MARKETING COLUMN マーケティングコラム

記事LPとは?メリットや作り方を分かりやすく解説

LPとは、読み物型LP(ランディングページ)のことです。活用次第では、広告から遷移してきた潜在層や準潜在層のユーザーをコンバージョンに導けます。

 

広告色の強いLPに嫌悪感を示すユーザーの取り込みも望めますが、作成する際のポイントを押さえておかないと逆効果になるケースもあるので注意が必要です。今回は、記事LPのメリットや作り方などについて詳しく解説していきます。

1.記事LPとは

記事LPとは、Webページに似た読み物型ランディングページです。一般的なLPや記事との違いを見ていきましょう。

1-1.記事LPとLPの違い

記事LPとLPの違いはアピール方法ですLPは商材の魅力を全面に押し出して訴求していきます。一方、記事LPユーザーの課題に寄り添う形で商材をアピールします。商材のメリットを強く訴求することはありません。商材に対するユーザーの理解度を高めながら、購入まで一気に後押しするのが記事LPの特徴です。

 

LPについては以下の記事で詳しく解説していますのでご参考ください。

1-2.記事LPと記事の違い

記事LPと記事の違いは「目的」です。一般的な記事は、ユーザーニーズに即した情報を提供して、悩みや課題を解決します。そのため、記事を最後まで読めば、ユーザーが悩みや課題を解消できる構成になっています。

 

一方、記事LPニーズに即した情報を伝えながら商材の必要性をアピールして、コンバージョンへとつなげます。ニーズに応えるという点ではLPと同じですが、記事LPは最終的に商材を使うことで悩みや課題が解決でき構成になっています。

2.記事LPのメリット

記事LPを活用すれば自社の商材を知らない潜在層や準顕在層にも効率的にアプローチできるようになります

潜在層と準潜在層の主な違いは、下記のとおりです。

  • 潜在層:自社の商材を認知していない
  • 準潜在層:ニーズはあるが自社の商材を認知していない

潜在層や準潜在層のユーザーが通常のLPを見た時、強烈な訴求に違和感を覚えます。しかし、前段階として記事LPを挟めば、商材の認知と興味関心度合いの向上というプロセスを経由しながらスムーズに購入へとつなげることができます。

3.記事LPの作り方

記事LPの作成は、次の手順で行います。

  1. 構成
  2. ライティング
  3. デザイン

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    3-1.構成

    記事LPの基本的なフォーマットは問題提起→親近感→解決策→行動です。具体的には、自社の商材に関する知識がない、または知識が少ないユーザーの購買意欲を起こさせ、最終的に購入してもらうという流れになります。

     

    各フェーズの具体的な例文を見ながら、構成の全体像を確認していきましょう。

    問題提起

    具体的な悩みを提示してユーザーの興味を引きます。ただし、ここで提起する問題を自社の商材で解決できなければいけません。

    【例】

    「エクセルでの作業に限界を感じていませんか?」

    「痩せたいのに時間がなくて痩せられないと悩んでいませんか?

    親近感

    ユーザーの悩みに寄り添う形で自然と商材を提供できるように、親しみを感じてもらうような文章します

    【例】

    「入力項目が多いエクセルだと、時間だけではなく人件費もかかりますよね」

    「食事制限をしてみたものの、結局はリバウンドしてしまった!という人も多いと思います」

    なお、この段階で「データなどによる裏付け」を提示すると、ユーザーからの信頼度が高まります。

    【例】

    「〇〇のデータによると、非効率的な業務による残業代は年間で××円にもなります!」

    「〇〇の調査では、ダイエットに失敗したという人は××%もいます

    解決策

    具体的な解決手段として、自社の商材をアピールします。権威性を高める文言を入れると、より効果的です。

    【例】

    「〇〇なら、その業務を大きく改善します。大手企業の××では、〇〇の導入後に人件費を45%も削減できました」

    「そんな悩みを解決するのが〇〇です。管理栄養士が考案した献立で、しっかり食べながらダイエットできます」

    行動

    ユーザーにアクションを促すため、今買わなくてはいけない理由(CTA)を提示します。

    【例】

    「〇〇は初期費用50,000円、月額費用16,000円ですが、今なら初期費用半額で導入できます」

    「〇〇は月額5,980円ですが、初回お申し込みの方に限り1か月分無料でお試しいただけます」

    3-2.ライティング

    記事LPのライティングで意識したいのは読み飛ばし対策です。本記事のような情報系コラムは自発的に読む読者がほとんどですが、記事LPの読者は広告経由で受動的に接触しているため、文章を読むモチベーション高くありません。

     

    飛ばし読みの対策方法を詳しく見ていきましょう。

     

    1.一文一意にする

    小学低学年が音読しても分かるような文章を意識します。難しい言い回しは不要です。無駄な装飾語句もいりません。改行も多めに入れましょう。

     

    2.行頭と行末に注意する

    行頭には固有名詞を繰り返し使いましょう。全文を読読者はいないため、指示語の使用はNGです。商品名を繰り返せば、読者の認知度を高められるというメリットもあります。

     

    行末には推測を含む文章を書かないようにします。必ず言い切りましょう。

    ×「効果があるそうです」

    〇「効果があります」

    断定することで、読者に安心感を与えられます。

    3-3.デザイン

    飛ばし読みをする読者が多い記事LPの読了率を高めるには、デザインを意識することも大切です。デザインを考える際の主なポイントは、次の3つになります。

     

    1.見出しをこまめに入れる

    ひとつの見出しが長く続くと飽きられてしまうので、こまめに見出しを入れて本文を分割しましょう。飛ばし読み対策として、見出しを読んだだけで記事の概要が分かるようにします。

    ×「メリット1:利便性が高い」

    〇「メリット1:普段の買い物からビジネスシーンまで幅広く使える利便性の高さ」

     

    2.訴求部分を強調する

    強く訴求したい部分は、マーカーや太字などで強調しましょう。飛ばし読みユーザーも、強調されている部分には目を止める傾向があります。

     

    3.画像を多めに差し込む

    文章だけで構成されていると、ユーザーの離脱率が高まります。画像数の目安は「1コンテンツ1画像」です。もっとも効果的な方法は、文章の内容を図で表したインフォグラフィックの活用でしょう。読者の理解度が大幅に向上、SEO対策にもなります

     

    3つのポイントを踏まえた記事LPのデザイン例以下になります。

    4.記事LP作成のポイント

    記事LPを作成する際に気をつけたいポイントは、次の3つです。

    • 魅力的なタイトルを付ける
    • 訴求と情報提供のバランスを考慮する
    • CV(コンバージョン)への動線は複数設置する

      4-1.魅力的なタイトルを付ける

      記事LPの内容が優れていても、ユーザーがページを訪れなければ意味がありません。そのため、ユーザーが「読みたい」と思うようなタイトルを付けて、アクセス数を増やす必要がありま

       

      ユーザーの興味を引くタイトルを考える際には、次の3つを意識してみましょう。

      • 数字を含める:「〇〇の満足度88%」「リードを増やす6つの法則」など
      • 常識とは逆の発想を盛り込む:「データの分析結果が業績を悪化させる」「食事制限が太る原因に?」など
      • ポジティブ志向:「無理なく始める」「焦らないダイエット」など

        4-2.訴求と情報提供のバランスを考慮する

        記事LPを読むユーザーは、一般的な記事と同じような感覚で文章を目にしているため、過度な売り込みは厳禁です。記事LPLPであることには変わりありませんが、ユーザーに有益な情報を提供することを最優先にしましょう。

         

        ただし、情報の提供だけではCVにつなげるのが難しくなります。「商材のアピール3割:ユーザーに有益な情報7割」を目安にして、本文から広告色を消していきましょう

        4-3.コンバージョンへの動線は複数設置する

        CVへの動線は複数設置しましょう。CTAボタンだけでなく、画像リンクやテキストリンクも織り交ぜながら、押しが強くならない程度に配置します。ユーザーが「商材の購入についてもっと詳しく知りたい」と思ったタイミングでリンクが設置してあれば、ユーザービリティも向上するでしょう。

        5.記事LPを配信する際の注意点

        記事LPを配信する際には、次の2点に注意しましょう。

        • 目的や商材に適した配信方法を選ぶ
        • ターゲット層に応じたアプローチをする

          5-1.目的や商材に適した配信方法を選ぶ

          記事LPの主な流入元となる広告の種類や掲載先は多数あるため、記事LPの目的や商材に合った配信先を選択する必要があります。商材の認知拡大が目的の場合は、多数のリーチを獲得できるレコメンド広告が適しているでしょう。特定のキーワードに対する需要が高い商品は、キーワードターゲティングができるインフィード広告が向いています。

           

          ただし、インフィード広告は配信先によってユーザーの属性や興味・関心が異なるため、掲載先の媒体情報事前に把握しておきましょう。

          5-2.ターゲット層に応じたアプローチをする

          ターゲット層を意識して記事LPを制作すると、効果が大幅に高まります。コンバージョンが「パーソナルトレーニングジムの会員獲得」のケースを見てみましょう。

          顕在層がターゲットの場合は、「パーソナルトレーナーがダイエットをサポート」という構成の記事LPを作成すればOKです。

           

          しかし、潜在層はターゲット数が多く、ニーズの幅も広くなります。そのため、「ダイエットに効果がある運動法」などの読み物として、パーソナルトレーニングジムに対する興味を喚起しなければいけません。本文でダイエットにジムが有効であることを伝えながら、「専属のトレーナーがサポートする」というメリットを全面に押し出してコンバージョンへとつなげましょう。

           

          準顕在層は「プライベートジムに通いたい」という漠然としたニーズなので、本文で一般的なジムとの違いを説明しながら、パーソナルトレーニングジムのメリットを強調していきたいところです。

          6.まとめ

          今回の内容をまとめると、以下になります。

          • 記事LPとはた読み物型ランディングページのことである
          • 潜在層や準顕在層に対する訴求に適している
          • 成果を上げるには構成とライティングのポイントを押さえることが重要である

          適切な構成の記事LPを作成すれば、ユーザーが本文を読むだけで商材の情報とメリットを理解できるため、スムーズにLPへ遷移できます。LPのコンバージョンが低下傾向にあるという方は、記事LPの導入を検討してみてください。

          この記事をシェア

          はてなブックマーク
          株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

          アドフレックス編集部

          アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

          BACK TO TOP
          adflex