【導入事例】株式会社日比谷花壇様、リスティング広告最適化AI「Optmyzr(オプティマイザー)」でCV83%アップ!

マーケティング領域を中心に企業の事業成長を支援する株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑治彦、以下アドフレックス)はリスティング広告最適化AI「Optmyzr(オプティマイザー)」を、株式会社日比谷花壇様(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮嶋 浩彰)のGoogleとYahoo! JAPANのリスティング広告でのキャンペーンにて導入しました。

 

結果、昨年同月の実績と比較して約83%の獲得件数(CV)増加を実現しました。(CPAは目標値圏内)

■キーワードの特性によってOptmyzrの戦略を使い分け、CV獲得に成功
Optmyzrのルールエンジン機能を活用して、指名キーワードや非指名キーワードなどキーワードの特性によって入札の強弱をつけたり最適な戦略を適用することで、従来の媒体の自動最適化機能などよりもきめ細やかな運用が可能となりました。結果としてCPAを目標圏内に抑えながらCV獲得増加に繋がり、より多くのお客様にお花を購入いただくことができました。

 

■導入事例ご紹介ページ https://optmyzr.jp/casestudy/case-study/202109301239/
Optmyzrのサービスサイトにて、日比谷花壇様のコメントもご紹介しておりますので是非ご覧ください。

■「Optmyzr(オプティマイザー)」について https://optmyzr.jp/
Optmyzrは、人力では到底不可能なレベルの最適化を実現するリスティング広告最適化AIプラットフォームです。導入企業は世界85ヵ国80,000社を超え、年間利用媒体費は約3,500億円と、世界中で利用されているOptmyzrは業界最先端の自動最適化AIツールとしてグローバルスタンダードの地位を確立しています。

■アドフレックスについて https://www.ad-flex.com/
AI×コンサルティングを強みとし、デジタルマーケティング領域において様々な用途に合わせたサービス・プロダクトを用い、クライアント企業の課題解決や事業拡大を支援しています。日本初上陸のAIパーソナライゼーションプラットフォームやCDPを織り交ぜ、ビジネスパートナーとして企業の事業拡大に貢献しています。

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 iso