上場企業マーケターの86%がアドフレックスのオウンドメディアを推奨すると回答

株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑治彦、以下アドフレックス)はゼネラルリサーチ株式会社が実施したインターネット調査において、上場企業マーケターの86%がアドフレックスのオウンドメディア「マーケティングコラム」を推奨するとの回答が得られましたのでお知らせします。

今回の調査は上場企業のマーケター505名を対象に実施され、「あなたはアドフレックスのオウンドメディアを広告運用・マーケティングのオウンドメディアとして推奨しますか?」という問いに対して、「とても推奨する」が29.11%、「やや推奨する」が57.43%と全体の86.54%が推奨すると回答しました。

また、同調査において「マーケターとして、自社の広告運用をどのくらい重要視していますか?」という問いに対して、「とても重要視している」が40.79%、「やや重要視している」が59.21%との回答結果が得られ、マーケターにとって広告運用は最重要課題の一つになっていると考えられます。

 

広告運用を重要視する感度の高い上場企業マーケターの実に86%が推奨しているオウンドメディア「マーケティングコラム」、ぜひ自社の広告運用や今後のお取り組みのヒントにしていただければ幸いです。

 

■調査概要

調査方法:インターネット調査

調査期間:2022年2月10日~14日

調査対象:上場企業マーケター505名

対象選定方法:アンケートを基に所定の条件に合致する対象者を抽出

アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

 

■マーケティングコラム
https://www.ad-flex.com/column/
各広告プロダクトの最新情報、運用ノウハウ、リスティング広告をはじめとした広告手法を広告運用初心者にも分かりやすく解説。

 

■アドフレックスについて https://www.ad-flex.com/
AI×コンサルティングを強みとし、デジタルマーケティング領域において様々な用途に合わせたサービス・プロダクトを用い、クライアント企業の課題解決や事業拡大を支援しています。日本初上陸のAIパーソナライゼーションプラットフォームやCDPを織り交ぜ、ビジネスパートナーとして企業の事業拡大に貢献しています。

BACK TO TOP
adflex