• NEWS
  • リスティング広告の効果アップポイントはAIによる予算と入札の最適化

リスティング広告の効果アップポイントはAIによる予算と入札の最適化

たった4週間で広告効果が飛躍的にアップ!AIによる予算配分最適化でパフォーマンスを最大に

森永製菓株式会社様の「おいしいコラーゲンドリンク」では、リスティング広告自動最適化サービス「AdScale(アドスケール)」の導入後、4週間でコンバージョンが14.03%アップし、CPA(顧客獲得単価)はマイナス22.36%の改善を実現しました。

予算や入札はAIが最適化!人による広告運用の限界を超える効果を実現

AdScaleの特徴の一つとして、「予算・入札最適化アルゴリズム機能」があり、⼈ではできない粒度の分析と実⾏が可能になります。今回森永製菓株式会社様の広告において、短期間に大きな成果が出たことには、主に三つのポイントがありました。

 

 1.キーワード追加や除外、停止などをAIが素早く緻密に分析

 2.最大1日4回(1回/30分再計算)、コンバージョンが高い時間帯を強化するように予算配分を最適化

 3.最大1日1回(1回/6時間再計算)、曜日/時間帯別の入札を最適化

予算と入札の最適化については、AIが24時間細かく管理。手作業で分析、登録するにはロングテールにまで対応できない点をAIの利用で解消し、パフォーマンスを最大化できました。

リスティング広告を運用する中でよく出てくる問題として・・・
・考えていたよりも予算の消化が早いので、無駄なクリックが多発してしまう
・考えていたほどクリックが発生していないが、どのように調整すれば改善するのか判断しにくい

などがあります。これらを解決するには、AdScale を導入して「人(意思決定)×AI(機会学習)」という体制を確立することが重要です。タイミングを逃さず的確な施策をスピーディーに実行し、限られた予算内で短期間に大きな成果を出すことが可能となります。

AIなのに実行内容や広告効果を可視化!

リスティング広告の運用にAIが入ると、目的達成のためのプロセスをどのような手順で処理しているのかが公開されず、その過程を見られなくなるケースも珍しくありません。ただ、AdScaleでは、実行内容のすべてを図や表を使った見やすいレポートにまとめて報告。担当者は不安や曖昧さなどを感じることなく広告効果を確認できます。さらにその結果を元にPDCAを見直す、調整をする、効率化して圧縮できた予算を次の施策に使うなど、事業戦略を拡大していくことが可能となります。広告運用を“ブラックボックス化”することなく、AIと人が役割分担を明確にすることで、広告効果をあげることができます。

 

自社の広告に本当に効果が出るのかどうか、まずは診断をお試しください。

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 LAP Sales Partner Bronze