MARKETING COLUMN マーケティングコラム

【Google / Yahoo!】リスティング広告の始め方と設定方法

ンターネットの発達とともに、Web広告市場も年々拡大を続けています。

インターネット広告媒体費のうち、リスティング広告が占める割合は、全体の38.6%と最も高い。

出典:2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析 – 電通ウェブサイト

 

Web広告の中でも比較的始めやすく、少額で出稿できるリスティング広告は、多くの企業に取り入れられています。この記事を読んでいる方も、広告の出稿を検討されているのではないでしょうか。

 

本記事は、これからリスティング広告に携わろうとしている方に向けて、リスティング広告の特徴と始め方について解説。また、上手な広告運用のコツについて後半で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

リスティング広告を改善したい方へ

10年以上の業界経験から得られた知見をもとに、弊社アドフレックスが実践している「リスティング広告最適化の秘訣」を無料公開します。

  • 自社のリスティング広告を改善したい
  • どんな改善方法があるのか知りたい
  • 具体的な改善事例を知りたい

といったマーケティング担当者の方はぜひダウンロードのうえ、ご活用ください。

» 資料をダウンロードする(無料)

 

1.リスティング広告の特徴

まずは基礎知識として、リスティング広告の特徴について解説します。

リスティング広告とは:

検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して検索結果画面に表示される、テキスト形式の広告。別名「検索連動型広告」。

ユーザーの検索行動にあわせて広告が表示されることから、購買意欲の高い「顕在層」にアプローチできます。そのため、リスティング広告は売上増加や集客、問い合わせといったコンバージョンを目的とする場合がほとんどです。

1-1.掲載場所

リスティング広告の掲載場所は、検索結果画面の最上部または最下部です。その他の特徴として、左上に「広告」マークが入ります。自然検索結果よりも目立つ場所に掲載されるため、多くの流入が見込めます。

1-2.掲載フォーマット

リスティング広告は、基本的に以下で構成されます。

  • 表示URL
  • 広告見出し
  • 説明文

このまとまりを、「広告文」と言います。

 

以下は、Google 広告の検索キャンペーンとYahoo! 検索広告の文字数の規定です。

項目Google 広告
(検索キャンペーン)
Yahoo! 検索広告
見出し130文字30文字
見出し230文字30文字
見出し330文字30文字
説明文190文字90文字
説明文290文字90文字
パス115文字15文字
パス215文字15文字

※すべて半角表記の文字数(全角は2文字で1文字とカウント)

 

この他、利用できる記号やその他規定は媒体によって異なるため、事前に確認しましょう。

1-3.費用

リスティング広告は、広告が1回クリックされるごとに課金される、「クリック課金方式」を採用しています。広告費用は「1クリックあたりの設定単価×クリック数」で求められます。

 

クリックが増えるごとに広告費も増えていく仕組みですが、あらかじめ上限金額を設定しておくことで予算オーバーを防げます。

1-4.掲載順

リスティング広告は、出稿すれば必ず掲載されるわけではありません。オークションが行われ、落札できたものが掲載できる仕組みです。

 

オークションでは、入札金額(上限クリック単価)と広告の品質の高さが相対的に評価されます。この指標を「広告ランク」と言います。掲載の有無や掲載順位は、この広告ランクによって決まります。

2.Google 広告 / Yahoo!広告の出稿手順

リスティング広告の出稿は難しい、というイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、全体像を把握して準備を進めれば、出稿は意外と簡単です。

 

補足:リスティング広告のアカウント構造について

設定に入る前に、アカウント構造について理解しておきましょう。

 

リスティング広告は図のように、1つのアカウントの中に複数のキャンペーンがあり、さらにその中にキーワードと広告文をまとめた広告グループが格納されている構造になっています。

 

以下の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

アカウント構造に沿って、以下の順で出稿準備を進めていきます。

  • アカウントの作成
  • キャンペーンの作成
  • 広告グループの作成
  • 広告文の作成

    では、ここからGoogle 広告とYahoo!広告に分けて出稿手順を紹介します。

    2-1.Google 広告の設定方法

    Google 広告の出稿方法は、以下のとおりです。

    アカウントを作成する

    まずは、Google 広告のアカウントを作成します。なお、アカウントの作成にはメールアドレスとWebサイトのURLが必要です。

     

    Google 広告の公式ページにアクセスし、 [今すぐ開始] をクリックします。登録フォームが表示されるので、入力しましょう。なお、アカウントは、1企業につき1アカウントで運用するのが一般的です。

    出典:Google 広告

    キャンペーンを作成する

    キャンペーンを作成するにあたって、達成したい目標を以下から選択します。

    • 販売促進
    • 見込み顧客の獲得
    • ウェブサイトのトラフィック
    • 商品やブランドの比較検討
    • ブランドの認知度とリーチ
    • アプリのプロモーション
    • 来店数と店舗売上の向上

    目標設定は任意項目です。設定しない場合は「目標を指定せずにキャンペーンを作成する」を選びましょう。

     

    選択できたら [続行] をクリックします。

    出典:Google 広告

     

    キャンペーンタイプの選択画面が表示されるので、以下の中から目的に合ったキャンペーンタイプを選びます。

    • 検索
    • ディスプレイ
    • スマート
    • ショッピング
    • 動画
    • ファインド

    リスティング広告の場合は「検索」を選択して [続行] をクリックします。

    出典:Google 広告

     

    広告で達成したい目標を選択します。

    • 購入や申し込み:「ウェブサイトへのアクセス」
    • 電話で問い合わせや予約を増やしたい:「電話件数」
    • 実店舗への来店を促したい:「実店舗への来店」
    • アプリのダウンロード件数を増やしたい:「アプリのダウンロード」

    選択することで、広告の商材に関連する行動をユーザーに促すための設定などがカスタマイズできます。この項目は任意設定なので、スキップする場合は [続行] をクリックします。

     

    その下にある「コンバージョンアクションを作成」を設定すると、ユーザーがどのような行動をとったか追跡できるようになります。

    出典:Google 広告

     

    「キャンペーン名」にキャンペーンの名前を入力します。そして、広告配信する「ネットワーク」を選択します。パートナーサイトを含めて掲載したい場合は、「検索ネットワーク」「ディスプレイネットワーク」の両方にチェックを入れましょう。

    出典:Google 広告

    ターゲティングを設定する

    ターゲティングとオーディエンスを選択します。オーディエンスセグメントでは、ユーザー属性や趣味嗜好、興味関心など、詳細に設定できます。細かく設定することで、ターゲティングの精度を高め、配信成果を上げることができます。

    出典:Google 広告

    予算を設定する

    予算と入札単価(上限クリック単価)を設定します。

     

    「予算」には、1日あたりの平均予算の希望額を入力します。

    「単価設定」では、重視する項目と入札戦略を選択します。

    出典:Google 広告

    広告表示オプションを設定する

    任意で広告表示オプションが設定できます。

    広告表示オプションとは:

    広告文では伝えきれない商品やサービスのアピールポイントを表示できるオプション機能。

    この機能を活用することで、視認性とクリック率の向上が期待できます。実際に表示させるには条件を満たす必要がありますが、可能であれば設定しておきましょう。

     

    設定ができたら [保存] をクリックします。

    出典:Google 広告

    広告グループを作成する

    キャンペーンが作成できたら、広告グループの作成に移ります。広告グループの種類は「標準」と「動的広告」から選択できますが、今回は標準を選択します。標準を選択すると、設定したキーワードに基づいてテキスト広告が配信されます。

     

    「広告グループ名」に広告グループの名前を入力し、「キーワード」で広告を配信するキーワードを設定します。キーワードの設定はリスティング広告の成果を左右する重要な要素です。追加や変更は後でも行えるので、じっくり検討しましょう。

     

    もしキーワード選定に迷う場合は、ランディングページのURLや商品名などを入力して、関連性の高いキーワードを抽出することも可能です。

    出典:Google 広告

    広告を作成する

    広告文を作成します。入稿規定を確認のうえ、各項目を入力していきましょう。画面右側にプレビュー画面で実際の配信イメージが確認できるので、確認しながら作成を進めます。入力できたら、 [保存] をクリックして完了です。

    出典:Google 広告

    支払い情報を入力する

    支払い情報を設定します。項目にしたがって進めましょう。最後に、利用規約に同意のチェックを入れ、 [送信] をクリックすれば完了です。

    出典:Google 広告

    2-2.Yahoo!広告の設定方法

    続いて、Yahoo!広告の設定方法を説明します。基本的に、Google 広告の手順と同様の流れになります。

     

    Yahoo!広告を始めるには「Yahoo! JAPAN ビジネスアカウント」の取得が必要です。フォームに必要項目を入力し、取得しましょう。

    キャンペーンを作成する

    Yahoo! JAPANビジネスIDを入力して「広告管理ツール」にログインし、 [検索広告] → [キャンペーン管理] をクリックします。

    出典:Yahoo!広告ヘルプ

     

    キャンペーン一覧の上にある [キャンペーン作成] をクリックします。

    出典:Yahoo!広告ヘルプ

     

    「キャンペーンタイプ」で「標準キャンペーン」を選択し、「キャンペーン名」を入力し「スケジュール設定」を選択します。

    予算を設定する

    予算を設定します。「キャンペーン予算(日額)」に1日あたりの広告予算を入力し、「入札方法」を選択します。

    ターゲティングを設定する

    ターゲティングを設定します。Yahoo!広告では「デバイス」「地域」「曜日・時間帯」が設定できます。必要に応じてその他オプション項目を設定し、キャンペーン作成が完了したら [広告を保存して広告グループ作成へ] をクリックします。

    広告グループを作成する

    キャンペーン一覧から、広告グループを作成したいキャンペーンを選択して [広告グループを作成] をクリックします。広告グループ名を入力し、入札価格を18,000円の間で設定します。

     

    オプション項目などが設定できたら、 [保存してキーワード作成へ] をクリックします。

    キーワードを作成する

    キーワード作成画面の「対象を選択」で登録したいキャンペーンと広告グループを選択します。

    出典:Yahoo!広告ヘルプ

     

    「キーワード入力欄」に、登録するキーワードを1行につき1つずつ入力していきます。

    キーワードは「詳細を指定して入力」と「キーワード候補」から追加することもできます。

    出典:Yahoo!広告ヘルプ

     

    「マッチタイプの設定」で、マッチタイプを選択し、 [保存] をクリックして完了です。

    広告文を作成する

    広告文を作成します。 [検索広告] → [キャンペーン管理] → [広告] → [広告作成] をクリックします。

    「対象を選択」で紐付けたいキャンペーンと広告グループを選択します。

    出典:Yahoo!広告ヘルプ

     

    「広告タイプ」を選択します。

    項目に沿って広告文を入力していきます。入力が完了したら、 [保存] をクリックして完了です。

    3.リスティング広告を上手に運用する方法

    これからリスティング広告を始めようとしている方に向けて、効果的な広告運用方法をいくつかご紹介します。

    3-1.キーワードツールを活用する

    リスティング広告において、キーワードは重要と言えます。そのキーワードを選定する際に活用できるのが、キーワードツールです。

     

    さまざまなツールが出ていますが、初心者の方におすすめしたいのが以下です。

    • Googleの「キーワードプランナー」
    • Yahoo!の「キーワードアドバイスツール」

    どちらも無料で利用できるのも魅力です。

     

    キーワードの検索ボリュームのほか、キーワードに対する競合の数、入札単価の目安が把握できます。また、新たなキーワードの発掘にも活用できるので、Web広告担当者ならマストで使うべきでしょう。

    3-2.除外キーワードを設定する

    キーワード設定する際の考え方は、自社の商品やサービスと関連性の高いものを優先させます。

     

    しかし、中にはコンバージョンにつながらない、または見込みの少ないキーワードが出てくることもあります。成果に結びつかないキーワードは、除外設定しましょう。それによって無駄な配信とクリックを抑制し、費用対効果の向上につなげられます。

     

    除外対象にするかどうかは、以下の基準考えると良いでしょう。

    • クリック率はあるがコンバージョンしていない
    • 出稿意図とずれている

    3-3.広告表示オプションの設定

    Google 広告の設定手順でもご紹介した、広告表示オプション機能はYahoo!広告でも設定可能です。広告表示オプションを使うメリットは、広告の訴求を強め、表示面積が広がることで視認性が上がります。それにより、クリック率の向上が期待できます。

    広告の掲載順位を上げたい場合にも、広告表示オプションは有効です。掲載順位は、入札金額と広告の品質の高さ、広告表示オプションの有無を相対的に評価して決まります。

     

    設定すれば必ず表示されるわけではありませんが、設定しておいて損はありません。

    3-4.レスポンシブ検索広告を活用する

    レスポンシブ検索広告は、デバイスやWebサイトの掲載面に合わせてレイアウトが自動調整される広告です。複数パターンの広告文を登録しておくだけで、ユーザーの閲覧環境に合わせて表示が最適化されるため、視認性や流入の向上が期待できます。

    3-5.自動入札機能の活用

    「自動入札」を使う、リスティング広告の入札単価自動で設定されます。手動設定と比べて手間がかからず、経験が求められる入札調整を自動で行えるので、初心者の方におすすめの機能です。

     

    自動入札は、媒体の機械学習で行われます。そのため、設定後2〜4週間の学習期間が必要となりますが、分析完了後は配信精度が向上するので試してみる価値はあります。

    4.まとめ

    GoogleとYahoo!のリスティング広告の入稿プロセスを中心に、特徴や運用のコツもあわせてご紹介しました。なんとなく、全体像を掴んでいただけたのではないでしょうか?

     

    設定を細かくしてしまうと難易度は上がりますが、今回ご紹介した基本の手順で進めれば、初心者の方でも入稿できます。あまり難しく考えず、まずは試してみてください。実際に触れることで、理解度もぐんと上がるはずです。

    リスティング広告を改善したい方へ

    10年以上の業界経験から得られた知見をもとに、弊社アドフレックスが実践している「リスティング広告最適化の秘訣」を無料公開します。

    • 自社のリスティング広告を改善したい
    • どんな改善方法があるのか知りたい
    • 具体的な改善事例を知りたい

    といったマーケティング担当者の方はぜひダウンロードのうえ、ご活用ください。

    » 資料をダウンロードする(無料)

     

    この記事をシェア

    はてなブックマーク
    株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

    アドフレックス編集部

    アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

    BACK TO TOP
    adflex