ユーザーの親和性に基づいたパーソナライズ事例
~Dynamic Yieldのアフィニティスコアを活用した施策 5選~

Dynamic Yield_アフィニティによるパーソナライズ事例
Dynamic Yield_アフィニティによるパーソナライズ事例

以前ご紹介した”ユーザーの親和性(アフィニティ)に基づいたレコメンデーション”。

今回は、アフィニティスコアを活用するとどんなパーソナライズが実現できるのか、「Dynamic Yield(ダイナミックイールド)」活用事例をピックアップしてご紹介します。

 

顧客個人に向けたユーザーエクスペリエンス(UX)を
アフィニティベースのAIパーソナライズで実現

 

閲覧頻度の高い商品カテゴリや色、購買履歴、カートに追加した商品など、過去とリアルタイムのサイト行動からユーザーごとの嗜好をAIが分析し、プロファイルをスコア化した「アフィニティスコア」。
このプロファイルとアルゴリズムを組み合わせ、パーソナライズされた商品レコメンドやクーポンなどの特典発行、コンテンツを提供することで顧客エンゲージメントを高め、売上拡大へ繋げます。
 
 

1.商品レコメンドの強化で価値ある顧客体験を創出

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例

施策概要


ユーザーにとって価値ある体験を提供するために、「一緒に購入されている商品」や「同時に見られている商品」などの関連商品と、ユーザー行動をベースにした「アフィニティスコア」のロジックを組み合わせ、レコメンデーションを最適化しました。

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(アパレル)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(アパレル)

ポイント


今やECサイトの利用者はかつてないほど精通しており、コンバージョンやAOV(平均注文額)の向上のために商品レコメンドを実装する、といった単純なアプローチでは不十分です。

 

最高の価値を生み出すために、コンテキストやユーザー、ページレイアウトを複数組み合わせたものでA/Bテストを実施。レコメンデーション体験の最適化に向けて検証を重ね、成果へと繋げました。

 

2.パーソナライズされたオーバーレイ表示で離脱を防止

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(書店)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(書店)

施策概要


サイトを離脱しようとするユーザーを引き止めるため、離脱行動をみせた瞬間を捉え、ユーザーの嗜好にマッチした本のレコメンドと特典をオーバーレイ表示させました。

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(書店)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(書店)

ポイント


離脱防止を目的としたポップアップの導入は、カゴ落ちとサイトの離脱を減らし、訪問者に特定のアクションを促進を可能にすることが実証されています。

 

これに加え、訪問者の興味・関心や嗜好に基づきパーソナライズされたレコメンドを組み合わせることで、個々のニーズをより深く理解し、エンゲージメントを再燃させる可能性を大幅に高めることができます。

 

3.ユーザーに合わせて様々な要素をパーソナライズし、UXを向上

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(靴)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(靴)

施策概要


サイト改善にあたって動的なUXにするべく、バナーやコピーの順番からレコメンド商品にいたるまで、すべての要素やバリエーションをパーソナライズしました。

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(靴)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(靴)

ポイント


サイトのあらゆる側面のパーソナライズは、ユーザーと関連性の高いコンテンツを見せる多くの機会を生み出し、エンゲージメントを高めるための有効な手段です。

 

メインバナーやカルーセル、商品レコメンド、メッセージなどの要素やレイアウトを検証することで、すべてのユーザーに最適な体験を提供できるようになりますまた、継続的に最適化を行うことで、長期にわたって最良のコンテンツを最適な状態に保つことができます

 

4.パーソナライズで関連性の高い商品を訴求

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(アパレル)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(アパレル)

施策概要


一貫して最適化された体験を提供するダイナミックコンテンツは、様々なセグメントを継続的に最適化します。全てのコンテンツとバナーをダイナミックコンテンツにすることで、サイトをパーソナライズしました。

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(アパレル)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(アパレル)

ポイント


ユーザーは誰しも、独自の嗜好を持っています。しかし、ブランドや商品の選択肢が無数にある中で欲しい商品にスムーズに辿り着くには、発見性が高まるようにカスタマイズされたコンテンツが必要になります。

 

そこで、ダイナミックコンテンツを活用し、サイト行動やクリック数、地域、季節、トレンドなどリアルタイムのデータに基づいて、ユーザーが興味をもつ商品へ誘導。継続的に最も関連性の高いコンテンツを提供できるようになりました。

 

5.適切なセグメントで快適なパーソナライズ体験を提供

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(インテリア)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(インテリア)

施策概要


より適切なセグメントでパーソナライズされたレコメンデーションを提供するために、理想のインテリアスタイルや好みの配色などに関するオンラインアンケートを実施しました。

Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(インテリア)
Dynamic Yieldアフィニティによるパーソナライズ事例(インテリア)

ポイント


データが豊富であるほど、ユーザー体験はより豊かにできます。オンラインアンケートの回答を促すことで、潜在顧客やリピーターへの深い理解へと繋がるのです。

 

多くの場合、買い物客は「自分に価値を提供しようとしてくれている」と感じる限り、自分の興味や好みに関する多くの情報を喜んで開示してくれます。
この強化されたデータを活用することで、ユーザーをより適切にセグメントし、限りなくパーソナライズされた体験の提供を可能にします。

 

 

※この記事は、Dynamic Yield社による記事を引用・再構成しています。

 


 

Dynamic Yieldと日本初のパートナー契約を結んだアドフレックスでは、取り組みを積極的に進め、専任のコンサルタントが導入から施策サポート、フォローまで全面的なバックアップで事業成長を支援しています。

CX向上のための新たな打ち手を検討している、また、パーソナライズやDynamic Yieldに興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

この記事に関するタグ #

この記事が役に立ったらシェア!

はてなブックマーク

Related関連記事

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 iso