ミドル・シニアの生活感覚 意識調査

ミドル・シニアの生活感覚 意識調査

株式会社アドフレックス・コミュニケーションズと株式会社ネオマーケティング(アイリサーチ)は、全国40歳~69歳の男女、既婚者を対象に「世代別生活感覚 意識調査」を実施いたしました。

調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2012年3月14日(水)~3月16日(金)。
有効回答数は1,020名(性年代で均等)

<調査概要>

調査期間
2012年3月14日~16日
調査方法
インターネット調査
調査対象
全国40歳~69歳男女、既婚者
サンプル数
1,020サンプル(性年代で均等割付)

<ミドル・シニアの生活感覚 意識調査>

■仕事に依存してしまいがちな男性。自分自身に磨きをかける女性
■男女で顕著なストレス解消。ショッピングは女性の貴重なストレス発散。一方、買い物でイタイ失敗も女性は経験豊富?
■40-50代と60代で大きく分かれる30代の印象。決め手は自分の部下?

1.自分自身について

■仕事に依存してしまいがちな男性。自分自身に磨きをかける女性。
回答者に自分自身の生活で重要視するものを尋ねたところ、「家庭」「健康」「趣味」の順となった。
男女で見た場合、特に「健康」「買い物」「食事」「自己啓発」で10ポイント以上の開きがあった。全体的に女性の方が、生活における重要視の幅(選択数)が多い。
年代差を見た場合、60代では「健康」「運動」が、40代では「買い物」が他年代と比べて高い数字となった。

【図1】自分自身の生活上の重要視ポイントについて
Q.あなたが生活の中で重要視しているものをお答えください。(お答えはいくつでも)

■男女で顕著なストレス解消。ショッピングは女性の貴重なストレス発散。一方、買い物でイタイ失敗も女性は経験豊富?
回答者に自分自身の生活でのストレス解消方法を尋ねたところ、特に女性では「ショッピング」「外食」が男性と比べて高い傾向となった。
一方で、ショッピングにおける「後悔したこと」を尋ねたところ、特に女性で「不必要なものの衝動買い」や「自分に合わないものを買った」が男性と比べて高い傾向となった。
尚、前項「重要視」の項目との分析では、「仕事を重視」すると選択した回答者のほうが「ストレス解消としてのショッピング」、及び「ショッピングの後悔」が高い値を示しており、相関性が認められている。

【図2】ストレス解消方法
Q. ストレス解消をする際に行うこととしてあてはまるものをお答えください。(お答えはいくつでも)

Q.前問で「ショッピング」「通信販売でのショッピング」と回答された方にお伺いします。あなたは「ショッピング」で後悔したことがありますか。以下からあてはまるものをお選びください(お答えはいくつでも)

2.各年代の印象について

■40-50代と60代で大きく分かれる30代の印象。決め手は自分の部下?
回答者に、30代の印象を尋ねたところ、特に40-50代と60代で大きく評価が分かれる結果となった。
40-50代では30代の「几帳面さ」、「我慢強さ」、「合理性」が足りないという厳しい印象が目立つのに対して、60代からは、これらの点で比較的好印象。
特に40-50代については、仕事上などでも30代を部下として抱えることも多く、そのような接点が多いために特に厳しい意見になっている可能性が考えられる。

【図3】世代別、30代に対する印象
Q.30代に対する印象としてあてはまるものをお答えください。(お答えはそれぞれいくつでも)

当調査の調査結果をすべてご覧になる場合は、こちらのお問い合わせフォームに必要事項を明記の上、ご連絡いただきますようお願いいたします。お問い合わせが完了いたしますと、調査結果をPDFファイルで閲覧・保存することが可能となります。