MARKETING COLUMN マーケティングコラム

【完全保存版】Instagram広告の最適な画像サイズとテキスト量

Instagram広告では、フィードやストーリー、リールなどのさまざまな位置に画像や動画のクリエイティブを出稿できます。

 

多くの位置に広告配信できるがゆえに、各配信位置における最適な画像サイズとテキスト量、規定などが分からないとお悩みではないでしょうか。

 

Instagramはビジュアル重視のプラットフォームだからこそ、広告クリエイティブのサイズやテキスト量も最適化しなければ、成果にはつながりません。

 

本記事では、Instagram広告の配置別における推奨画像サイズとテキスト量、画像・動画のベストプラクティスを解説します。

1.Instagram広告の配置別における推奨画像サイズ

Instagram広告を配信できる主な位置は以下の通りです。

  • ストーリーズ
  • フィード
  • 発見タブ
  • リール

以下では、各配置における推奨画像サイズとテキスト量を解説します。

1-1.ストーリーズ広告

ストーリーズ広告とは:

ストーリーズ枠に配信される広告。ユーザーのストーリーに広告を配信できる。

配信できるフォーマットは、画像・動画・カルーセル広告のいずれかです。

 

以下が、フォーマット別の推奨事項をまとめた表となります。

推奨事項

画像

動画

カルーセル広告

ファイルタイプ

  • JPG
  • PNG
  • MP4
  • MOV
  • GIF
  • 画像:JPGまたはPNG
  • 動画:MP4MOVまたはGIF

アスペクト比

916

916

11

解像度

1,080 x 1,080ピクセル以上

1,080 x 1,080ピクセル以上

1,080 x 1,920ピクセル以上

テキスト

125文字以内

125文字以内

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:40文字以内

最大ファイルサイズ

30MB

250MB

  • 画像:30MB
  • 動画:4GB

1-2.フィード広告

フィード広告とは:

Instagramを開いたときに表示される画像や動画のリストに配信する広告。

フィード広告を使えば、ユーザーのフィード画面に広告を配信できます。フィード広告で利用できるフォーマットは、画像・動画・カルーセル広告です。

 

以下がフォーマット別に推奨される画像サイズやテキスト量などをまとめた表です。

推奨事項

画像

動画

カルーセル広告

ファイルタイプ

  • JPG
  • PNG
  • MP4
  • MOV
  • GIF
  • 画像:JPGまたはPNG
  • 動画:MP4MOVまたはGIF

アスペクト比

11

45

11

解像度

1,080 x 1,080ピクセル以上

1,080 x 1,080ピクセル以上

1,080 x 1,080ピクセル以上

テキスト

  • メインテキスト:125文字以内
  • 見出し:40文字以内

125文字以内

メインテキスト:125文字以内

最大ファイルサイズ

30MB

250MB

  • 画像:30MB
  • 動画:4GB

1-3.発見タブ

発見タブとは:

ユーザーの興味関心に基づいて、フォローしていないアカウントの人気コンテンツが表示されるタブのこと。

Instagramの発見タブに広告を配信すれば、新たなコンテンツやクリエイターを探しているユーザーにアプローチできます。

 

以下が、発見タブに出稿できるフォーマット別の推奨事項をまとめた表です。

推奨事項

画像

動画

ファイルタイプ

  • JPG
  • PNG
  • MP4
  • MOV
  • GIF

アスペクト比

916

45

解像度

1,080 x 1,080ピクセル以上

1,080 x 1,080ピクセル以上

テキスト

125文字以内

125文字以内

最大ファイルサイズ

30MB

250MB

1-4.リール広告

リール広告とは:

ショート動画広告をリール上に配信する広告。ユニークな方法でビジネスや商材をアピールできる。

以下がリール広告で推奨されている画像サイズや解像度などをまとめた表です。

推奨事項

動画

ファイルタイプ

  • MP4
  • MOV

アスペクト比

916

解像度

500 x 888ピクセル以上

メインテキスト

72文字以内

最大ファイルサイズ

4GB

2.Instagram広告の各配置における最適な画像・動画サイズまとめ

Instagram広告では、広告の配置場所ごとに最適な画像動画サイズは異なります。

 

広告の各配信場所における最適な画像・動画サイズをグラフィックでまとめましたので、ぜひお役立てください。

3.画像や動画のサイズ確認と調整方法

Instagram広告で成果を出すためには、広告の配信場所に応じて、最適なサイズのクリエイティブを作成しなければいけません。そのためにも、画像や動画のサイズ確認と調整方法を理解しておきましょう。

 

アスペクト比の確認方法は以下2つです。

  • 無料の画像サイズ計算ツールを使う
  • 画像の縦横比を計算する

【例】

画像の横と縦のピクセルが同じ正方形の画像なら、アスペクト比は1:1

アスペクト比が分かれば、広告の配信場所に合わせてサイズを調整します。アスペクト比の調整は、Photoshopなどのツール、もしくは広告マネージャーの「切り取り」で行えます。

 

また、最適なサイズでInstagram広告を出稿するためにも、公開前には必ずPCとスマホでプレビューを確認しましょう。

4.Instagram広告の画像・動画ベストプラクティス

ここからは、Instagram広告で成果を出すためにおさえておくべきチェックポイントを解説します。

4-1.高解像の画像や動画を用意する

InstagramFacebook広告には、解像度の上限がありません。解像度が高いほど、画像や動画は高精彩になり、興味関心を惹ける美しいクリエイティブができます。

Instagram広告では、ユーザーの興味を瞬時に惹けるかどうかが成果への鍵となるので、解像度が高い画像や動画を使用する。

4-2.動画は15秒以内に収める

Instagramストーリーズ広告は、画像は5秒、動画は15秒以下なら自動で全編再生されます。

 【例】

動画が15秒を超える場合、動画は15秒単位で分割され、「このまま見る」という表示がされる。

ユーザーが「このまま見る」をクリックすると、動画の続きが再生される。

ストーリーズに動画広告を出稿する場合、動画の長さを15秒未満にした方が、最後まで視聴される確率が高まります。

 

また、動画の長さを15秒未満にすることで、Facebookインストリームにも広告配信できるようになります。

4-3.CTAを設置する

Instagram広告では、CTA(コールトゥアクション)を設置できます。

【例】

  • 「購入する」
  • 「登録する」
  • 「詳しくはこちら」

CTAを設置すれば、広告に興味を持ったユーザーを、効率よくコンバージョンへと誘導できます。

 

広告運用の目的に合ったCTAボタンを活用するようにしましょう。

4-4.画像や動画の上下約14%に重要なメッセージを載せない

ストーリーズ広告を出稿する場合、テキストやロゴなどの重要な要素は画面上部もしくは下部に設置するのは推奨されていません。

 

その理由は、プロフィールアイコンやCTAボタンでメッセージやロゴが隠れる可能性があるからです。

具体的には、画像の上下それぞれ約14%(250ピクセル)の範囲には重要な要素を設置しないことが推奨されている。

4-5.画像にテキストを入れない

Facebookの調査によれば、画像内のテキストを20%未満におさえることで、広告パフォーマンスが高くなると判明しています。

Facebookの調査を踏まえると、短く明確なテキストでメッセージを伝えるのが効果的。

画像内のテキストボリュームをおさえるポイントは下記の通りになります。 

  • 画像内のテキストは必要最小限にする
  • 画像内のテキストのフォントを小さくする
  • テキストは本文に記載する

 以前は広告画像内のテキスト量が画像面積の20%を超えると、広告は配信されないルールがありました。しかし、現在は20%ルールが廃止されているため、自身でテキスト量の最適化をしなければいけません。

4-6.重要な箇所をトリミングする

画像内にさまざまな要素が含まれていると、ユーザーに明確なメッセージを伝えられません。

 

そこで画像の中から、最も重要なメッセージや訴求する製品部分をトリミングしましょう。

複数製品のプロモーションをしたい場合は、製品ごとに広告を出稿するのがおすすめ。

複数広告を運用する予算がない場合は、カルーセル広告を使い1枚の画像で1つの製品を宣伝するようにしましょう。

5.まとめ

Instagram広告で成果を出すためには、配信位置に合わせて画像や動画サイズを最適化しなければいけません。以下が、広告の配信位置別の最適なアスペクト比です。

11

  • ストーリーズ(カルーセル広告)
  • フィード(画像・カルーセル広告)

【4:5】

  • フィード(動画)
  • 発見タブ(動画)

【9:16】

  • ストーリーズ(画像・動画)
  • 発見タブ(画像)
  • リール

現在は一般ユーザーも、高品質な画像や動画を投稿しています。高品質な投稿の中に埋もれないように、魅力的なクリエイティブの作成に注力しましょう。

 

Instagram広告でお悩み解決ならこちら】

この記事をシェア

はてなブックマーク
株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

アドフレックス編集部

アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

BACK TO TOP
adflex