分かりやすく解説!DX時代のデータ活用
“データに価値を与える”手法とは?

分かりやすく解説!DX時代のデータ活用  “データに価値を与える”手法とは?
分かりやすく解説!DX時代のデータ活用  “データに価値を与える”手法とは?

テクノロジーの進化によって、以前よりも容易にかつスピーディに、量や質の高い様々なデータを取得できるようになりました。それらのデータを有効に活用する取り組みは、今や欠かせないものとなっています。

 

データ活用によって客観的な検証が可能となり、顧客のニーズに即したサービスの提供や、的確な経営判断・業務効率化など、データ活用がもたらす恩恵は計り知れません。

 

データに価値を与える手法や活用法をご紹介します。

1.「データ分析」と「データ活用」の違い

「データ分析」と「データ活用」。

この2つは一見似ているように思えますが、活用するフェーズや得られるものが異なります。

 

「データ分析」とは、数字の羅列を整理・加工して可視化し、現状を把握するためのもの。「データ活用」とは、分析結果に解釈を加え、次の打ち手の根拠となる予測をすることです。

 

データ活用は、未来予測を目的としていることが特徴です。

2.データを価値に変える「データ活用サイクル」

データ活用は、以下のようなサイクルで概要を表すことができます。ポイントは、サイクルである(循環している)こと。
各フェーズの精度を高めることが、データ活用のサイクル全体の向上に繋がります。

 

 

中でもすべての起点となり、クオリティを決定づける「現状の課題を明確にする」ことは最も重要です。

分かりやすく解説!DX時代のデータ活用  “データに価値を与える”手法とは?
分かりやすく解説!DX時代のデータ活用  “データに価値を与える”手法とは?

3.科学的な背景に基づくデータ解釈ができる「データサイエンス」

上図の④「データの解釈」は、担当者によってバラつきが出やすいのが難しいところ。
担当者の知識や経験に依存し、属人化されているケースも珍しくありません。

 

それに対し、「データサイエンス」は統計解析やAI(人工知能)などの技術、数学や情報工学など学問的手法を使いながら、科学的な背景に基づくデータの解釈や予測を可能にします。

 

 

「データサイエンス」でできること(例)

  • 予算額とCV数の相関性を数式で表し、CPA目標を上回らずにCV数を最大にできる広告予算額を導く。
  • 予測モデルから、CV数を最大化させるために適切な広告予算配分を算出する。

 

 

データ活用サイクルに「データサイエンス」を加えることで、データにより多くの価値を生み出すことができるのです

 

<コラム>その予算配分に根拠はあるか?データサイエンティストが加わるとデジタルマーケティングはこう変わる

 

4.散在するデータの統合で新たな価値が生まれる「CDP」

近年、複数のマーケティングソリューションに散在する顧客データを一つに束ねるCDP(カスタマーデータプラットフォーム)」が注目を集めています。

 

CDPは匿名ではなく、「顧客データ」を連携できるのが最大の特徴。

Web広告はもちろん、マーケティングソリューションに蓄積されたデータやCRMデータを横断し、一人の顧客に対し、あらゆる場面で一貫したアプローチを可能にするとともに、重複配信などの無駄を省くことができます。

 

 

「CDP」でできること(リターゲティング広告の場合)

  • Google広告経由ですでにクリックされていることが判別できるので、Facebook広告を配信しないことで無駄を省く。
  • 自社のCRMデータから優良顧客である顧客を特定し、そのユーザーに対して広告投資しなくても良いと判断できる。

 

 

海外企業の間ではCDPの活用が一般化しており、特に多くの顧客リストやデータを扱うBtoC企業の50%は既に導入済み、と言われています。

 

<コラム>今、CDPの重要性について改めて考える理由~DX時代のデジタル統合管理とは~

 

 

 

データ活用の効果をより高めるために、データサイエンスのプロであるデータサイエンティストや最新のプラットフォームを活用することを、選択肢の一つとして検討されてはいかがでしょうか。

この記事に関するタグ #

この記事が役に立ったらシェア!

はてなブックマーク

Related関連記事

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 iso