MARKETING COLUMN マーケティングコラム

失敗しないWeb広告代理店選びのポイントとアドフレックスの強み

2022.11.04

Web広告で成果を上げるためには、知見や経験から得たノウハウが必要になるため、自社に最適な人材がいない場合は代理店に運用代行依頼をするのがおすすめです。

 

しかし、広告代理店を探しているマーケティング担当者の多くは、下記のような悩みを抱えています。

  • 「代理店の数が多くて、どこがいいか分からない」
  • 「今の代理店から移行したい」
  • 「どの代理店も同じように見える」
  • 「どうすれば良い代理店を見極められるのか?」

そこで本記事では、Web広告代理店選びで失敗しないポイントを解説したのち、弊社アドフレックス・コミュニケーションズが持つ強みをご紹介させていただきます。

リスティング広告を改善したい方へ

10年以上の業界経験から得られた知見をもとに、弊社アドフレックスが実践している「リスティング広告最適化の秘訣」を無料公開します。

  • 自社のリスティング広告を改善したい
  • どんな改善方法があるのか知りたい
  • 具体的な改善事例を知りたい

といったマーケティング担当者の方はぜひダウンロードのうえ、ご活用ください。

» 資料をダウンロードする(無料)

 

1.Web広告の代理店選びで失敗しないポイント

Web広告の需要が高まっていることもあり、多くの代理店が存在します。ここからは、失敗しない代理店選びのポイントを解説します。

1-1.認定代理店かどうか

代理店のオフィシャルサイトに上記画像のような証明書が掲載されています。

 

リスティング広告の運用代行を検討している場合、GoogleもしくはYahoo!広告の認定代理店から選ぶようにしましょう。

認定代理店とは:

Google/Yahoo!による厳しい審査を通過した代理店のこと。

【例】

Googleパートナーに認定されるためには、下記要件を満たす必要がある。

 

  • 実績:Google Partners MCC アカウントの最適化スコアが 70% 以上
  • 広告費用:子アカウント全体の 90 日間の広告費用が 1 万米ドル以上
  • 認定資格:認定資格を保有しているアカウント マネージャーが 50% 以上

出典:Google Partners

 

実力ある代理店を選びたい場合は、パートナー認定されている代理店から選びましょう。

1-2.運用可能なWeb広告の種類

Web広告と一口に言っても、その種類はリスティング広告ディスプレイ広告SNS広告純広告など多岐にわたります。基本的に、さまざまなWeb広告の運用に対応できる代理店を選ぶのが望ましいです。

 

例えば、多くの企業担当者はリスティング広告の運用から開始します。

 

リスティング広告で成果が出始めると、さらなる予算を獲得でき、ディスプレイ広告やSNS広告など、その他の広告も運用し始める場合が多い傾向です。しかし、代理店が他のWeb広告に精通していなければ、自社運用もしくは新たな代理店探しをすることになります。

また、複数のWeb広告に精通した代理店を選ぶことで、自社に最適な集客メディアや媒体も判明する。

例えば、当初はGoogleのリスティング広告の運用を検討されているクライアント様がいらっしゃったとしても、じっくり話を聞いてみると、Facebook広告やSEOが最適だと判明したケースがあります。

 

複数のWeb広告に強みを持つ代理店を選ぶことで、ビジネスが成長したときに他のチャネルで広告運用できる、自社に最適な広告チャネルが分かるというメリットを得られるのです。

1-3.実績

優秀なWeb広告代理店のほとんどが、これまでに支援してきたクライアントや実績をオフィシャルサイトに掲載しています。

 

ポートフォリオがない代理店は、実績が乏しい可能性が高いです。ただし、「実績がない=悪質な代理店」というわけではありません。

 

創設されたばかりのWeb広告代理店の場合、まだ実績がないだけで、優秀なメンバーが揃っている可能性もあります。しかし、信頼できる代理店に依頼したい場合は、公開されている実績が一つの基準となるでしょう。

1-4.チームメンバー

Web広告の代理店を決める前には、必ず代理店のメンバーを確認しましょう。

【例】

Web広告で成果を出すためには、運用スキルだけではなく、LPやバナー広告のデザイン作成など、制作スキルも必要。

画像や動画で訴求できるディスプレイ広告の運用代行を検討している場合、デザイナーが在籍していない代理店に依頼したいと思う方は少ないでしょう。

 

気になる代理店を複数ピックアップしたら、在籍メンバーのプロフィールや経歴を確認してみてください。

 

可能であれば、SNSや社員インタビューもチェックして、メンバーの人柄や価値観なども見るのがおすすめです。

1-5.自社ビジネスへの理解

Web広告で成果を出すためには、自社ビジネスへの理解が欠かせません。

 

自社商材ならではという強みや顧客が抱える悩み、市場/業界事情などを言語化できなければ、訴求力の高い広告作成や運用はできないためです。

そのため、自社が所属する業界に強みを持つ代理店を選ぶのが有効。

もしくは、運用前に代理店側の担当者と情報交換会を開き、自社ビジネスへの理解を深めてから運用に取り組んでもらいましょう。

1-6.コミュニケーション頻度

Web広告代理店のコミュニケーション方法は、日報や月1回の定例会などさまざまです。

 

ただし、担当者が多くのクライアントを抱えていたり、予算規模が少なかったりする場合には、コミュニケーション頻度が一層少なくなる場合があります。

 

それでは、なぜコミュニケーションが大事なのでしょうか。

 

「プロに運用を任せっきりにすれば、成果は出せるのでは」と考える方もいるでしょう。

 

もちろん、Web広告代理店に戦略を任せっきりにしても成果が出ることもあります。しかし、そのようなケースは稀であり、実際は広告主と代理店が広告パフォーマンスや製品情報などを細かく共有し、迅速にPDCAを回すことで成果を出せるのです。

 

契約前には、コミュニケーションの方法や頻度を確認しましょう。

2.Web広告代理店アドフレックス・コミュニケーションズの強み

アドフレックス・コミュニケーションズは、2008年に広告代理店として事業を開始し、今では多種多様なWeb広告の運用やAIソリューションを活用した改善サービスの提供などを行うデジタルマーケティングにおける総合コンサルティング・カンパニーです。

 

各広告プラットフォームの認定パートナーとして豊富な実績を保有しております。

 

ぜひ、以下に記載をしております弊社ならではの強みを参考にしてみてください。

2-1.AIソリューションを活用した最先端の広告運用

アドフレックスならではという特徴が、最先端AIを活用し、広告業務の自動化や定型化をしていることです。

 

代表的なソリューションが、元Google 広告のエバンジェリストが開発したOptmyzr(オプティマイザー)です。

Optmyzrとは:

GoogleYahoo!などのWeb広告を1つのプラットフォームに管理できるPPCシステムであり、成果を最大化するAI機能が搭載されている。

具体的な機能としては、入札単価の最適化や広告テキストなどのレコメンド、24時間365日のモニタリングと異常の報告です。

 

これら2つの機能により、広告パフォーマンスの最大化と長期間に及ぶハイパフォーマンスの維持を実現できます。

ここまで見ると「Optmyzrの導入だけで十分なのでは?」と思われる担当者もいるはずです。しかし、自動化で広告パフォーマンスを必ずしも最大化できるとは限らないため、人間による意思決定が必要となります。

 

また、初期設定における情報のインプットやAI精度を高めるチューニングは人間が行わなければいけません。

 

アドフレックスは長年の経験で得たAIの知見や広告運用ノウハウを活かし、Optmyzrによる示唆を最大化して、競合他社では到達できないレベルの成果を創出いたします。

2-2.社内に浸透するカスタマーサクセスの意識

アドフレックスの成功とは、クライアント様の事業拡大に貢献することです。つまり、カスタマーサクセスこそがアドフレックスにとっての成功であり、メンバー全員にその意識が浸透しています。

 

例えば、株式会社WACUL実施の調査「CV数・CPA・ROAS……Web広告の適切なKPIは何か?|Web広告の運用実態調査」によれば、指標の選定理由として、「広告主が設定しているから」や「他の数値が測定できないため」と回答している広告代理店がいます。

 

しかし、アドフレックスのメンバーは指標を単に追いかけるのではなく、本来の目的を達成し、最終的にはクライアントのビジネスがより発展するための手段を考えています。

2-3.多様性のあるメンバー

アドフレックスには、さまざまなバックグラウンドを持ったメンバーがそろっており、得意分野もデータサイエンスや広告エキスパート、インフラと豊富です。

 

この多様性のあるメンバーは、アドフレックスの大きな強みとなっています。例えば、多様性のない組織だと、1つの問題を同じ角度からしか見ることができず、すぐに行き詰ってしまいます。

 

多様性があれば、複数の角度で問題をとらえ、迅速に課題を解決できるのです。特にWeb広告の世界は、変化のスピードが速く、予期できないことが多々起こります。

 

アドフレックスでは、一つのプロジェクトに対して、3~4名のチームで動くため、予期できない課題に直面しても、AIと多様な意見により最適解を導き出せます。

3.まとめ

Web広告の運用を代理店に任せれば、安定した成果を見込めます。しかし、すべての代理店が優秀とは限りません。自社に最適な代理店を見極めるためにも、実績やコミュニケーション頻度、メンバーなどを確認しましょう。

 

Web広告代理店選びでお悩みの場合は、ぜひアドフレックス・コミュニケーションズもご検討ください。

 

不確実性の高いWeb広告運用において、AIと長年の経験で培った知見を活かし、ビジネスの発展につながる成果を創出いたします。

Web広告のお悩み解決ならこちら】

    リスティング広告を改善したい方へ

    10年以上の業界経験から得られた知見をもとに、弊社アドフレックスが実践している「リスティング広告最適化の秘訣」を無料公開します。

    • 自社のリスティング広告を改善したい
    • どんな改善方法があるのか知りたい
    • 具体的な改善事例を知りたい

    といったマーケティング担当者の方はぜひダウンロードのうえ、ご活用ください。

    » 資料をダウンロードする(無料)

     

    この記事をシェア

    はてなブックマーク
    株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

    アドフレックス編集部

    アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

    BACK TO TOP
    adflex