MARKETING COLUMN マーケティングコラム

【2022年最新版】5大SNS広告(YouTube、Facebook、Instagram、Twitter、LINE)を徹底比較!

SNSの利用者数は増加を続け、2021年の国内ユーザー数は7,975万人にまで拡大しました。2022年末には8,241万人に達する見込みです。なかでもYouTubeFacebookInstagramTwitter、LINEは大きな割合を占めています。

 

利用者の増加に伴い、SNS広告の予算拡大や新規参入をする企業も多くなってきました。しかし、SNSによって特性やユーザー層に違いがあり、広告の種類や課金方式も異なるため、各媒体を比較したうえで広告を運用する必要があります。

 

本記事では、各SNS広告の特徴や課金方式出稿手順などを詳しく紹介していきます。費用相場も紹介しますので、新規参入を考えている方も、ぜひ比較検討の参考にしてください。

1.SNS広告のメリット

SNS広告の主なメリットは、以下の3つです。

  • 少額からでも出稿可能
  • 多様な広告フォーマット
  • 精度の高いターゲティング

1-1.少額からでも出稿可能

SNS広告は比較的少額から利用できるので、出稿までのハードルが低いというメリットがあります。

【例】

Facebook広告やInstagram広告なら最低1ドルLINE広告は最低24円(クリック課金)から出稿可能。なかには、最低出稿金額が決められていないSNS広告もある。

1-2.多様な広告フォーマット

SNSには、コミュニケーションの促進やSNS特有の機能を活用した多様な広告フォーマットが用意されています。

複数の画像を使って「ストーリー」を伝えられるのも、Web広告にはないメリットとなる。

1-3.精度の高いターゲティング

SNS広告は、ユーザー情報に基づいて趣味や嗜好勤務先の企業規模学歴といった多彩な条件でターゲティングできます。

無駄な広告費が発生する可能性も低くなるため、費用対効果の高い運用にもつながる。

2.SNSの利用者数比較

SNSの国内月間アクティブユーザー数の比較は、以下のとおりです。

SNS国内月間アクティブユーザー数
YouTube

6,500万人20209月時点)

Facebook

2,600万人20197月時点)

Instagram

3,300万人20196月時点)

Twitter

4,500万人201710月時点)

LINE

8,900万人20218月時点)

出典:Think with GoogleCNET JapanMetaTwitterLINE Business Guide

 

もっとも利用者が多いSNSはLINEです。ユーザーの年代も幅が広いため、Web広告ではアプローチが難しかった層へのリーチも実現できます。

 

また、2020年以降はコロナの影響で自宅時間が増えたため、YouTubeの月間アクティブユーザー数が6,500万人を超えています。TwitterInstagramFacebookも、多くのユーザーが日常的に活用している状況が続いています。

3.SNS広告の特徴と費用を徹底比較!

ここからは、主要SNS広告の特徴や費用、出稿方法などを比較しながら詳しく解説していきます。

3-1.YouTube広告の特徴と費用、出稿方法

YouTubeは、ユーザー投稿型の動画SNSです。主なユーザー層は10〜40代で、各年代の利用率は90%を超えています。

利用率が比較的低い50代でもの81.2%と高い数値となっているため、幅広い年代層への訴求が可能。

You Tube広告の種類

YouTube広告の主な広告フォーマットは、以下のとおりです。

「スキップ可能なインストリーム広告」

動画の前後、再生中に配信される広告。再生開始後5 秒が経過すると、ユーザーは広告をスキップ可能

課金方式はCPV 単価制で、「ユーザーが動画を 30 秒間(30 秒未満の広告の場合は最後まで)視聴した場合」か「30 秒が経過する前に動画を操作した場合」に費用が発生します。費用の目安は2~25円です。

 

なお、入札戦略で目標インプレッション単価、目標コンバージョン単価、コンバージョン数の最大化を選択した場合は、インプレッション数に応じて費用がかかります。

「スキップ不可のインストリーム広告」

動画の前後、再生中に配信される15 秒以下の広告。広告のスキップ不可

費用は広告の表示回数に基づいて発生します。相場は10~500円です。

「インフィード動画広告(旧TrueViewディスカバリー広告)」

動画のサムネイル画像とテキストで構成される広告。

ユーザーが画像をクリックすると、動画の再生がスタートします。インフィード動画広告が表示されるのは、以下の3箇所です。

  • YouTube検索結果
  • YouTubeの関連動画の横
  • YouTubeモバイルのトップページ

インフィード動画広告の費用は、ユーザーがサムネイルをクリックして広告が再生されると発生します。相場は3~20円前後です。

「バンパー広告」

動画の前後、再生中に配信される6秒以下の広告です。広告のスキップ不可

課金形式はインプレッション単価制で、広告の表示回数によって費用が発生します。相場は10円~500円です。

「マストヘッド広告」

ホームフィード上部に最大 30 秒間(音声なし)自動再生される広告。

インプレッション単価制ですが、予約ベースでのみ利用できるため、費用相場は数百万円になることもあります。

YouTube広告の出稿手順

YouTube広告の出稿手順は、以下のとおりです。

 

1.広告用に作成した動画をYouTubeにアップロードを選択

  1. Google広告の管理画面にログインして [キャンペーン] >+ 新しいキャンペーンを作成] を選択

3.目標を選択(ここでは「ブランド認知度とリーチ」を選択)して [続行] をクリック

4.キャンペーンのタイプは『動画』を選択して [続行] をクリック

5.「キャンペーンのサブタイプ」と「目標をどのように達成するか」を選択して [続行] をクリック

6.入札戦略や予算、広告グループなどの全般設定をする

7.動画広告を作成する

8.入札単価を設定したら [キャンペーンの作成] をクリックして完了

3-2.Facebook広告の特徴と費用、出稿方法

Facebookは実名登録制SNSです。国内の月間アクティユーザー数は2,600万人(20194月時点)で、ユーザーはビジネス層が多いという特徴があります。利用率が高いのは30〜40代です。

Facebook広告の種類

Facebook広告の主な広告フォーマットは、以下のとおりです。

「写真(静止画)広告」

画像とテキストで構成されるシンプルなフォーマット。製品の概要を伝えたいときや、認知度の向上などに適している。

「動画広告」

最長240分の動画を配信できる広告。ストーリー性も持たせられるため、ブランドの世界観を伝えたいときなどにも活用できる。

「カルーセル広告」

最大10枚までの画像を掲載できる広告。複数の商品を紹介するECサイトの訴求などに向いている。

「コレクション広告」

メインビジュアルに画像か動画を掲載し、下部に複数の商品画像を並べられるフォーマット。モバイルデバイスでタップするとフルスクリーン表示になる。

「スライドショー」

画像や音、テキストを組み合わせ、動画のように配信できるフォーマット。軽量なのでスムーズにストーリーを伝えられる。

Facebook広告の課金方式

Facebook広告の課金方式は、キャンペーンの目的によって異なります。主な課金方式と単価の相場は以下のとおりです。

「インプレッション課金」

広告が表示されるごとに課金される方式。平均単価は100~500円前後。

「クリック課金」

ユーザーが広告をクリックするごとに費用が発生する方式。単価はキーワードやターゲティングの設定によって大きく異なりますが、平均100円前後。

「再生回数による課金(ThruPlay)」

動画広告が15秒以上再生されるごとに費用が発生する方式。動画広告が15秒以下の場合は「最後まで再生されたとき」に課金される。単価の相場は100円~200円

Facebook広告の出稿方法

Facebook広告の出稿には「Facebookアカウント」と「Facebookページ」が必要なので、事前に開設しておきましょう。

 

出稿手順は以下のとおりです。

 

1.アカウントにログインして [広告マネージャー] を起動する

2. [キャンペーン] >+ 作成] を選択

3.キャンペーンの目的を選択(ここではブランドの認知度アップ)して [次へ] をクリック

4.各種設定をする

5.予算やオーディエンスの設定をする

6.広告を作成してプレビューで確認する

7.画面右下の [公開する] をクリックする

3-3.Instagram広告の特徴と費用、出稿方法

Instagramは、ビジュアルメインSNSです。10〜30代の利用率が高く、ユーザーの半数近くが女性という特徴もあります。

Instagram広告の種類

Instagram広告の主な広告フォーマットを見ていきましょう。

画像広告」

Instagramのフィードなどに配信される静止画とテキストで構成された広告。ユーザーに違和感を与えず自然な形で訴求できる。

「動画広告」

動画とテキストで構成される広告。音声と動きで訴求したいときなどに役立つ。

「カルーセル広告」

複数枚の画像や動画とテキストを表示できる広告。複数の商品やブランドストーリーの紹介もできる。

「コレクション広告」

商品をカタログ形式で配信できる広告。掲載された各商品をタップすると詳細が表示される。

Instagram広告の課金方式と費用相場

Instagramの課金方式と費用相場は、以下のとおりです。

  • インプレッション課金:500~1,000円
  • クリック課金:40~100円
  • 再生回数による課金(ThruPlay):100~200円

Instagram広告の出稿手順

Instagram広告の出稿には、「Facebookアカウント」「Instagramアカウント」「Facebookページ」が必要になるので、事前に開設しておきましょう。広告の出稿と管理は、Facebookの広告マネージャーで行います。

 

Instagram広告の出稿手順は以下のとおりです。

 

1.アカウントにログインして [広告マネージャー] を起動する

2. [キャンペーン] > [ + 作成] を選択

3.キャンペーンの目的を選択(ここではトラフィックを選択)して [次へ] をクリック

4.各種設定をする

5.予算やオーディエンスの設定をする

6.広告を作成してプレビューで確認する

7.画面右下の [公開する] をクリックする

3-4.Twitter広告の特徴と費用、出稿方法

Twitterは、140字のテキスト投稿をメインとしたSNSです。コアユーザーは10〜20代で、男女別の利用率はほぼ同数となっています。

拡散性が高いSNSであるため、二次的な宣伝効果も期待できる。

Twitter広告の種類

Twitter広告の主な広告フォーマットを見ていきましょう。

「プロモ広告」

Twitterの標準的な広告。汎用性が高いだけではなく、投票やカンバセーションボタン機能を追加することもできる。サブカテゴリとしてサポートされているメディアフォーマットは以下の5種類。

  • 画像広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • モーメント広告
  • テキスト広告

「フォロワー獲得広告(旧プロモアカウント)」

認知度向上とフォロワーの獲得に役立つ広告。プロモツイートとしてタイムライン上に表示されるだけではなく、ホームページやプロフィールページなどの「おすすめユーザー」にプロモアカウントとして表示される。

「Twitterテイクオーバー広告(旧プロモトレンド)」

タイムラインや 「話題を検索」タブの上部に表示される広告。なお、テイクオーバー広告には、ユーザーが見る1日の最初の広告として配信される「タイムラインテイクオーバー」と、トレンド欄に動画クリエイティブを活用する形で表示される「トレンドテイクオーバー/トレンドテイクオーバープラス」の2種類がある。

「Twitter Amplify」

コンテンツパートナーの動画配信サイトと連動させて配信できる広告。動画の長さは最長で140秒ですが、6秒内が推奨される。

Twitter広告の課金方式と費用相場

Twitter広告の課金方式は、作成したキャンペーンの目的によって以下のように異なります。費用相場と併せて確認しておきましょう。

キャンペーンの目的課金対象費用相場

フォロワー(プロモアカウント)

フォロワー獲得数1フォロー40~100円
ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン

クリック数

※コンバージョン数(コンバージョントラッキング利用時)

1クリック24~200円
ブランドの認知度向上インプレッション数1,000インプレッション400~650円
ツイートのエンゲージメントエンゲージメント数1エンゲージメント40~100円
アプリのインストール数または起動回数
  • アプリクリック数
  • アプリインストール数

※各種アプリ内行動数(コンバージョントラッキング利用時)

1インストール100~250円
動画の再生数動画再生数1再生5~20円

Twitter広告の出稿方法

Twitter広告の出稿方法は、以下のとおりです。

 

  1. TwitterアカウントにログインしてTwitter広告にアクセスする
  2. キャンペーンの目的を選択する
  3. 予算や期間などキャンペーンの詳細を設定する
  4. 広告グループを作成する
  5. ターゲットを設定する
  6. クリエイティブを設定する
  7. 画面右下の [キャンペーンを開始] をクリックする

3-5.LINE広告の特徴と費用、出稿方法

LINEは、国内の月間アクティブユーザーが8,400万人(20203月時点)のSNSです。全世代の利用率がSNSトップとなっており、50代でも85%以上という高い利用率を示現しています。

他のSNS広告ではアプローチが難しいターゲットへの訴求も可能。

LINE広告の種類

LINE広告の主な配信面を見ていきましょう。

「トークリスト」

トークリストの最上部に配信される広告。ユーザーが広告をタップするとランディングページに遷移する。

「LINE NEWS」

LINE NEWSの記事一覧だけではなく、340を超える提携メディアの記事一覧ページにも広告が配信される。

「LINE VOOM(旧タイムライン)」

旧タイムラインであるLINE VOOMに配信される広告。訪問ユーザーは6,800万人以上で、その中の4,900万人以上は月に1度はタイムライン上の広告に接触している(20198月時点)。

「LINEマンガ」

スマートフォン向け電子コミックサービスのLINEマンガに配信される広告。LINEマンガは、日本国内のアプリダウンロード数はランキングで1位を獲得している。

「LINEショッピング」

アプリから手軽にショッピングが楽しめるLINEショッピングに配信される広告。約3,500万人の会員が登録している(2020年9月時点)。

「LINE広告ネットワーク」

提携する外部アプリやメディアに広告が配信されるのも、LINE広告の特徴。LINEの膨大なデータを活用して狙ったターゲットにメッセージを伝えらる。

LINE広告の課金方式と費用相場

LINE広告の課金方式と費用相場は、以下のとおりです。

「クリック課金」

広告をクリックしたユーザーが、リンク先のページに移ると費用が発生する。費用相場は50~150円

「インプレッション課金」

スマホの画面上に動画枠が100%表示された場合に費用が発生する。費用相場は400~650円

「友だち追加課金」

広告を経由したユーザーが、LINE公式アカウントを友だちにすると費用が発生する。費用相場は100~400円

4.まとめ

今回の内容をまとめると、以下になります。

  • SNS広告なら少額から多彩なフォーマットを利用できる
  • もっとも利用者が多いSNSLINEである
  • SNSの運用を成功させるには、各媒体のユーザー数や費用などを比較することが大切

SNS広告にもさまざまな種類やフォーマットがあるので、各SNSを比較して自社に最適な配信先を選択しましょう。

この記事をシェア

はてなブックマーク
株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

アドフレックス編集部

アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

BACK TO TOP
adflex