MARKETING COLUMN マーケティングコラム

ディスプレイ広告のサイズ一覧!優先して準備すべき画像サイズも解説

ディスプレイ広告を出稿したいけれど、どんなサイズの画像を準備すべきか分からない」とお悩みではないでしょうか。

 

さまざまなサイズの画像を準備するには費用や手間がかかるので、必要なものだけを効率よく準備したいですよね。

 

そこで本記事では、Googleのディスプレイ広告(GDN)とYahoo!のディスプレイ広告(YDA)の画像サイズを一覧でご紹介。

 

優先して準備したい画像サイズも解説するので、ディスプレイ広告を出稿するために必要な画像を、素早くそろえられるでしょう。ぜひ最後までお読みください。

1.バナーの画像サイズ一覧

ディスプレイ広告は、Webサイトの広告枠に掲載されます。既定枠に対して表示するため、画像サイズはあらかじめ決まっています。

 

GDNとYDAに対応するサイズを一覧でご紹介します。

1-1.GDN

GDNのイメージ広告の対応サイズは、以下の通りです。

サイズ

PC対応

SP対応

300 × 250

240 × 400

×

250 × 360

×

336 × 280

×

580 × 400

×

200 × 200

250 × 250

300 × 50

×

468 × 60

×

728 × 90

×

930 × 180

×

970 × 90

×

970 × 250

×

980 × 120

×

120 × 600

×

160 × 600

×

300 × 600

×

300 × 1,050

×

320 × 50

×

320 × 100

×

GDNデータ容量の上限は150KBです。上限を超える場合は、入稿前に圧縮などの対処をしておきましょう。対応る画像形式はGIF、JPG、PNGです。

1-2.YDA

YDAのバナー広告の対応サイズは、以下の表の通りです。

サイズ

PC対応

SP対応

300 × 250

600 × 600

468 × 60

728 × 90

160 × 600

300 × 600

×

320 × 50

×

320 × 100

×

640 × 360

×

YDAのデータ容量の上限は3MBです。ただし、3MBを超える場合はアップロード時に150KB以下に自動圧縮されます。また、対応る画像形式はGDNと同様GIF、JPG、PNGです。

2.レスポンシブ広告の画像サイズ一覧

レスポンシブ広告は、掲載枠に合わせてサイズや表示形式、フォーマット自動調整・配信される広告です。

 

レスポンシブ広告を利用すれば、サイズ違いで画像を数枚設定しておくだけで、さまざま配信面出稿可能です。レスポンシブ広告対応サイズを一覧でご紹介します。

2-1.GDN

GDNのレスポンシブディスプレイ広告が対応しているサイズは以下の通りです。

種類

アスペクト比

推奨サイズ

最小サイズ

画像

1.91:1

1,200 × 628

600 × 314

1:1

1,200 × 1,200

300 × 300

ロゴ

4:1

1,200 × 300

512 × 128

1:1

1,200 × 1,200

128 × 128

画像内に文字を入れる場合は、文字の面積が画像の20%を超えないようにしましょう。文字の占有面積が大きいと、広告の審査に通らない場合があります。

2-2.YDA

YDAのレスポンシブディスプレイ広告が対応しているサイズは以下の通りです。

種類

アスペクト比

サイズ

画像

1.91:1

1200 × 628

1:1

300 × 300

ロゴ

1:1

180 × 180

GDNとは異なり、ロゴ画像の形状は正方形のみです。

3.ディスプレイ広告で優先して準備すべき画像サイズ

ここまでご紹介した通り、GDNとYDA対応る画像サイズは数多くあります。そのため、最初からすべての画像サイズを網羅するのは難しいでしょう。

 

そこで、優先して準備しておきたい画像サイズを紹介します。

3-1.最低限準備したい画像サイズ

まず最低限準備すべき画像サイズは以下の2種類です。

  • 300 × 250
  • 336 × 280

    「300× 250」は、GDNとYDAの全デバイスに対応しています「336×280」は、GDNのみの対応です。サイズ広告枠、表示回数多くなる傾向があります。まずは最低限、のサイズ画像を用意しましょう

    3-2.その他表示されやすい画像サイズ

    以下も、広告表示されやすい画像サイズですこの6サイズも網羅することで、効率良い広告運用を可能にします。

    • 468 × 60
    • 728 × 90
    • 160 × 600
    • 300 × 600
    • 320 × 50
    • 320 × 100

      4.ディスプレイ広告の特徴

      ディスプレイ広告の成果を伸ばすためには、3つの特徴を理解しておくことが大切です。

      4-1.潜在顧客が対象

      ディスプレイ広告は、潜在顧客にブランドや商品・サービスの認知を促す目的で活用されることが多いです。

      ニーズが明確な顕在層と比べて、潜在層に位置するユーザー数は膨大。潜在層に向けてディスプレイ広告で訴求し、将来的な購入につなげられることは、大きな特徴と言える。

      4-2.ブランディングに利用できる

      ディスプレイ広告は、ブランディングに利用できます。サイトに訪れたユーザーに広告を視認してもらうだけで、自社や商品・サービスのイメージを伝えられるからです。

      4-3.コンバージョン率は比較的低い

      ディスプレイ広告は主に潜在層に向けられることからリスティング広告と比べるとコンバージョン率が低い傾向があります。

       

      コンバージョンが目的の場合は別として、コンバージョン率の低さだけで非効率と判断するのは早計です。ディスプレイ広告の適性は認知拡大やブランディングにあることを理解して、運用を進めましょう。

      5.ディスプレイ広告の効果を高める工夫

      ディスプレイ広告の効果を高めるための工夫を3つご紹介します。

      5-1.ターゲティングを行う

      ディスプレイ広告は、ターゲティングが可能です。自社の顧客になる可能性があるユーザーに絞って配信することで、広告の効果を高めましょう。

       

      ディスプレイ広告で利用できるターゲティングの種類にはGDNとYDAで違いがありますが、どちらも以下の属性でターゲティングが可能です。

      • 年齢
      • 性別
      • 地域

        また、過去に自社サイトへの訪問歴があるなど、自社と接点を持つユーザーに広告を表示する「リマーケティング」活用できます

        その他、配信面の指定も可能。自社の商品・サービスと親和性の高いサイトに出稿することで、成果の向上を期待できる。

        5-2.「刺さる」クリエイティブを制作する

        ディスプレイ広告では、ユーザーの興味をくクリエイティブの制作が非常に重要です。

         

        Google 広告は、成果につながりやすいクリエイティブについて、以下のように言及しています。

        • 高品質の画像を使用する
        • ロゴを重ねて表示しない
        • オーバーレイテキストを避ける
        • ボタンをオーバーレイ表示しない
        • 商品やサービスが画像の主題となるようにする
        • コラージュ画像を避ける
        • デジタル合成の背景画像を避ける

          効果の出るクリエイティブをいきなり作ることは難しいです。そのため、さまざま訴求パターンを試しながら改善していくことが大切です。広告配信で得られたデータを確認しながら、改善加えていきましょう。

          5-3.見出しなどを複数パターン準備する

          クリエイティブだけでなく見出しや説明文なども複数のパターンを準備しておきましょう。これらの要素も、成果に大きく影響します。

           

          配信結果からコンバージョンにつながりやすい組み合わせが明らかになり、勝ちパターンを発見できるようになります

          見出しや説明文など広告を構成する要素は複数用意して、最適な組み合わせを見つけることが大切。

          6.まとめ

          ディスプレイ広告で使用される画像サイズは多くの種類があります。すべての画像サイズに対応することが難しい場合は、表示回数が多いサイズを優先して準備するとよいでしょう。

           

          ディスプレイ広告の効果を高めるには、ターゲティングなど工夫も大切です。広告配信データを集めながら、広告全体の改善を進めましょう。

          この記事をシェア

          はてなブックマーク
          株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

          アドフレックス編集部

          アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

          BACK TO TOP
          adflex