MARKETING COLUMN マーケティングコラム

【完全版】Google 広告の運用を開始する前に知っておくべきポイント

Google 広告の運用を検討しているのなら、まずはGoogle 広告についての理解を深めなければいけません。Google 広告と一口に言っても、その種類は多々あります。

 

それぞれの広告種類の特徴を理解し、メリット・デメリットを知ることで、Google 広告が自社に最適かどうか判断できるようになるのです。本記事では、Google 広告の特徴や種類、メリット・デメリットなどを解説します。

1.Google 広告とは

Google 広告とは:

Googleの検索画面やGmail、YouTubeなどに配信する広告。

Google 広告と一口に言っても、リスティング広告やディスプレイ広告などさまざまあります。そのため、各広告の特徴を理解したうえで、自社に最適な広告を選ばなければいけません。

 

Google 広告は低コストで運用でき、多くのターゲットにアプローチできるため、有効なマーケティング施策の1つとなるでしょう。

2.Google 広告の種類

Google 広告の種類は大きく以下の5つに分けられます。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告
  • ショッピング広告
  • アプリ広告

ここからは、それぞれの広告の特徴について解説します。

2-1.リスティング広告

リスティング広告とは:

Google検索結果画面の上部または下部に配信する広告を示す。ユーザーの検索キーワードに関連した広告が配信される。

たとえば、ユーザーが「プロテインバー」と検索した場合、プロテインバーに関する広告が表示されます。「サプリ」や「化粧品」など関連性の低い広告は表示されません。

 

リスティング広告では、悩みの解決策を求めているユーザーに広告配信できるため、コンバージョン目的の広告運用に有効です。

2-2.ディスプレイ広告

ディスプレイ広告(GDN)とは:

GmailやYouTube、ニュースサイト、ブログなど200万以上のサイトに広告配信が行える。 世界中のインターネットユーザーの約90%にリーチできると言われるほどアプローチ力が高い。

ディスプレイ広告はリスティング広告と異なり、ニーズが顕在化していない潜在顧客へアプローチできます。

 

そのため、コンバージョンには期待できませんが、自社製品の認知度向上や集客効果は見込めます。また、画像や動画などを用いた広告配信ができるのも特徴です。

2-3.動画広告

動画広告とは:

YouTube上に出稿する広告を示す。

YouTubeは、2020年時点で国内月間アクティブユーザー数が6,500万人を超えるほど、私たちの生活には欠かせないプラットフォームになっています。

 

YouTube上に広告を出稿することで、あらゆる層の潜在顧客にアプローチできます。また、映像や音楽で消費者に訴求できるため、認知度向上やブランディングに有効です。

2-4.ショッピング広告

ショッピング広告とは:

製品に関する詳細情報を掲載する広告を示す。テキストのほか、写真や商品名、店舗名なども記載できる。

検索画面で商品を探しているユーザーに広告配信できるため、購買やサイトアクセスなどのコンバージョンにつながりやすいです。

2-5.アプリ広告

アプリ広告とは:

Google検索画面やYouTube、Google Playなどでアプリの宣伝ができる広告。

自社アプリと似たアプリに関心のあるユーザーに配信できるため、インストール数や認知度向上などを見込めます。

3.Google 広告の掲載順位と費用の仕組み

Googleのリスティング広告を運用する際は、掲載順位の仕組みと費用の決まり方をおさえる必要があります。特に掲載順位の仕組みを理解しないまま、リスティング広告の運用をすると、広告表示の機会損失へとつながります。

3-1.掲載順位の決まり方

リスティング広告はオークション形式が採用されています。広告の掲載順位は、上限クリック単価(1クリック当たりに支払う費用の上限)と広告品質のかけ合わせで決まります。

広告品質とは:

キーワードと広告やランディングページなどとの関連性が高いか、クリック率が高いかなどを評価したもの。

つまり、上限クリック単価を高く設定しても、広告品質次第で上位表示は難しくなります。見方を変えれば、広告品質が良ければ、予算が制限されていても広告の上位表示は可能です。

 

リスティング広告の運用で重要なポイントは、広告品質を高めつつ、最適な上限クリック単価を見つけ、費用対効果を最大化することです。

3-2.費用の決まり方

リスティング広告の費用は以下の計算式で算出します。

  • クリック単価 = 自社広告の1つ下の広告の広告ランク ÷ 自社広告の品質スコア + 1
  • リスティング広告費用 = クリック単価 × クリック数

    広告ランクとは:

    上限クリック単価と広告品質をかけ合わせた数値。

    具体例を用いながら、リスティング広告の費用を算出します。

    上限クリック単価

    広告品質

    広告ランク
    A社120円91,080
    B社150円5750

    この場合、A社のクリック単価は以下の通りです。

    • 750 ÷ 9 + 1 = 約84円

      A社の広告が月に1,000回されると、費用は「84円×1,000=84,000円」となります。計算式を見てもお分かりの通り、広告品質と上限クリック単価の最適化ができれば、費用もおさえられます。

      4.Google 広告のメリット

      ここからは、Google 広告を利用する3つのメリットを解説します。

      4-1.リーチ力が高い

      FacebookやInstagramなど各種SNSも広告を提供していますが、リーチ力で言えばGoogleがトップクラスです。

       

      Googleは世界最大級の検索エンジンであり、ユーザー層も幅広い特徴があります。さらに、YouTube上にも広告出稿できるため、多くの潜在顧客にアプローチできるでしょう。

      4-2.ターゲティング精度が高い

      ターゲティングとは:

      ユーザー属性や行動を指定して、広告配信するユーザーを定める機能。

      Googleは、検索エンジンや各種サービスから毎日膨大な量のデータを収集しています。Google 広告を運用すれば、ビッグデータを活用しての精度の高いターゲティングが可能となり、最適なユーザーに広告を届けられます。

      4-3.低コストで運用できる

      広告運用は莫大な費用がかかると思われる方もいるでしょう。しかし、Google 広告は1日1,000円からの運用も可能です。月の予算を設定すれば、それを超える費用は発生しません。そのため、予算の限られた中小企業でも、気軽に運用を開始できます。

      5.Google 広告のデメリット

      Google 広告には、事前に知っておくべきデメリットが2つあります。デメリットも理解したうえで、Google 広告を運用するかどうか検討しましょう。

      5-1.競合数が多い

      多くの企業がGoogle 広告の運用に取り組んでいるため、競争が激しい状態になっています。競合数が多いと、広告の上位掲載が難しくなるだけではなく、費用が高くなるデメリットも発生します。

      自社で狙いたいキーワードを多くの競合が落札していると、必然的にクリック単価は高くなる。

      5-2.ブランド毀損リスクがある

      Web広告業界が直面する大きな課題がブランド毀損リスクです。Google 広告だと、不適切なサイトに広告が配信され、ブランドの信用を傷つけるリスクがあります。

      実際に、世界最大の広告会社アバスは、クライアントの広告がYouTube上の不適切なチャンネルで配信されていたため、英国でのGoogleとYouTubeへの広告出稿を停止している。

      ブランド毀損リスクを避けるには、広告が出稿されているサイト確認するのが有効です。ブランド毀損を避けたい場合は、法人サイトにのみ広告配信をするYahoo!広告の利用を検討してみましょう。

      6.Google 広告の始め方

      Google 広告の運用開始に必要なものは、Googleのアカウントです。個人アカウントでも可能ですが、複数名で広告を運用する場合、新たにアカウントを作成したほうが便利です。

       

      また、宣伝するビジネスのWebサイトとメールアドレスも用意しておきましょう。Webサイトがない場合は、Googleのスマートアシストキャンペーンを利用することで、すぐにGoogle 広告の運用が開始できます。

      7.まとめ

      Google 広告を運用すれば、高度なターゲティング精度で、効率よく多くの潜在顧客にアプローチできます。数ある広告種類の中でも、おすすめはリスティング広告です。

       

      リスティング広告なら、検索をしている購買意欲の高い層にアプローチできるため、コンバージョンの向上を見込めます。料金が発生するのは成果が発生したときのみで、低コストで開始できるので、ぜひ気軽に運用してみてください。

      この記事をシェア

      はてなブックマーク
      株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

      アドフレックス編集部

      アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

      BACK TO TOP
      adflex