッピングに最も使用するデバイスをお答えください。(お答えは1つ)(N=802)

Ⅰ-Ⅱ.直近1年間のアイテム別購入動向

―「食品/飲料/酒類」(51.6%)が最も高く、次いで「書籍」(48.9%)「衣料品/下着」(47.9%)「雑貨」(38.3%)「CD/DVD」(37.3%)の順である。―

Q3.あなたが、直近1年間でオンラインショッピングにて購入した商品の種類をお答えください。(お答えはいくつでも)(N=802)

Ⅰ-Ⅲ.直近1年間のアイテム別購入デバイス傾向

―「旅行(チケット/航空券)」と「金融商品」のみがスマートフォンよりもPCからの購入が多い結果となった。―

Q4.あなたが、1年以内にオンラインショッピングにて購入した商品についてお答えください。購入時に使用したデバイスをお答えください。(お答えはそれぞれいくつでも)

Ⅰ-Ⅳ.アイテム別決済方法の傾向

Q5. あなたがオンラインショッピングで購入した際の決済方法について、商品ごとにお答えください。(お答えはそれぞれいくつでも)

Ⅰ-Ⅴ.デバイス別オンラインショッピングの利用頻度

―PC・・・左記以下の頻度が最も多く、「1ヶ月に1回程度」(23.6%)が次いで多い結果となった。
スマートフォン・・・「1ヶ月に1回程度」(27.4%)が最も高い結果に。またほぼ毎日の頻度も13.1%と高い結果に。
タブレット・・・「左記以下の頻度」(27.9%)が最も高く、次いで「2~3週間に1回程度」(20.7%)の順である。―

Q6.あなたが、1ヶ月にオンラインショッピングをする頻度を、使用デバイスごとにお答えください。(お答えはそれぞれ1つ)

Ⅰ-Ⅵ.オンラインショッピング決済時の不安要素

―「個人情報の流出」(70.1%)が最も高く、次いで「不正請求をされないか」(45.8%)の順である。―

Q7.オンラインショッピングの利用時、決済をするときに不安に思うことについてお答えください。(お答えはいくつでも)(N=802)

Ⅱ-Ⅰ.スマートフォン決済時のアイテム別限度額

―決済に抵抗のない上限金額として「1,000円未満」が一番多い商品は、「オンラインゲーム」「アプリ」「文具」の比較的低価格商品と「金融商品」となった。「金融商品」については、高額取引への抵抗がある人が多いことがうかがえる。
一方、「3万円以上」と回答した方も「金融商品」では22.3%と他商品より多く、両極端な結果となった。―

Q8. スマートフォンでのオンラインショッピングについてお聞きします。決済に抵抗のない上限金額を商品ごとにお答えください。(お答えはそれぞれ1つ)※購入したことがない商品についても、購入する場合を想定してお答えください。

Ⅱ-Ⅱ.スマートフォン決済時のアイテム別抵抗傾向

―「抵抗がある商品はない」(51.0%)が最も高く、次いで「金融商品」(29.6%)「旅行(チケット/航空券)」(16.2%)「衣料品/下着」(9.5%)「家具/インテリア」(9.2%)の順である。―

Q9. スマートフォンでのオンラインショッピングについてお聞きします。スマートフォンにて決済する際に抵抗がある商品をお答えください。(お答えはいくつでも)(N=802)

Ⅱ-Ⅲ.スマートフォン決済時の時間帯

―「【平日】夜、自宅にいるとき」(73.7%)が最も高く、次いで「【休日】夜」(61.0%)「【休日】午後」(44.9%)「【休日】午前中」(30.0%)「【平日】午後」(18.6%)の順である。
お申し込みや資料請求をすることが多い、決済関連のゴールデンタイムは夜間の時間となった。―

Q10.あなたが、スマートフォンでオンラインショッピングの申し込みや資料請求をすることが多い時間帯についてお答えください。(お答えはいくつでも)(N=802)

Ⅱ-Ⅳ.スマートフォン決済時の離脱要因

―「送料が高い」(62.2%)が最も高く、次いで「購入情報の入力がしにくい」(30.4%)
「情報の入力項目が多い」(27.3%)「クレジットカードで決済できない」(25.7%)の順である。―

Q11.スマートフォンでのオンラインショッピングについてお聞きします。商品を購入しようとした際に、購入をやめてしまう理由についてお答えください。(お答えはいくつでも)(N=802)

当調査の調査結果をすべてご覧になる場合は、こちらのお問い合わせフォームに必要事項を明記の上、ご連絡いただきますようお願いいたします。お問い合わせが完了いたしますと、調査結果をPDFファイルで閲覧・保存することが可能となります。