MARKETING COLUMN マーケティングコラム

Google 広告ってどんな仕組み?特徴や掲載方法を分かりやすく解説

Web広告を始めるにあたり、圧倒的な影響力を持つGoogleへの広告出稿を検討される企業は多いです。しかし、Web広告の担当になったばかりで掲載の仕方や費用などがなかなか理解できない、という方もいるのではないでしょうか。

 

Google 広告を出稿したいけれど、どんな仕組みなのかが知りたい

Google 広告にはどんな特徴があるの?

 

そんな疑問にお答えするべく、今回はGoogle 広告の仕組みについて紐解きます。Google 広告の種類や費用、出稿の流れ、メリットについて解説。また、記事の後半では目的別におすすめの広告をご紹介します。

 

最後まで読んでいただくことで、Google 広告の全体像が理解できるようになるでしょう。ぜひ参考にしてください。

1.Google 広告の仕組み

Google 広告とは、Googleが提供するWeb広告サービス全般を指します。Google 広告には5種類あり、それぞれ掲載場所や形態が異なります。広告の種類は、出稿の目的や目標で選ばれることがほとんどです。

 

ここではGoogle 広告の種類と費用、掲載までの流れについて解説します。

1-1.Google 広告は大きく5種類

Google 広告は、大きく5種類に分別されます。各広告の特徴と掲載場所は以下の通りです。

リスティング広告

Google 広告」と聞いて真っ先に思い浮かぶのはリスティング広告、という方も多いのではないでしょうか。

 

リスティング広告は検索広告とも呼ばれるように、ユーザーが入力した検索キーワードと連動して表示される、テキスト形式の広告です。上図のように左上に「広告」と表示されているのがリスティング広告です。

ユーザーの検索キーワードに応じて広告が表示されることから、リスティング広告は明確な興味や関心を持った顕在層に有効。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告もまた、リスティング広告と並んでポピュラーなWeb広告です。画像や動画とテキストを組み合わせて配信される広告で、視覚的な訴求ができます。バナー形式で配信されることが多いことから、バナー広告とも呼ばれます。

 

Googleのディスプレイ広告は、GDNGoogleディスプレイネットワーク)という広告配信ネットワークを通じて配信されます。主な配信先はGoogleが提供するGmailYouTubeなどのサービスのほか、提携する200万以上のサイトと、非常に広範囲です。

 

ディスプレイ広告は、図の赤枠部分のように、サイトに設置された広告枠に掲載されます。

サイトを訪れたユーザー全員に表示されることから、認知拡大やブランディングを目的とする場合に有効。

動画広告(YouTube)

GDNを通じて、YouTubeに動画広告を出稿できます。動画広告は、本編の再生前後のほか、関連動画や検索結果などに表示されます。

 

日本におけるYouTubeの利用者は6,500万人2021年時点)に上り、年々増加の一途を辿っています。YouTube広告の強みは、なんといっても年代を問わず幅広い層にリーチできることでしょう。

視覚と聴覚に訴えかけることができるYouTube広告は、認知拡大に有効。

アプリ広告

アプリ広告は検索キーワードと連動した、アプリのインストール促進を目的とした広告です。掲載場所は、Googleの検索結果の上部やGoogle Playなどになります。広告をクリックすると、アプリのインストール画面に遷移する仕組みです。

ショッピング広告

ショッピング広告は、商品情報を画像やスペック情報で訴求できる、小売店向けの広告手法です。掲載場所は、検索結果画面の上位やショッピングタブ、画像検索画面になります。

 

ショッピング広告は上図のように、ユーザーの検索キーワードに応じて表示されます。ショッピング広告は画像と商品情報がセットで表示されるため、視認性が高いのが最大の特徴です。

商品情報を検索する顕在層に最短距離でリーチできることから、コンバージョン増加が期待できる。

1-2.Google 広告にかかる費用

Google 広告の費用を決める課金方式は、以下の3種類があります。どの方法を採用するかは、出稿の目的や広告の種類によって異なります。

課金方式

特徴

クリック課金(CPC

ユーザーが広告をクリックするごとに費用が発生。

リスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告などで採用。商品の購入や申し込みなど、コンバージョンを目的とする場合に適している。

インプレッション課金(CPM

広告の表示回数(1,000回ごと)に応じて費用が発生。

ディスプレイ広告、動画広告で採用。ブランディングや認知拡大を目的とする場合に適している。

広告視聴課金(CPV

YouTube広告で採用されている。30秒間の動画広告の視聴(30秒以下の動画は最後まで視聴)、クリックなどの操作で費用が発生。

費用相場は以下の記事でも詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

1-3.広告の掲載はオークションで決まる

Googleでは、広告配信や掲載順はオークションで決まります。

 

一般的にオークションは入札金額の高さで決まりますが、Google 広告では「入札金額」と「広告の品質」、「表示オプション」などの要素を相対的に判断します。

 

広告の品質は、ユーザーにとって有益な情報であるかどうかが評価のポイントとなります。そのため、入札金額が高いからといって必ず上位表示されるとは限りません。

1-4.Google 広告の掲載までの流れ

広告アカウントの設定から掲載まで、Google 広告が掲載される仕組みについて見ていきましょう。

広告アカウントを作成する

Google 広告を利用するには、Gmailアカウントに加えて広告アカウントが必要となります。Google 広告のトップページから [今すぐ開始] をクリックし、必要項目を記入してアカウントを作成します。

広告の目標を設定する

出稿の目標を設定します。「販売促進」「見込み客の獲得」「ブランド認知度とリーチ」「アプリのプロモーション」などから合致するものを選択します。なお、目標設定をしなくてもキャンペーン作成は可能です。

広告の種類を選ぶ

「キャンペーンタイプ」で広告の種類を選択します。次に、目標の達成方法、キャンペーン名、使用するネットワークなどを設定します。

ターゲティングを設定する

配信する地域や言語を設定します。その他「オーディエンスセグメント」でより詳細なターゲティング設定が可能です。

予算を設定する

1日あたりの広告の平均予算と入札単価を設定します。

広告クリエイティブの作成

広告を作成します。上図はリスティング広告の作成画面です。リスティング広告の場合は広告見出しと説明文、遷移先のURLを入力します。右側にあるプレビュー画面で仕上がりイメージを確認しながら作成可能です。

広告審査&掲載

入稿が完了したら、 [公開] をクリックします。すると、自動で広告の審査に移ります。審査通過後、広告掲載されます。

 

Googleの広告審査については以下の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

2.Google 広告のメリット

Google 広告には数多くのメリットがあります。その中から、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

2-1.圧倒的なリーチ力

日本におけるGoogleの利用者数は、1日あたり約1億2,000万人2021年時点)に上ります。Webサイトの中で最も利用者数が多く、検索エンジンのシェアでも約76%と、その影響力は絶大です。

広告の種類や配信先も豊富に用意されているため、自社と親和性の高いユーザーへのアプローチが可能。

2-2.高精度なターゲティング

Google 広告は、配信する地域や日時・デバイスの他、ユーザー属性や趣味趣向、検索キーワードなど、あらゆる切り口でのターゲティングが可能です。

 

ターゲティング機能を活用してポテンシャルの高いユーザーに絞って配信すれば、費用対効果はもちろん、成果の向上も期待できます。

2-3.少額から出稿可能

広告出稿と聞くと「多額の予算が必要になるのでは…」と心配になりますが、Google 広告は1,000円程度から始められる気軽さが魅力です。

管理画面で1日の上限予算が設定可能なため、「想像以上に広告費を使ってしまった」ということも防げるので安心。

2-4.広告の成果を可視化できる

Web広告の最大の利点は、配信結果をデータで残せることでしょう。広告配信してデータを蓄積し、分析から改善へつなげるといったPDCAサイクルを回すことで、ロジックに基づいた広告運用が行えます。この積み重ねが、成果の向上へつなげられるのです。

2-5.配信状況によって広告や設定を変更できる

状況に合わせて広告を自由にコントロールできるのも、Google 広告の大きな魅力でしょう。

 

思ったほどクリックされない

コンバージョン数が低い

 

などの場合、Google 広告の管理画面で予算金額の変更や広告の修正・差し替え、配信停止などがいつでも行えます。

3.Google 広告のデメリット

Google 広告にはデメリットもあります。それは、参入障壁が低く、競合が多いこと。

 

先ほどお伝えしたようにGoogleは圧倒的なユーザー数を誇り、少額からでも気軽に広告配信を始められるといった特徴を持ちます。それは反面、競合数が多いと入札金額の高騰や上位表示を獲得するのが困難、といったことも起こり得ます。

 

Google 広告を成功に導くために、まずは少額からでも広告運用をスタートさせ、データの蓄積と改善を繰り返していくことが重要です。

4.【目的別】おすすめのGoogle 広告

Google 広告の仕組みについて解説してきましたが、「一体どの種類の広告を出稿すればいいの?」と疑問に思われる方もいるでしょう。ここでは、目的別におすすめしたいGoogle 広告を紹介します。

4-1.購入・申し込み

商品購入やサービスなどの申し込みには「リスティング広告」をおすすめします。

 

リスティング広告は、コンバージョンを目的とする場合に有効とされています。リスティング広告は、ユーザーが入力した検索キーワードと連動して表示される仕組みです。ユーザーは目的が明確な顕在層と考えられ、検索結果のニーズに沿った広告を表示させることで、コンバージョンにつなげられます。

4-2.資料請求・問い合わせ

「リスティング広告はコンバージョンに有効」とお伝えしましたが、資料請求や問い合わせにも有効です。

 

例えば自動車や不動産などの高額商品は、即決で購入とはなかなかいかないもの。そこで、資料請求や問い合わせなどをはさむことで購買意欲を高め、コンバージョンへと導きます。

4-3.アプリの利用促進

アプリの利用者数を増やしたい場合は、「アプリ広告」がおすすめです。

 

広告からアプリストアまでスムーズに誘導できるので、アプリ運営をしているのであれば利用必須でしょう。

4-4.ECサイトへの誘導

自社が運営するECサイトへ誘導したい場合は、「ショッピング広告」または「リスティング広告」がおすすめです。

 

特にショッピング広告は、検索キーワードに連動して商品画像と価格、色やサイズなどの購入検討に必要な商品情報を表示します。表示場所も、検索結果のほかにショッピングタブや画像タブがあり、訴求力の高いため売上向上に貢献してくれるでしょう。

4-5.ブランディング・認知拡大

自社の知名度を上げたい、商品を広く知ってもらいたい場合は、「ディスプレイ広告」または「動画広告」をおすすめします。

 

画像や動画で訴求することで広告の視認性が高まり、効果的な広告であればユーザーの印象に残すことも可能です。

ターゲティングを活用して親和性の高いユーザーに絞って配信すれば、将来的なコンバージョンにつなげることもできる。

5.まとめ

Web広告になじみの薄い初心者にとって、Google 広告の仕組みは複雑で難しく思えるものです。しかし、全体像が理解できてしまえば、初めてでも意外と簡単に出稿できます。

 

競合の多くも出稿していますが、Googleが持つ影響力の大きさや可能性は計り知りません。まずはどんなものか感覚で知るためにも、少額から出稿してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

はてなブックマーク
株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

アドフレックス編集部

アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

BACK TO TOP
adflex