• NEWS
  • 株式会社セブン銀行様、「Zalster」活用でCTR、エンゲージメント率、最終CVRを改善

株式会社セブン銀行様、「Zalster」活用でCTR、エンゲージメント率、最終CVRを改善

Facebook/Instagram広告の最適化AIソリューション「Zalster(ザルスター)」を、株式会社セブン銀行様の訪日・在日外国人をターゲットにしたFacebook広告でのキャンペーンにて導入いたしました。

今回、日本初上陸の新サービス「Zalster」のAIによる成果を可視化する目的で、前年実施したキャンペーンと同一条件でキャンペーン設計を行い、その結果を当時の数字(実績)と比較しました。

(配信手法、セグメント設計並びにクリエイティブは同一のものを流用。配信開始から3週間経過時点での実績をもとに比較しています)

 

今回の検証項目として、CTR(広告のクリック)・エンゲージメント率(広告に対する「いいね!」やコメント等のアクション)を昨年実施分の実績との比較に加え、今回新たに該当ランディングページ内でのアクション(更なるページ遷移)を「最終コンバージョン」「最終コンバージョン率(遷移率)」として、項目を追加しました。

結果として、CTR、エンゲージメント率、最終CVR(ランディングページから最終目的ページへの遷移)などにおいて、大幅な改善・向上が見られました。

<計測期間:2019/7/22~8/13>
※2019/10/07 改善数値に一部誤りがあったため、修正いたしました。

前回の実績を1とした場合、Zalster配信での実績ではCTRで7.5倍、エンゲージメント率で12.7倍の改善が確認されました。

この間、Zalsterにおいては最適なクリエイティブローテーションと、予算の調整(集中と再配分)、入札戦略の変更を24時間自動運用を行ったことで、実績の向上が見られたと考えています。

<計測期間:2019/7/22~8/13>

また、最終CVRも順調に推移しており、AIによる自動管理・最適化が行われていることが分かります。

【Zalsterのポイント】

以下の要素をAI36524時間自動で管理し、最適化を実施

・予算/入札戦略、管理

・最低限の手動操作で判断を自動化

・パフォーマンスの改善

今後もコンサルタントの戦略・設計チューニングのもと、粒度の細かなAIによる自動分析と運用、消費者の興味・関心をコントロールし、成果の向上を図っていきます。

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 LAP Sales Partner Bronze