Web広告で結果を出すためのチェックポイント4つ

Web広告の運用シーンで日々の検証や調整など細部にとらわれて変動に一喜一憂してしまうこと、ありませんか?

 

なかなか思うような結果が出ない…

そんな時こそ大きな視野で見直してみると、思わぬ改善点が見つかることも。

 

Web広告で思うような結果が出ない時のチェックポイント4つをご紹介します。
日々の運用はもちろん、これからWeb広告を始める際にもおすすめです。

1. そのKPIは適切ですか?

KPIは、最終的な経営目標(KGI)を実現するための必要手段を数値化した目標です。

KPIを見直すと、その前段階である目標達成に必要な要素(CSF)に改善点が見つかることも。

 

チームが一丸となって任務を遂行するために、KPIの設定は必要不可欠です。

新たな気持ちで見直してみることをおすすめします。

□ 計測しやすく、チーム全員が理解できるKPIになっているか?

 

KPIを達成するための必要なステップが具体的にイメージできるか?

 

□ 最終目標へ繋がるKPIになっているか?

 

□ 期限を設けているか?(設定期間は目標とズレがないか?)

2. ターゲティングは適切ですか?

Web広告は「誰に」「何を」見せる(伝える)かが重要です。

 

「誰に」→ ターゲット(セグメント)は合っているか?

「何を」→ メッセージが伝わる表現になっているか?(言葉やクリエイティブなど)

 

新たに作るのではなく、「誰に」×「何を」の組み合わせを見直し、すでにあるクリエイティブを活用することを検討してみるのも改善の近道です。

 

AIが「どのターゲットに」×「何を見せるべきか」最適な組み合わせを発見する「プレディクティブターゲティング」もおすすめです。

3. クリエイティブは根拠のあるデザインですか?

クリエイティブというと「デザインにはセンスが必要」というイメージが強いかも知れませんが、必ずしもそうではありません。

 

KPIやターゲティング設定と同じく

ゴールを決める→伝えたいことをブラシュアップする→その手段を具体的にする

というように、ロジックでクリエイティブの「設計図」を描くと効果的です。

とはいえ、クリエイティブは定量化しづらく、検証や改善に頭を抱えることも少なくないのではないでしょうか。そんな時はクリエイティブの要素を数値化し、最適にする方法を具体的に導き出すAIの活用をおすすめします。

4. 適切な広告手法を選んでいますか?

今やWeb広告はテレビメディア広告費を超えるほどの拡大・成長を続けています。

一方で、Web広告の手法は多岐にわたるため、複雑で分かりにくいといった一面も。

 

Web広告はターゲティングやクリエイティブに出てきた「誰に」「何を」に加え、

「いつ」「どのように」伝えるかも重要なポイントです。

 

ユーザーの購買関心度や狙いたいターゲットのトレンドによって適切な広告手法は異なるため、どれが最適か見極めが必要です。
また、複数の広告手法を組み合わせたほうが効果的な場合もあります。

アドフレックスでは、企業の皆様とKGIを共有しながら事業成長を前提としたドライバーの策定から広告手法の選定、KPIと照らし合わせたPDCAマネジメントまで、トータルで支援しています。
さらに、最先端のAIソリューションを使ったWeb広告運用で費用対効果向上を後押し。

 

精通したコンサルタントがしっかりサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

この記事に関するタグ #

この記事が役に立ったらシェア!

はてなブックマーク

Related関連記事

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 iso