MARKETING COLUMN マーケティングコラム

Google Analyticsとは?デジタルマーケティング戦略に欠かせないツールを解説

Web広告の運用には、Webページを訪れたユーザーの属性や行動などを分析し、コンバージョンにつなげるアクセス解析が必須です。この記事では、このアクセス解析に欠かせない、Google Analytics(アナリティクス)の基本的な概要を解説します。

1.Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは:

Googleが提供しているアクセス解析ツール。自社のWebサイトを登録すると、サイトを訪れたユーザーに関する各種データを把握・分析することができる。

例えば、訪問者数はどのくらいか/どのような経路で流入しているか/どのページを最後に見て離脱しているか/どのデバイスから訪問しているのか、といった詳細な情報が把握できます。

 

このデータは、企業のデジタルマーケティング推進に活用できます。例えば、広告戦略を立案する際、流入元や検索キーワードを調べて出稿媒体やキーワード選定を行えます。また、Webサイト内でのユーザー行動を把握し、動線を意識したWebサイト設計にすることもできます。そのほか、Webサイトを訪問したユーザー属性からターゲット設計を行うことも可能です。

 

なお、Googleアナリティクスには無料版と有償版があり、連携できるツールや機能面、使用可能なデータ量に違いがあります。初めてアクセス解析を行うのであれば無料版から始めてみて、必要に応じて有償版を検討するといいでしょう。

2.Googleアナリティクスの始めかた

アクセス解析、と聞くと難しく聞こえるかも知れませんが、Googleアナリティクスは簡単に始められます。ここでは、アナリティクスを始める際の具体的な手順を解説します。

2-1.Googleアカウントを作成する

Googleアナリティクスを利用するには、Googleアカウントが必要です。アカウントの作成方法は、Googleのトップページの右上にある「ログイン」から「アカウントの作成」へと進み、内容に沿って情報を入力するだけ。すでにGoogleアカウントがある場合は、既存アカウントでもOKです。

2-2.Googleアナリティクスアカウントを作成する

Googleアカウントを取得したら、今度はGoogleアナリティクスのアカウントを作成します。Googleアカウントにログインした状態で、アナリティクスのトップページの [無料で利用する] をクリックすると「Google アナリティクスへようこそ」と記載された別のページが開きます。このページの [測定を開始] をクリックし、内容に沿って情報を入力してください。

2-3.トラッキングコードを設定する

アナリティクスのアカウントが作成されると、測定を行うWebサイト用のトラッキングコードが自動的に作られます。

トラッキングコードとは:

Googleアナリティクスが発行するコードで、WebサイトのHTMLに設置することでデータの計測が行える。

トラッキングコードの取得や設定はすぐできますが、実際にデータ計測ができるようになるまでには数時間から1日程度かかります。

3.Googleアナリティクスのメニュー

Googleアナリティクスには、ユーザーの情報を把握できるさまざまなメニューがついています。ここでは、4つのメニューの概要を解説します。

3-1.ユーザー

ユーザー」メニューでは、セッション数やユーザー数、PV数、直帰率など、サイトを訪れたユーザー情報が確認できます。

3-2.集客

集客」メニューでは、ユーザーがどこからWebサイトを訪れているのか、流入元を把握できます。流入元というと、検索や広告などをイメージするかもしれませんが、以下のように細かく分類されています。

  • 検索による流入(Organic Search)
  • リスティング広告からの流入(Paid Search)
  • ブックマークからの流入またはURLを直接入力した流入(Direct)
  • 他サイトに設置されている被リンクなどからの流入(Referral)
  • SNS経由の流入(Social)
  • バナー広告からの流入(Display)
  • その他流入(Other)

    集客経路を把握・分析することで、Web広告の出稿先の検討などにも活用できます。

    3-3.行動

    行動」メニューは、ユーザーがWebサイトを訪れた時に最初にアクセスしたページなど、ユーザー行動が把握できます。その他、最初のアクセスページ別のコンバージョン数やコンバージョン率の把握も可能です。

    3-4.目標

    目標」メニューでは、Webサイトのコンバージョン数を把握できます。コンバージョンとは、Webサイトが掲げている目標のことで、商品の購入や問い合わせなど、設定されたコンバージョンは企業によってさまざまです。アクセス解析を行う最終目的はコンバージョン数を増やすことにあるため、この目標メニューは頻繁に確認することとなるでしょう。

    4.Googleアナリティクスレポートの取得

    Googleアナリティクスにはレポート機能がついており、さまざまな情報をまとめたレポートを取得することができます。ここでは、取得可能な3種類のレポートの概要を解説します。

    4-1.ユーザーレポート

    ユーザーレポートでは、パソコンやスマートフォンなどのユーザーが使用している端末、ユーザーの地域などユーザーの属性がまとめられています。また、セッション数やPV数、直帰率といった情報も掲載されており、ユーザーの特徴を把握・分析したいときに活用できます。

    4-2.広告レポート

    広告レポートは、Web広告をクリックした後の動向がまとめられています。例えば、Webサイトを訪れた人がどのくらいいるのか、広告を経由してアプリをインストールした人がどのくらいいるのか、といったことが把握可能です。レポートからは、集客状況やコンバージョンにつながった時の行動パターンなども確認できます。

    4-3.カスタムレポート

    カスタムレポートでは、知りたいユーザー情報の項目をカスタムすることで、独自レポートを作成できます。設定は保存できるため、自社の分析に必要な指標のみを集めたレポートを簡単に作成するといったことも可能です。

    5.Googleアナリティクスでおさえておきたい用語

    Googleアナリティクスを利用するうえでおさえておきたい基本的な用語を解説します。

    5-1.直帰率

    直帰率とは、ユーザーが1ページだけ閲覧して離脱した割合です。直帰率が高いということは、訪れたページに興味がなくすぐに離脱したと考えられます。ただし、当該ページのみで目的が果たせた場合でも1ページだけで離脱するので、直帰率が高いことが必ずしも悪いとは断言できません。

    5-2.離脱率

    離脱率は、サイトを訪問してユーザーが最後に見たページの割合です。特定のページの離脱率が高い場合はニーズに合致していない、ページが分かりにくいといった可能性が考えられるので改善が必要です。

    5-3.回遊率

    回遊率は、1回のサイト訪問でどのくらいのページを訪れたかを示す割合です。ページパーセッションと呼ばれることもあります。回遊率が高い場合、ユーザーがたくさんのページを訪れているということになります。

    5-4.ページ滞在時間

    ページ滞在時間は、その名の通り、ユーザーがそのページにどのくらいの時間滞在したかを示します。ページの閲覧を開始した時間から、次のページの閲覧を始めるまでの時間の差分がページ滞在時間です。

    5-5.ユーザー数

    ユーザー数とは、Webサイトを訪れたユーザーの数のことです。重複した人は削除され、1人としてカウントされます。

    5-6.ページビュー(PV)数

    ページビュー数とは、ユーザーが当該ページを何回表示したかを示す指標です。

    1人のユーザーが何回も同じページを訪れた場合、その都度カウントされます。ページビュー数の多さは注目度の高さと考えられるため、どのページがユーザーから人気を集めているのか把握できます。

    5-7.セッション数

    セッション数とは、訪問数のことです。ユーザーがサイトを訪れてから離脱するまでの一連の流れを1セッションとしてカウントします。一度離脱した後、同じユーザーが訪問したとしても別のセッションとしてカウントされます。

    5-8.チャネル

    チャネルとは、ユーザーの流入経路のことです。オーガニック検索、ディスプレイ広告、ブックマークやURLの入力による直接流入、SNSからの流入などがチャネルの例としてあげられます。

    5-9.ランディングページ

    ランディングページとは、広告をクリックしたユーザーが最初に訪れるページのことで、LPとも呼ばれます。ランディングページは、1枚の長いWebページであることが一般的です。コンバージョンにつながるページでもあるため、ユーザーの行動を促すような内容にすることがポイントです。

    5-10.コンバージョン(CV)

    コンバージョンとは、サイトにおける成果のことです。具体的には、商品やサービスの購入、問い合わせ、資料請求、会員登録、メルマガ登録などがあげられます。コンバージョンはWebサイトによって異なり、何をコンバージョンとするかによって、作成するコンテンツも変わってきます。

    まとめ

    今回は、Googleアナリティクスの概要から、はじめ方、具体的な機能などについて解説しました。Googleアナリティクスはユーザー属性やサイト内での行動など、デジタルマーケティングに役立つ情報を簡単に取得できます。コンテンツマーケティングに取り組む企業など、Webサイトの運営を行っている場合は利用をおすすめします。

    この記事をシェア

    はてなブックマーク
    株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

    アドフレックス編集部

    アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

    BACK TO TOP
    adflex