MARKETING COLUMN マーケティングコラム

Web広告運用を効率化するフリークエンシーとは?最適な設定方法や表示回数を解説

リークエンシー」とは「頻度」や「起きる回数」といった意味の言葉ですが、Webマーケティングでは「Web広告にユーザーが接触した回数」を指します。Web広告の効果測定に必須とも言える知識なので、この機会に活用方法などを確認しておきましょう。

 

今回は、フリークエンシーの概要やリーチとの違い、最適な設定方法などを解説していきます。

1.フリークエンシーとは

フリークエンシーとは:

「特定の期間内に、1人のユーザーに広告を表示した回数」を示す指標。

1人のユーザーに対する配信回数の設定を「フリークエンシーの設定」などと呼ぶこともあります。

1-1.「フリークエンシー」と「リーチ」の違い

Webマーケティングにおけるリーチとは「広告が配信された人数」を指します。一方、フリークエンシーは「ユーザーあたりの広告表示回数」です。

 

そのため、リーチは「ユーザーが広告に接触する範囲の広がり」、フリークエンシーは「ユーザーが広告に接触する深さ」と考えることもできます。

2.フリークエンシーの最適な設定方法

Web広告の運用成果を高めるには、フリークエンシーの最適な回数を理解しておかなければいけません。接触回数が多すぎるとユーザーは不快感を覚え、反対に少なすぎると、購買意欲が高いユーザーと接触する機会が減少し、機会損失につながる恐れがあるでしょう。

 

このような不均衡を防ぐために、下記の2点に注意して最適なフリークエンシーの回数を設定します。

  • 商品の認知度によって変える
  • 配信テストで判断する

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    2-1.商品の認知度によって変える

    すでに認知されている商品の広告を何度も配信すると、ユーザーにネガティブな印象を持たれる可能性があります。そのため、認知度が高い商品はフリークエンシーを低く設定します。反対に認知度を高めたい場合は、フリークエンシーを多めにして接触機会を増やしましょう。

    2-2.配信テストで判断する

    感覚でフリークエンシーを決めてしまうと失敗のリスクが高まります。それを防ぐために、事前に配信テストを行って数値を分析しておくことも大切です。

     

    CV件数やCPAの数値は広告の配信回数に応じて変動するのが一般的です。そのため、広告配信回数別のCVとCPAを分析すれば、適切なフリークエンシーを判断できます。

    3.フリークエンシーが高すぎる場合の対処法

    フリークエンシーが高くなりすぎた場合は、クリエイティブを変更してユーザーの不快感を軽減させましょう。クリエイティブを頻繁に更新する時間やリソースがない場合は、「フリークエンシーキャップ」という機能を使うと便利です。

    4.フリークエンシーキャップとは

    フリークエンシーキャップとは:

    同じユーザーに対する広告表示回数を制限できる機能。

    表示テストなどの分析結果で得られた表示回数をフリークエンシーキャップで設定すれば、コストの削減にもつながります。

    4-1.フリークエンシーキャップで制限できる項目

    フリークエンシーキャップでは、下記のような項目を制限できます。

    • 広告表示回数の上限
    • 特定期間内の広告表示回数
    • クリエイティブごとの表示制限 など

      また、フリークエンシーキャップの設定方法は、ディスプレイ広告と動画キャンペーンで下記のような違いがあります。

      ディスプレイキャンペーン動画キャンペーン
      制限対象表示回数表示回数と視聴回数
      設定期間日単位、週単位、月単位(共通)
      設定単位キャンペーン・広告グループ・広告キャンペーン単位のみ

      詳細な設定項目は媒体によって異なるので、運用前に確認しておきましょう。

      4-2.フリークエンシーキャップ利用時の注意点

      フリークエンシーキャップを使えば、「同じユーザーへの広告表示回数」を制限できますが、同じユーザーであるかどうかはCookie(クッキー)で識別されています。そのため、ユーザーが異なるデバイスを使用するなどCookieで識別できない場合は、想定以上に広告が表示されることもあります。

      4-3.フリークエンシーキャップの設定方法

      主な媒体別のフリークエンシーキャップ設定方法は、次のとおりです。

      GDN:Google広告 ディスプレイ広告

      1. キャンペーンを選択して「設定」タブを表示
      2. その他の設定」から「フリークエンシーキャップ」→「設定を行う」を選択
      3. 設定する単位(キャンペーン、広告グループ、広告)を選択
      4. 設定期間と回数を設定
      5. 保存」して完了

        YDA:Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)

        1. キャンペーン管理画面で設定するキャンペーンを選択
        2. キャンペーン設定」→「編集」を選択
        3. フリークエンシーキャップで「指定する」を選択
        4. 設定期間と回数を設定
        5. 保存」して完了

          5.まとめ

          今回の内容をまとめると、以下になります。

          • フリークエンシーとは「特定の期間内で1人のユーザーに広告を表示した回数」を示す指標である
          • Web広告運用の効率化には、フリークエンシーを適切に設定する必要がある
          • 最適なフリークエンシーは、配信テストの数値などで判断する

            フリークエンシーは、Web広告運用の効率化に欠かせない指標です。考え方は難しくないので、シーンに合わせて活用してみてください。

            この記事をシェア

            はてなブックマーク
            株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

            アドフレックス編集部

            アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

            BACK TO TOP
            adflex