MARKETING COLUMN マーケティングコラム

Instagram広告の種類・特徴と成功のポイントを徹底解説

Instagram広告には、さまざまな種類があります。広告の種類によって配信先が異なるため、目的や商材に適したフォーマットを選ばなければいけません。

 

今回は、Instagram広告の種類や各広告の特徴、広告の種類別配信先などについて、詳しく解説していきます。

 

各広告デザインの推奨事項も紹介しますので、Instagram広告運用の参考にしてください。

1.Instagram広告の種類

 

Instagram広告には、以下の5種類があります。

  • 画像広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告
  • ブランドコンテンツ広告

    各広告の特徴と配信先を見ていきましょう。

    1-1.画像広告

    画像1枚とテキストで構成されるシンプルな広告です。画像広告の配信先は以下となります。

    • フィード
    • ストーリーズ
    • 発見タブ
    • ショップ

      フィード

      Instagramフィードで画像フォーマットを使えば、簡潔に製品やサービスの魅力を訴求できます。

      魅力的な画像を採用してブランドの個性を表現することも可能。

      出典:画像Instagramフィード|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      ファイルタイプ

      JPGまたはPNG

      アスペクト比

      1:1

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      メインテキスト

      125文字以内

      見出し

      40文字以内

      最大ハッシュタグ数

      30

      ストーリーズ

      Instagramストーリーズにも画像広告を配信してサービスやブランドを訴求できます。

      ストーリーズの画像広告は、ユーザーがスワイプする」か「5秒が経過する」まで表示される。

      出典:画像Instagramストーリーズ|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      ファイルタイプ

      JPGまたはPNG

      アスペクト比

      9:16

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      メインテキスト

      125文字以内

      発見タブ

      発見タブの画像広告は、フィード広告と同じフォーマットで配信されます。

      コンテンツ間に広告が表示されるため、ユーザーに違和感を与えず訴求できる。

      出典:画像Instagram発見タブ|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      ファイルタイプ

      JPGまたはPNG

      アスペクト比

      9:16

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      メインテキスト

      125文字以内

      ショップ

      ショップタグ内の画像広告は、ユーザーがタップすると商品詳細ページに遷移するため、コンバージョンにつながりやすいという特徴があります。

      配信先にショップを選択する場合は、フィードも併せて選択する必要がある。

      1-2.動画広告

      動画とテキストで構成された広告です。短時間で多くの情報を伝えたいときなどに活用できます。動画広告の配信先は以下のとおりです。

      • フィード
      • ストーリーズ
      • 発見タブ
      • リール

      フィード

      フィードで動画フォーマットを使用すれば、新しい方法で製品やサービスを紹介できます。

      出典:動画Instagramフィード|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      ファイルタイプ

      MP4、MOVまたはGIF

      アスペクト比

      4:5

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      動画のキャプション

      推奨

      動画の長さ

      1秒~60

      最大ファイルサイズ

      250MB

      メインテキスト

      125文字以内

      最大ハッシュタグ数

      30

      ストーリーズ

      動画再生後10秒が経過すると複数のストーリーズカードに分割され、オプションとして「続きを見る」が表示されます。

      出典:動画Instagramストーリーズ|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      ファイルタイプ

      MP4、MOVまたはGIF

      アスペクト比

      9:16

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      動画のキャプション

      推奨

      動画設定

      H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮

      動画の長さ

      1秒~60

      最大ファイルサイズ

      250MB

      メインテキスト

      125文字以内

      発見タブ

      発見タブで動きや音声を伴う動画広告を配信すれば、商品の特徴やブランドストーリーを魅力的に伝えられます。

      出典:動画 Instagram発見タブ|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      ファイルタイプ

      MP4、MOVまたはGIF

      アスペクト比

      4:5

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      動画のキャプション

      推奨

      動画設定

      H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮

      動画の長さ

      1秒~60

      最大ファイルサイズ

      250MB

      メインテキスト

      125文字以内

      リール

      オーガニックリールコンテンツの間に、フルスクリーンの縦型動画広告が配信されます。ユーザーは広告に対して「いいね」を付けたり、シェアしたりすることもできます。

      出典:動画 Instagramリール|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      ファイルタイプ

      MP4、MOV

      アスペクト比

      9:16

      解像度

      500 x 888ピクセル

      動画の長さ

      0秒~30

      最大ファイルサイズ

      4GB

      メインテキスト

      72文字以内

      1-3.カルーセル広告

      複数の写真や動画で構成される広告です。写真や動画の組み合わせは自由ですが、複数の素材が必要になります。カルーセル広告の配信先は、以下のとおりです。

      • フィード
      • ストーリーズ
      • ショップ

      フィード

      フィードでは、ひとつの広告で最大10点の画像や動画を表示でき、個別のリンクも付けられます。

      複数の商品を紹介するだけではなく、カードが進むごとにブランドストーリーを展開させることも可能。

      出典:カルーセル Instagramフィード|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      画像のファイルタイプ

      JPGまたはPNG

      動画のファイルタイプ

      MP4、MOVまたはGIF

      アスペクト比

      1:1

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      動画の長さ

      1秒~2

      画像の最大ファイルサイズ

      30MB

      動画の最大ファイルサイズ

      4GB

      メインテキスト

      125文字以内

      ランディングページのURL

      必須

      最大ハッシュタグ数

      30

      ストーリーズ

      ストーリーズでは、1~5枚のカードが表示された後に「ストーリーズを開く」が表示されます。ユーザーがタップすると、残りのカルーセルカードが展開する仕組みです。

      配信先をInstagramストーリーズに限定すれば、「ストーリーズを開く」の前に表示されるカードの枚数を固定できる。

      出典:カルーセル Instagramストーリーズ|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      画像のファイルタイプ

      JPGまたはPNG

      動画のファイルタイプ

      MP4、MOVまたはGIF

      アスペクト比

      1:1

      解像度

      1,080 x 1,920ピクセル以上

      カルーセルカードの数

      2~10

      動画の長さ

      1秒~15

      画像の最大ファイルサイズ

      30MB

      動画の最大ファイルサイズ

      4GB

      メインテキスト

      125文字以内

      見出し

      40文字以内

      ランディングページのURL

      必須

      ショップ

      ショップタグ内に商品タグ付きの投稿などと並んで表示されます。

       

      自動配置を選択している場合はとくに配信先として設定する必要はありませんが、手動の場合は広告セットの編集画面で「Instagramショップ」にチェックを入れましょう。

       

      なお、ショップを選択する際にはフィードも併せて選択します。

      1-4.コレクション広告

      メインとカタログの2部構成になっている広告です。ユーザーが商品をタップすると詳細を確認できるため、ECサイトや通販サイトの宣伝に適しています。

       

      コレクション広告の配信先は以下のとおりです。

      • フィード
      • ストーリーズ

      フィード

      フィードのコレクション広告は、カバー画像かカバー動画の後に3点の商品画像が続く構成になります。

      出典:コレクション Instagramフィード|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      画像のファイルタイプ

      JPGまたはPNG

      動画のファイルタイプ

      MP4、MOVまたはGIF

      アスペクト比

      1.91:1~1:1

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      画像の最大ファイルサイズ

      30MB

      動画の最大ファイルサイズ

      4GB

      メインテキスト

      125文字以内

      見出し

      40文字以内

      ランディングページのURL

      必須

      ストーリーズ

      ストーリーズでコレクション広告を使用すれば没入感の高さを演出できるため、認知から購入までをスムーズに誘導できます。

       

      効果的な訴求をするためにも、カバー画像またはカバー動画の上下約14%にテキストやロゴを配置するのは避けましょう。

      アイコンやコールトゥアクションで重要なクリエイティブ要素が隠れないように工夫する必要もある。

      出典:コレクション Instagramストーリーズ|Meta for Business

       

      ▼デザインの推奨事項

      画像のファイルタイプ

      JPGまたはPNG

      動画のファイルタイプ

      MP4、MOVまたはGIF

      アスペクト比

      1.91:1~1:1

      解像度

      1,080 x 1,080ピクセル以上

      画像の最大ファイルサイズ

      30MB

      動画の最大ファイルサイズ

      4GB

      メインテキスト

      125文字以内

      見出し

      40文字以内

      ランディングページのURL

      必須

      1-5.ブランドコンテンツ広告

      インフルエンサーやクリエイターなどが投稿したブランドに関わりのあるコンテンツを、広告として配信できます。

       

      なお、ブランドコンテンツ広告を配信する場合は、Instagramのアカウントが必須となります。Facebookのページを所有しているだけでは配信できないので注意しましょう。

       

      ブランドコンテンツ広告の配信先は、フィード、ストーリーズ、リールです。

      2.Instagram広告で成功するポイント

      ここからは、Instagram広告で成功するためのポイントをご紹介します。

      2-1.重要な文言は目に留まりやすい場所に記載する

      フィードは上下にアカウント名などが表示されるため、テキストの配置場所によっては、広告文との区別がつきにくくなります。

      ユーザーに訴求したい重要なテキストは、できるだけ中央付近の目に留まりやすい箇所に配置する。

      2-2.動画広告の長さは15秒以内にする

      フィードやストーリーズには15秒以上の動画広告も配信できますが、尺を長くするとユーザーが途中で視聴を中断する可能性が高くなります。また、長い動画広告は、ユーザーに悪い印象を与える恐れもあります。

      ユーザーの途中離脱を防ぐためにも、動画広告は15秒以内の長さにして簡潔に伝える。

      3.まとめ

      今回の内容をまとめると、以下になります。

      • Instagram広告は5種類がある
      • 広告によって配信先が異なる
      • 動画広告は15秒以内にする

      各広告の特徴や配信面を把握できれば、目的や商材に合ったフォーマットを容易に選べるようになります。

       

      画像と動画がメインとなるInstagramの特性を活用して高解像度のクリエイティブを作成し、費用対効果の高い広告運用を実現しましょう。

      この記事をシェア

      はてなブックマーク
      株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

      アドフレックス編集部

      アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

      BACK TO TOP
      adflex