【導入事例】医療機器メーカー様、媒体の自動最適化とリスティング広告最適化AI「Optmyzr(オプティマイザー)」の併用によりCV2.6倍、CPA27%改善!

マーケティング領域を中心に企業の事業成長を支援する株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑治彦、以下アドフレックス)はリスティング広告最適化AI「Optmyzr(オプティマイザー)」を、医療機器メーカー様のリスティング広告でのキャンペーンにて導入しました。
 
結果、導入前と比較して約2.6倍の獲得件数(CV)増加、同時に獲得単価(CPA)を約27%改善することに成功しました。

■二つのAIを最大活用した入札調整とキーワードメンテナンスにより、CPAを改善しながらCV獲得に成功
日々の手入れが必要となるキーワードメンテナンス。今回の企業様においては、追加または除外すべきキーワードの提案をOptmyzrが行い、実際の選択は担当者が行うという役割分担を明確にすることで高速にPDCAを回すことに成功しました。細部まで手入れがされたキーワードに媒体の自動入札を適用することで、結果として大幅にCV獲得増加に繋がり、同時にCPAの改善も実現することができました。

 

■導入事例ご紹介ページ https://optmyzr.jp/casestudy/case-study/202110191342/
Optmyzrのサービスサイトにて、詳細情報も含めた事例をご紹介しておりますので是非ご覧ください。

■「Optmyzr(オプティマイザー)」について https://optmyzr.jp/
Optmyzrは、人力では到底不可能なレベルの最適化を実現するリスティング広告最適化AIプラットフォームです。導入企業は世界85ヵ国80,000社を超え、年間利用媒体費は約3,500億円と、世界中で利用されているOptmyzrは業界最先端の自動最適化AIツールとしてグローバルスタンダードの地位を確立しています。

■アドフレックスについて https://www.ad-flex.com/
AI×コンサルティングを強みとし、デジタルマーケティング領域において様々な用途に合わせたサービス・プロダクトを用い、クライアント企業の課題解決や事業拡大を支援しています。日本初上陸のAIパーソナライゼーションプラットフォームやCDPを織り交ぜ、ビジネスパートナーとして企業の事業拡大に貢献しています。

BACK TO TOP
adflex
YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 iso