リスティング広告最適化AI「Optmyzr(オプティマイザー)」を提供するOptmyzr Inc. が設立8周年を記念

マーケティング領域を中心に企業の事業成長を支援する株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑治彦、以下アドフレックス)がパートナー契約を結ぶOptmyzr Inc.(本社:カリフォルニア州、CEO:Frederick Vallaeys)が2021年8月9日(月)に設立8周年を迎えたことに伴い、最新の機能アップデートをお知らせします。

リスティング広告最適化AI「Optmyzr(オプティマイザー)」を提供するOptmyzr Inc. は2013年8月9日の設立以来、順調に導入社数を増やしており、現在では導入企業85ヵ国75,000社を超え、年間利用媒体費は約1,500億円と業界トップクラスの信頼と地位を築いています。この地位を確立するために、数多くのユーザーの声やフィードバックを真摯に受け止め、リクエストに応じた機能アップデートと機能追加に注力してきました。

 

業界の特徴として非常に変化の速い分野となるため常に情報をキャッチアップし、最低でも四半期ベースで最新状況に対応できるよう開発体制を整えています。そこで今回は、直近実施された機能アップデートの一部をご紹介します。

 

■最新のアップデート
6月3日:PPC監査機能にてコンバージョンのトラッキング方法を追加
6月8日:キャンペーン自動化ツールにて複数のテンプレートを一度に自動化設定することが可能
6月24日:レポートに新しい表紙の種類を追加
6月25日:要因分解機能に「平均ポジション」の項目を追加
7月12日:ルールエンジンのアラートをSlack経由で受信が可能
7月13日:ブループリントで簡単にメンバーのタスク管理が可能
7月14日:ルールエンジンでルールを作成する際の新しい指標を追加
7月15日:ダッシュボード上に削除された提案数を表示するよう修正
7月16日:優先度の低いタスクをスヌーズする機能を追加
7月27日:ルールエンジンにMicrosoft広告の新しい6つの指標を追加
7月29日:検索結果1ページ目に表示する機会のあるキーワードリストのダウンロード機能追加
7月30日:ブループリントにスケジュール化機能の追加

 

アドフレックスでは、今後も最先端のAIツールを日本の企業様へ提供するために、Optmyzr社と一丸となってツール開発へ取り組んで参ります。

■「Optmyzr(オプティマイザー)」について https://www.optmyzr.jp/

Optmyzrは、人力では到底不可能なレベルの最適化を実現するリスティング広告自動最適化AIプラットフォームです。

 

Google広告の開発に携わった元Googleのエンジニアによって開発されているため、媒体の機能を補強しながら広告効果の最適化を実現。世界の大手広告主やマーケティングエージェンシーから信頼を得ており、各方面から高い評価を受け様々な賞を受賞しています。

 

・Global Search Awards 2020 https://globalsearchawards.net/2020-winners/
・US Search Awards 2015-2018-2020 https://ussearchawards.com/2020-winners/
・UK Search Awards 2019-2020 https://searchawards.co.uk/2020-winners/
・Canadian Search Awards 2020 https://canadiansearchawards.com/2020-winners/

■アドフレックスについて https://www.ad-flex.com/

AI×コンサルティングを強みとし、デジタルマーケティング領域において様々な用途に合わせたサービス・プロダクトを用い、クライアント企業の課題解決や事業拡大を支援しています。日本初上陸のAIパーソナライゼーションプラットフォームやCDPを織り交ぜ、ビジネスパートナーとして企業の事業拡大に貢献しています。

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 iso