MARKETING COLUMN マーケティングコラム

動画広告の簡単な作り方を詳しく解説!ユーザーにスキップされないコツも紹介

画市場の急速な成長に伴い、自社内での動画広告作成を検討している企業が増えてきました。動画広告は、一般的な画像広告よりも高いパフォーマンスが期待できると注目を集めています。

 

ただし、制作には時間とコストがかかるため、必要な知識や押さえておきたいポイントを事前に確認しておくことが大切です。本記事では、効果的な動画広告の作成方法について詳しく解説していきます。

1.動画広告の作り方

動画広告作成の大まかな流れは、下記のとおりです。

  1. 制作目的を明確にする
  2. ペルソナの設定
  3. 訴求内容の決定
  4. 構成と脚本の作成
  5. 撮影準備
  6. 撮影
  7. 編集
  8. 配信結果の分析と改善

    1-1.動画広告の制作目的を明確にする

    最初に、動画広告を制作する目的を明確にしましょう。「他社も制作しているから」という理由だけでは成果は得られません

     

    なお、動画広告の制作目的は、基本的に以下の3つに絞られます。

    • ブランディング
    • 認知拡大
    • コンバージョン

      目的が明確になれば、ターゲットの選別と動画の方向性も定まります。

      1-2.ペルソナの設定

      動画広告の制作目的に適したペルソナを設定します。ターゲットは「集団」を指しますが、ペルソナは「個人像」であるため、詳細な人物像を設定しましょう。

       

      ▼ペルソナ例

      ペルソナを設定すると、以下のようなメリットがあります。

      ターゲットの認識が統一される

      動画広告のターゲットを「都内在住40代既婚男性」とだけ設定しても、イメージする人物像は人によって異なるでしょう。

      ペルソナを作成することで、職業や家族構成、置かれている現状といった詳細な情報を共有できるため、プロジェクトのメンバー間に生じる認識のズレを防げる。

      ユーザー視点で議論できる

      ペルソナを設定すると、ユーザー視点で議論ができるようになります。広告を作成する中で、気づかないうちに自社目線になることも多いですが、ターゲットとなる人物像を明確にすれば、視点が曖昧になりません。

      ターゲットに適したアプローチができる

      ペルソナを設定して人物像を絞り込むことで、ユーザーが抱えている課題だけではなく、ライフスタイルもイメージでき、ターゲットに刺さるメッセージを伝えられるようになります。また、情報発信する方法や、最適な広告フォーマットを選択しやすくなります。

      1-3.訴求内容の決定

      動画広告の目的とペルソナに適した訴求内容を決めて、盛り込むキーワードを絞り込んでいきます。

      【例】

      • 効果の高さを訴求したいなら「改善事例」や「効果〇倍」などのキーワードを動画内で使う。
      • 希少性を全面に押し出すなら「期間限定」「今回限り」といった文言で訴求する。
      • 認知度を拡大させたい場合は「話題沸騰」などのワードが効果的。

        ただし、複数の訴求を盛り込むと「何が言いたいのかわからない」という印象になるため、1本の動画広告で訴求する内容はひとつに絞りましょう。

         

        「価格の安さ」に重点を置いた分かりやすい動画広告としては、以下が参考になります。

          各動画広告の訴求内容をひとつに限定すれば、「希少性」を訴求する動画広告と、「価格の安さ」を訴求した広告の2本を配信して、両広告の効果を比較することも可能です。

          1-4.構成と脚本の作成

          動画広告の基本的な構成は、以下のとおりです。

          各シーン3秒で全15秒と考えると、時間配分もしやすくなります。シンプルな広告であれば、各シーン画像1×5枚のスライドショー形式で作成することも可能です。動的な訴求には向いていませんが、内容が良ければ低コストでもユーザーの興味や関心を引くことができます。

          1-5.撮影準備

          撮影に必要な道具やロケーション、キャストを準備していきます。場合によっては、声優やイラストレーターの確保も必要です。自社に撮影用の機材がないときには、レンタルの手配もします。

          1-6.撮影

          作成した脚本をもとに撮影を行います。スマホでも撮影はできますが、ビジネス目的の動画広告であれば、高性能な専用カメラを使いたいところです。

          1-7.編集

          編集は、動画の仕上がりを左右する重要な作業です。演出として、実写にアニメーションや特殊効果を加えることもあります。近年では無料の編集ソフトやアプリも数多く出ているのでコストはかかりません。

           

          しかし、クオリティが高く効果を狙える動画広告を作成するために、撮影よりも編集に大幅な時間をかけることが多いです。

          1-8.配信結果の分析と改善

          配信後は、結果をもとに分析と改善を行ないます。重視したい指標は、以下の3つです。

          リーチ

          「インプレッション数」や「インプレッション単価」などの指標です。YouTubeのインストリーム広告であれば、冒頭の5秒間はほぼ確実に視聴されるため、あまり気にする必要はありません。

           

          ただし、認知拡大目的での出稿や、6秒間のバンパー広告、アウトストリーム広告では注視する必要があります。

          リーチが低い場合はターゲットを間違えている可能性もあるため、ターゲティングの見直しも含めた改善を検討する。

          視聴

          コンバージョンを目的とする場合は動画の尺が長めになるため、「どの程度見られているか」の判断は大変重要です。

          見るべき指標としては、「視聴率」や「平均再生時間」、「平均視聴単価」などがある。視聴率が低い場合は、ユーザーの興味を引くような内容に構成に変える検討も必要。

           

          完全視聴率を重視する傾向もありますが、動画の内容や構成によっても重視すべきかどうかは異なります。

          【例】

          認知拡大やユーザーに対する行動喚起が目的であれば、必ずしも最後まで視聴してもらう必要はない。

          レスポンス

          ユーザーの行動につながった回数を図る指標です。コンバージョンが目的の場合は「クリック数」や「コンバージョン数」が該当します。

          認知拡大が目的であれば「視聴後の評価」や「視聴後のチャンネル登録数」などを見るとよい。

          2.動画広告制作のポイント

          魅力的な動画広告を制作するためのポイントは、以下の3つです。

          • 動画冒頭の数秒が勝負
          • 音声がなくても内容が分かるようにする
          • 目的に応じた演出を取り入れる

            2-1.動画冒頭の数秒が勝負

            You Tubeの動画広告は、ユーザーが再生開始後5秒でスキップできるようになるため、冒頭の5秒間に興味を引く内容を盛り込みましょう。

            なお、SNS系はユーザーが画面をフリックするスピードにも左右されるが、冒頭の2秒前後が勝負になる。

             

            以下は、冒頭でユーザーの興味を的確に掴んでいる動画広告の好例です。

            表現にスピード感を持たせたり、インパクトのある表現を取り入れたりすると、最後まで視聴してもらえる可能性も高まります。

              2-2.音声がなくても内容が分かるようにする

              音を出せない状況で動画を視聴しているユーザーも多いので、無音でも内容がわかるように字幕やテロップを入れましょう。ユーザーが視聴している環境にもよりますが、音声だけの動画広告はスキップされる可能性が高くなります。

              2-3.目的に応じた演出を取り入れる

              動画広告の目的に合わせた演出を取り入れると、配信効果を上げることができます。主な演出は以下のとおりです。

              画面分割

              画面を上下・左右に分割して、各画面に訴求要素を提示します。短時間で多くの情報を伝えることができ、離脱率の低下にもつながる方法です。

              認知拡大を目的とした配信などに適している。

              クイズやアンケート

              クイズやワンタップで答えられるアンケートを入れる方法です。

              ユーザーの関心を引けるため、完全視聴率の向上に役立つ。

              動的グラフ

              効果や改善率を動的グラフにして視覚的なインパクトを与える方法です。

              商品購入や資料請求といったコンバージョンが目的の動画広告に適している。

              3.動画広告の作り方は2種類

              動画広告を作る具体的な方法には「自社制作」と「外注」の2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、制作前に確認しておきましょう。

              3-1.自社で動画広告を作成するメリットとデメリット

              動画を作れるツールを利用すれば、外注しなくても動画広告を作成することはできます。外注に比べると低コストで済むのは、大きなメリットです。作成スケジュールが組みやすく、自由度が高いという特徴もあります。

               

              ただし、クオリティは保証されません。効果的な動画を作成できる人的リソースも必要になります。

               

              無料の動画編集ツールもありますが、最低限の機能しか使えないと考えておいた方がいいでしょう。

              専用機材やキャスト、ロケハン、編集などにこだわると、自社制作でも費用は高額になる。

              3-2.動画広告を外注するメリットとデメリット

              外注は自社制作よりも費用は高くなりますが、クオリティの高さは自社制作の比較になりません。機材や専用ソフトを自社で用意する手間も不要です。

               

              制作・配信後のフォローが充実している制作会社もあるので、制作から成果につなげるまでをワンストップで依頼することもできます。

              費用は50万円前後から300万円以上までとさまざま。

              4.まとめ

              今回の内容をまとめると、以下になります。

              • 動画広告を制作する目的を明確にし、誰に/何を訴求するかを決めていく
              • 動画は冒頭5秒が勝負
              • 目的やリソース、予算を考慮したうえで、社内制作(インハウス)または外注依頼を判断する

                今回ご紹介した動画広告の制作順とポイントを抑えて進めれば、動画制作に慣れていなくてもスムーズに進められます。

                 

                そうは言っても動画制作はハードルが高いと感じるのであれば、無料の制作ツールも数多くリリースされています。感覚を掴む意味でも、お試しで始めてみるのもおすすめです。

                この記事をシェア

                はてなブックマーク
                株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

                アドフレックス編集部

                アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

                BACK TO TOP
                adflex