MARKETING COLUMN マーケティングコラム

【完全版】Yahoo!広告とは?広告の種類や料金の仕組みを徹底解説

Yahoo!広告とは、国内最大級の検索サイトYahoo!とそのパートナーサイトに掲載できる広告を示します。Yahoo!広告を利用すれば、高いターゲティング精度で、多くのユーザーに広告を届けられます。

 

Yahoo!広告の利用を検討するにあたって、広告の種類やユーザーの特徴などを理解しなければいけません。本記事では、Yahoo!広告の種類や料金の仕組み、Google 広告との違いなどを解説します。

1.Yahoo!広告とは

Yahoo!広告とは:

国内最大級の検索サイトYahoo!とそのパートナーサイトに掲載できる広告を示す。

Yahoo!広告の強みは圧倒的なリーチ力です。日本のインターネットユーザーのうちスマートフォンは全体の8割PCは全体の6割のユーザーにリーチできると言われています。

 

また、高いターゲティング精度も特徴です。Yahoo!広告は90億種類以上の検索キーワードと約100のサービスを通じて、日々膨大なデータを蓄積しています。このビッグデータを活用することで、最適なユーザーに広告を届けられます。

2.Yahoo!広告の種類

Yahoo!広告には以下3つの種類があります。

  • 検索広告
  • ディスプレイ広告(予約型)
  • ディスプレイ広告(運用型)

    ここからは、3種類の広告について解説します。

    2-1.検索広告

    8,400万人が利用するYahoo! JAPANの検索結果画面に表示される広告です。ユーザーの検索キーワードに関連した広告が配信されます。つまり、課題の解決策を探しているユーザーに広告配信されるのです。

    ユーザーは広告を見た瞬間に「これは自分の課題を解決できる」と判断し、広告をクリックする。

    購買意欲の高い層にアプローチできるため、コンバージョンにつながりやすい。

    2-2.ディスプレイ広告(予約型)

    ディスプレイ広告(予約型)とは:

    Yahoo! JAPANのトップページや関連サービスページに配信する広告。

    画像や動画などの視認性の高いフォーマットで、多くのユーザーにリーチできるため、自社製品やサービスの認知度向上が見込めます。

     

    ディスプレイ広告(予約型)は、掲載期間と表示回数を保証する広告のため、次に紹介する運用型よりも優先的に配信されます。注意点は、広告が表示されるたびに料金が発生することです。

    広告がクリックされなくとも料金は発生するため、コンバージョンやサイト誘導などが目的には向いていない。

    2-3.ディスプレイ広告(運用型)

    ディスプレイ広告(運用型)もまた、Yahoo! JAPANのトップページや関連サービスページに配信する広告です。コンバージョンや動画再生などの目的に応じた運用ができます。

     

    予約型とは異なり、1日の予算は少額から自由に設定でき、広告がクリックされた際に料金が発生する点も特徴です。ターゲティングの種類も豊富なため、自社に最適なユーザーに広告配信できます。

     

    運用型ディスプレイ広告と検索広告の違いは、アプローチするターゲット層です。

    検索広告は購買意欲の高い層へのアプローチに最適な一方、運用型ディスプレイ広告はニーズが顕在化していない潜在層へのアプローチが最適。

    3.Yahoo!広告の掲載順位と料金の決まり方

    検索広告を運用する場合、まずは掲載順位と料金の決まり方を知る必要があります。以下では、それぞれについて解説します。

    3-1.掲載順位

    検索結果画面の上位に広告を表示できれば、多くのクリックを得られます。Yahoo!の検索広告では、入札価格と広告品質のかけ合わせで順位が決まります。

    • 入札価格:1クリックあたりの支払い上限額
    • 広告品質:ユーザーの求める情報と広告の関連性の高さ

      どれだけ入札価格を高く設定しても、広告品質が低ければ上位表示は難しいです。費用対効果を最大化するためにも広告品質を高めつつ、最適な入札価格を見極めなければいけません

      3-2.料金

      あらためてYahoo!広告の料金についてまとめました。

      種類検索広告予約型ディスプレイ広告

      運用型ディスプレイ広告

      課金方式クリック型ビューアビリティ(広告が表示されるたびに課金)クリック型
      目安費用

      1クリックあたり数円〜数十円 

      1クリックあたり数円〜数十円 

      1クリックあたり数円〜数十円 

      Yahoo!広告では、1日の予算と上限金額を自由に設定できます。予算の範囲内で運用できるため、予算オーバーになることはありません。

      4.Yahoo!広告とGoogle 広告の違い

      Yahoo!広告とGoogle 広告のどちらを運用するべきか、迷っている方も多いでしょう。以下では、自社に最適な広告を選べるように、Yahoo!広告とGoogle 広告の違いを解説します。

      4-1.配信先

      Yahoo!広告とGoogle 広告では、配信先が大きく異なります。以下が、各広告の主な掲載先をまとめた表です。

      広告の種類Yahoo!広告Google 広告
      検索
      • Yahoo! JAPANの検索結果
      • Yahoo! JAPANの提携先サイト
      • Googleの検索結結果
      • Googleの提携先サイト
      ディスプレイ
      • Yahoo!ニュースやYahoo!知恵袋など
      • YouTubeやGmailなど

      4-2.ユーザー層

      2018年に公開されたデータ となりますが、Yahoo!のユーザー層の特徴として、以下のものが挙げられます。

      • PCの月間アクティブユーザー数はNo1
      • ビジネス層(経営層)と主婦層が多い
      • 40〜50代のユーザーが多い
      • 年収700万円以上のユーザー構成比が高い

      上記の特徴から、Yahoo!広告はライフスタイルやBtoB向け商材との相性が良いと言えます。一方、Google 広告は若年層の会社員やフリーランスが多く、スマホの利用率が高いです。

      4-3.ターゲティング手法

      Yahoo!広告とGoogle 広告では、ターゲティングの名称と内容が異なる部分が多々あります。特におさえておくべきポイントは、以下の通りです。

      • Yahoo!広告のみ「子どもの有無」でターゲティングできる
      • Yahoo!広告のみ「サーチキーワードターゲティング」ができる
      • Google 広告では半径を指定した地域ターゲティングができる

      サーチキーワードターゲティングとは:

      ユーザーがYahoo! JAPANで検索したキーワード情報をもとに、指定のキーワード検索をしたユーザーにのみ広告配信する機能。

      キーワード単位でのターゲティングが可能なため、確度の高いユーザーに効率よくアプローチできます。

      4-4.マッチタイプの表記法

      細かな違いになりますが、マッチタイプの表記法も異なります。Yahoo!広告はプルダウンでの選択方式に対し、Google 広告はキーワードに記号をつけての表記となります。

      4-5.オプション

      広告表示オプションとは、広告の下部に追加して表示できる機能を示します。Yahoo!広告とGoogle 広告のオプションは以下の通りです。

      Yahoo!広告

      Google 広告

      クイックリンクオプションサイトリンク表示オプション
      電話番号オプション電話番号表示オプション
      テキスト補足オプションコールアウト表示オプション
      カテゴリ補足オプション構造化スニペット表示オプション

      住所表示オプション
      アフィリエイト住所表示オプション
      価格表示オプション
      アプリリンク表示オプション
      プロモーション表示オプション
      販売者評価表示オプション

      5.Yahoo!広告の運用がおすすめな企業

      Yahoo!広告とGoogle 広告のどちらで運用するか迷った場合、広告の表示回数が多くなるGoogle 広告を選ぶのがおすすめです。しかし、これから解説する2つの条件に該当した場合は、Yahoo!広告の運用も検討してみてください。

      5-1.ブランド毀損リスクを避けたい

      Web広告業界で大きな問題になっているのが、ブランド毀損リスクです。不適切なサイトやチャネルに広告配信されることでブランドイメージや信用を失うリスクがあります。

      世界的広告会社のアバスは、クライアントの広告が反社会的勢力のYouTubeチャンネルに掲載されていたことから、YouTubeへの広告出稿を停止している。

      Google 広告の場合、Web広告によるブランド毀損リスクは少なからずありますが、Yahoo!広告はその心配はありません。なぜなら、Yahoo!広告は法人サイトにのみ広告配信されるからです。

      信頼性の高いサイトにのみ広告は配信されるため、ブランド毀損リスクは極めて低いです。

      5-2.シニア層にアプローチしたい

      Yahoo! JAPANの年代別ユーザー層の割合は以下の通りです。

      • 13~19歳:6%
      • 20~29歳:12%
      • 30~39歳:16%
      • 40~49歳:21%
      • 50~59歳:26%
      • 65歳以上:19%

          ユーザーの半数以上が40歳以上です。Web広告ではシニア層へのアプローチは難しいですが、Yahoo!広告なら効率よく接触できます。

          中高齢者向けの商材を扱っているのなら、Yahoo!広告は最適なプラットフォームの1つ。

          6.まとめ

          Yahoo!広告を利用すれば、国内最大級のメディア Yahoo! JAPANや主要提携パートナーサイトへ広告配信できます。Yahoo! JAPANが誇るビッグデータを活用し、最適なユーザーに広告を届けられるでしょう。

           

          しかし、ユーザーの半数以上は40歳以上のため、若年層へのアプローチには向いていません。まずは本記事で解説した情報を参考に、Yahoo!広告が自社に最適かどうかを検討してみてください。

          【Web広告のお悩み解決ならこちら】

          この記事をシェア

          はてなブックマーク
          株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

          アドフレックス編集部

          アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

          BACK TO TOP
          adflex