MARKETING COLUMN マーケティングコラム

【画面で解説】Googleアナリティクスのトラッキングコードの確認・設置方法

Googleアナリティクスは、アカウントを開設するだけでは使用できません。発行されるトラッキングコードを、分析したいWebページに貼り付ける必要があります。トラッキングコードを貼り付ければ、Webサイトのユーザー属性や行動を詳細に分析でき、効率よく改善に取り組めます

 

しかし、初めてGoogleアナリティクスを使用する方にとっては、トラッキングコードの確認や設置方法がよくわからない、難しいと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

本記事では、Googleアナリティクスの使用準備がスムーズにできるように、トラッキングコードの確認から設置方法まで解説します。

1.Googleアナリティクスのトラッキングコードとは

Googleアナリティクスのトラッキングコードとは:

Googleアナリティクスが発行する所定のコード。トラッキングコードをWebサイトに埋め込むと、Googleアナリティクスで様々な指標を計測できるようになる。

例えば、以下の項目を計測できるようになります。

  • ユーザー属性
  • ユーザーの流入経路
  • ページの滞在時間
  • 回遊先

    トラッキングコードは、Googleアナリティクスで計測したいすべてのページに貼る必要があります。

    1-1.トラッキングコードが必要な理由

    Webサイト運営で成果を出すためには、訪問者の属性やよく見られているページ、流入元などの分析が欠かせません。Webサイトを詳細に分析することで、有効な改善策につなげられます

    【例】

    ランディングページからの流入が多いと判明したら、さらに広告費を注力することで大きな成果が期待できる。

    Googleアナリティクスは、Webサイトの効果測定に最適な無料ツールです。しかし、トラッキングコードを貼らなければ効果測定はできないため、有効な改善策の特定が難しくなります。

    2.トラッキングコードの確認方法

    トラッキングコードはプロパティ単位で発行されるため、まずはGoogleアナリティクスの管理画面でプロパティを作成します。ここでは、すでにプロパティを作成していると仮定して、解説します。

     

    1.Googleアナリティクスで計測したいサイトを選びます。ホーム画面にある [管理] (歯車のマーク)をクリックします。

    2. [トラッキング情報] → [トラッキングコード] の順にクリックします。

    3.グローバルサイトタグに表示されているのが、トラッキングコードです。

    画面左上に表示されているのは、トラッキングIDです。

     

    トラッキングIDは、GoogleタグマネージャーでGoogleアナリティクス用のタグを追加する、もしくはWordPressのテーマやプラグインでGoogleアナリティクスを設定する際に必要になります。

    3.Googleアナリティクスのトラッキングコード設置方法

    トラッキングコードを取得したら、Webページに貼り付けます。トラッキングコードを設置する際は、以下2点に注意しましょう。

    • Googleアナリティクスで計測したいすべてのページに設置する
    • トラッキングコードはHTMLソースの初め(基本的に</head>タグの直前)に設置する

      以下は、利用者の多いWordPressでのトラッキングコード設置手順です。

      1. 所定のトラッキングコードをコピーする
      2. WordPressの管理画面から、 [外観] → [テーマの編集] 順にクリック
      3. 「テンプレート一覧」から「テーマヘッダー」を選択
      4. </head>タグの直前にトラッキングコードを貼り付ける

        WordPress以外のWebサイトでも、基本的にはHTMLソースの初めにトラッキングコードを設置することで、Googleアナリティクスで計測する準備が整います。

        4.Googleタグマネージャーを使ったトラッキングコード設置方法

        Googleタグマネージャーとは:

        すべてのタグを一元管理できる無料ツール。

        Googleアナリティクスを使用するには、計測したいすべてのページにトラッキングコードを貼り付けなければいけません。そのため、運用するWebサイトのページ数が多いと、大きな手間が発生します。

         

        また、コード変更を行う場合にも、1ページずつの解析が必要となるのです。このような手間をなくすために、Googleタグマネージャーを活用します。

         

        Googleタグマネージャーを使ったトラッキングコード設置方法は以下の通りです。

        1. Googleタグマネージャーにログイン
        2. アカウントを設定、または、アカウントを選択
        3.  [タグ] → [新規作成] の順にクリック
        4.  [タグの設定] をクリック
        5. タグタイプ(Googleアナリティクス:GA4設定)を選択
        6. 「配信トリガー」に「All Pages」を選択
        7. 測定IDを入力
        8.  [公開] をクリック

          タグ管理が簡単に行えるので、SEO対策やオウンドメディア運営などに取り組む場合は、Googleタグマネージャーを利用しましょう。

          5.Googleアナリティクスで計測できているか確認

          Webサイトにトラッキングコードを設置したら、適切に計測できているか必ず確認しましょう。確認は以下の手順で行います。

          1. Googleアナリティクスにログイン
          2.  [リアルタイム] → [概要] の順にクリック

            適切にトラッキングコードが設置できていれば、リアルタイムでのユーザー数を確認できます。

             

            Webサイトを立ち上げたばかりで流入者数が少ない場合は、自身のデバイスからアクセスして確認します。自身のデバイスを除外対象に設定していると、計測対象外となるため、一時的に除外を解除しましょう。

            5-1.二重計測には要注意

            トラッキングコードとは、同じページ上に複数のトラッキングコードを設置することで発生する不具合です。具体的には、以下の現象が起きていたら二重計測の可能性があります。

            • ページビュー数がUUやセッション数の倍以上になる
            • 直帰率が極端に低い

              二重計測が起きるパターンは、トラッキングコードの設定方法によって異なります。主な原因は以下のいずれかです。

              • HTMLソースコードに同じトラッキングコードを2つ以上設置している
              • Googleタグマネージャーとアナリティクスのタグを両方設置している
              • トラッキングコードの記述方法に不備がある
              • WordPressとAll in One SEOの両方にトラッキングコードを設置している
              • WordPressの複数テーマやプラグインでトラッキングコードを設定している

                二重計測が起きていたら、まずは原因を特定し、迅速に修正しましょう。

                6.まとめ

                GoogleアナリティクスでWebサイト分析するには、トラッキングコードの設置が必須です。トラッキングコードを設置する際は、分析したいすべてのページに所定のコードを設置するようにしましょう。タグを複数運用している場合、無料のGoogleタグマネージャーを使用するのがおすすめです。

                 

                ぜひ本記事で紹介した情報を参考に、Googleアナリティクスの使用準備をしてみてください。

                この記事をシェア

                はてなブックマーク
                株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

                アドフレックス編集部

                アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

                BACK TO TOP
                adflex