MARKETING COLUMN マーケティングコラム

リスティング広告の運用を自動化する方法│メリットやおすすめのツールも解説

スティング広告で成果を出すためには、効果の検証や改善策の立案など深い知識を習得する必要があります。

 

しかし、運用/マーケティング担当者のなかには、次のような悩みを抱えている人がいるのではないでしょうか。

  • 業務内容が多岐にわたるため、学習や運用に十分な時間を取れない
  • 適切な効果の改善ができない
  • 最近、効果に限界を感じている
  • 費用対効果が悪い

    このような悩みをまとめて解決できる方法こそが、リスティング広告の運用自動化です。

     

    本記事では、リスティング広告運用を自動化するメリットやその方法、おすすめのツールを解説します。

    リスティング広告を改善したい方へ

    10年以上の業界経験から得られた知見をもとに、弊社アドフレックスが実践している「リスティング広告最適化の秘訣」を無料公開します。

    • 自社のリスティング広告を改善したい
    • どんな改善方法があるのか知りたい
    • 具体的な改善事例を知りたい

    といったマーケティング担当者の方はぜひダウンロードのうえ、ご活用ください。

    » 資料をダウンロードする(無料)

     

    1.リスティング広告の自動化とは

    リスティング広告の自動化とは、運用業務の一部を自動化することです。

    リスティング広告は一部業務を自動化するのが一般的になりつつある。

    Google 広告のバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのJerry Dischler氏によれば、広告主の80%以上が自動化を利用して、時間の節約広告パフォーマンスの向上を図っているそうです。

     

    リスティング広告で自動化できる主な業務は以下の通りです。

    • 入札単価の最適化
    • キーワード選定
    • ABテストの実行
    • キャンペーンや広告グループなどの配信もしくは停止
    • レポート作成

      リスティング広告の自動化により、不確実で消費者行動が複雑な時代において、企業は安定した成長を遂げられるようになります。

      2.リスティング広告の運用を自動化するメリット

      リスティング広告の運用を自動化するメリットは以下の通りです。

      • 業務効率化と生産性の向上
      • 広告パフォーマンスの向上

        以下では、それぞれのメリットについて見ていきましょう。

        2-1.業務効率化と生産性の向上

        リスティング広告を自動化する一番のメリットは、業務効率化生産性の向上を達成できることでしょう。

         

        運用担当者は、リスティング広告の運用だけではなく、FacebookやTwitterなどの他のWeb広告の運用や業務にも追われているはずです。

         

        限られた時間のなかで、広告効果を最大化するためには、生産性の向上は欠かせません。

        リスティング広告の運用を自動化すれば、キーワード選定や入札単価の調整などの業務はAIに任せられるため、担当者は生産性の高い業務に注力できるようになる。

        2-2.広告パフォーマンスの向上

        以下2つの理由により、リスティング広告の自動化は広告パフォーマンスの向上に貢献します。

         

        1つめの理由が、Google 広告や第三者が提供する自動化ツールに搭載された精度の高いAIです。

         

        AIは数百・数万という膨大なデータのなかから、最適な入札単価やキーワード選定などを実施します。入札戦略の頻度と調整などにおいては、人間よりもAIのほうが優れているのです。

        【例】

        コンバージョン獲得数を伸ばす施策の一つに、キーワードごとに入札価格を調節することが挙げられる。

        しかし、担当者が指名キーワード/非指名キーワードなどの特性ごとに、入札単価を調整するのはほぼ不可能。

        AIを活用すれば、コンバージョン率の高いキーワードには入札単価を増やし、低いキーワードには入札単価を減らすなどの、詳細で精度の高い入札単価調整が可能になる。

        2つめの理由が、人間がクリエイティビティの高い業務に注力できるためです。

         

        自動化により時間を削減できたら、担当者は広告文の作成やLPの最適化、ユーザー調査などの業務に取り組めるようになります。

         

        これらの業務はコンバージョンに大きな影響を与える重要業務ですが、細かい作業に時間がかかることから、後回しにしていた方も多いのではないでしょうか。

         

        まとめると、運用の自動化によりデータに基づいた運用ができるようになるだけではなく、運用者が質の高い業務に注力できるようにもなるため、広告パフォーマンスの向上へとつながるのです。

        3.リスティング広告の運用を自動化する方法

        リスティング広告の運用を自動化する方法は以下の2つです。

        • 媒体機能を活用
        • 自動化ツールを導入

          以下では、それぞれの方法について見ていきましょう。

          3-1.媒体機能を活用

          GoogleやYahoo!などの媒体が提供する機能を使えば、無料でリスティング広告の運用を自動化できます。

           

          GoogleとYahoo!のリスティング広告ともに、自動化ルールを提供しています。

          自動化ルールとは:

          広告主が設定した運用ルールに基づいて、自動的にアカウントに変更を加える機能のこと。

          【例】

          広告が1ページ目に表示されなくなれば、入札単価を引き上げるなどの設定ができる。

          その他にも、下記の自動化ルールの作成が可能です。

          • コンバージョン率やクリック率が低い広告の一時停止
          • コンバージョン単価に基づいて入札単価を調整
          • 予算/入札単価の設定のスケジュール化
          • パフォーマンスの高いキーワードの自動追加
          • パフォーマンスの低いキーワードの自動除外

            また、入札戦略の自動化も忘れてはいけません。入札戦略の自動化を使えば、設定した目標に最適な入札戦略が実施されます。

             

            入札戦略の仕組みは、広告の表示機会が発生するたびにAIがユーザーの地域やデバイス、検索語句、閲覧ページなどの膨大なシグナルを考慮し、目標達成確率の高い入札単価を調整するのです。

            3-2.自動化ツールを導入

            媒体提供の自動化機能を活用するには、詳細な設定が必要です。

             

            また、AIの精度は高まっているとはいえ、詳細な管理ができない、豊富な機能を備えていないなどのデメリットもあります。

            そこでおすすめしたいのが、サードパーティーが提供する自動化ツールの導入。

            コストこそかかりますが、誰でも簡単にリスティング広告運用の自動化を実現でき、コンバージョン増加や獲得単価の改善などを見込めます。

             

            そう考えれば、コストパフォーマンスは極めて高いのではないでしょうか。

            4.おすすめのリスティング広告自動化ツール3選

            最後に、おすすめのリスティング広告自動化ツール3選をご紹介します。

            4-1.アドレポ

            出典:アドレポ

             

            アドレポは導入実績400件以上の広告レポート自動化ツールです。APIでGoogleとYahoo!のリスティング広告のデータを集計し、レポートを自動作成します。

             

            レポートは、エクセルやGoogleスプレッドシートへの出力はもちろん、GoogleデータポータルなどのBIツールへの連携も可能です。

             

            定期レポートの自動送信機能やデータの一元管理など便利な機能も豊富に搭載しています。複数の広告を運用する場合は、本ツールでレポート作成業務を効率化するのがおすすめです。

            3-2.Shirofune

            出典:Shirofune

             

            Shirofuneは、国内利用実績10,000件以上の広告運用ツールです。アルゴリズムがリスティング広告パフォーマンスを分析し、キーワードや改善策などを提案します。

             

            ユーザーは提案の承認もしくは拒否をするだけで、広告パフォーマンスの改善ができるのです。また、広告レポートもワンクリックで作成できます。

            3-3.Optmyzr

            出典:Optmyzr

             

            Optmyzrは、元Google 広告のエバンジェリストが開発したリスティング広告運用ツールです。

             

            世界80,000社以上が導入しており、世界標準の自動化ツールと言えます。Optmyzrの特徴は、以下3つに分類できます。

            • モニタリング:24時間365日のモニタリングで安定した広告効果を実現
            • 最適化:AIが膨大なデータを分析し、新規キーワードの抽出など改善案を提案
            • ホワイトボックスAI:AIとコンサルタントの組み合わせでパフォーマンスの最大化

              Optmyzrは、媒体の機能では不可能な詳細な広告管理や高精度のレコメンドなどを実施するため、長期間にわたって高い広告パフォーマンスを実現できます。

               

              また、Optmyzrならではという強みとして、Google 広告のシステム開発経験者が開発したツールであることが挙げられます。

               

              Google 広告のノウハウが集約されているだけではなく、Googleのアップデートにも迅速に対応するため、競合と差をつけた運用が可能です。

               

              リスティング広告を自動で運用したい企業はもちろん、さらなる成果を創出したい企業にもおすすめのツールです。

              4.まとめ

              リスティング広告で成果を出すためには、膨大なデータを蓄積し、分析と改善を繰り返す必要があるからこそ、AIによる自動化が効果的です。

               

              リスティング広告の運用を自動化すれば、業務の効率化や安定した成果の創出などを見込めます。これからはAIと人間が協同して、リスティング広告を運用するのがスタンダードになるでしょう。

               

              リスティング広告の自動化は、媒体の機能でも行えますが、詳細な管理やAIの精度が高いとは言い切れません。

               

              競合と差をつけるためにも、専用の自動化ツールを用いるのはいかがでしょうか。コスト以上の効果を得られるため、ビジネスの大きな成長につながるでしょう。

              【リスティング広告のお悩み解決ならこちら】

                リスティング広告を改善したい方へ

                10年以上の業界経験から得られた知見をもとに、弊社アドフレックスが実践している「リスティング広告最適化の秘訣」を無料公開します。

                • 自社のリスティング広告を改善したい
                • どんな改善方法があるのか知りたい
                • 具体的な改善事例を知りたい

                といったマーケティング担当者の方はぜひダウンロードのうえ、ご活用ください。

                » 資料をダウンロードする(無料)

                 

                この記事をシェア

                はてなブックマーク
                株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

                アドフレックス編集部

                アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

                BACK TO TOP
                adflex