【日本初上陸】検索連動型広告最適化プラットフォーム「AdScale」サービス提供開始

株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑治彦、以下アドフレックス)は、AdScaleBV(本社:オランダ、アイントホーフェン、CEO:ディーデリック・クラッセン、以下AdScale社)が開発した、リスティング広告自動最適化サービス「Adscale(アドスケール)」のサービス提供を開始しました。

「AdScale」は、世界唯一の自動施策レコメンド機能、 AdScale社が独自に開発した入札・予算最適化アルゴリズムにより、リスティング広告のキャンペーンパフォーマンスの飛躍的な改善を可能としています。
すでに海外では、数千社で利用されており、開始4週間程度で開始前と比較して20~40%の獲得効率改善を実現しています。

アドフレックスでは、導入前にアカウントの改善診断を出し、同予算でどれくらいのパフォーマンス改善ができるのか明確な数値とともにご提案します。

アドフレックスが提供・運用するAI運用ツール「AdScale」のPDCAモデル

昨今、多くの企業で利用しているリスティング広告では、アカウント構成や入札、各種設定の煩雑さやキーワード設定も除外キーワードの最適化が非常に難しく、人的リソースが多く割かれるにもかかわらず、思ったように成果が出ない、という悩みがあります。
また、大型キャンペーン以外にも、広告主自身が継続的に運用し続けるには難解で時間がかかりすぎる、代理店に依頼しても費用対効果が悪いといった課題を「AdScale」の導入で解決できるようになります。

アドフレックスは、今後も積極的にサービス提供をし、ダイレクトマーケティング領域におけるサービスを拡大し、お客様の課題解決へ向けてより一層の支援を強化してまいります。

YAHOO!JAPANマーケティングソリューション正規代理店 LAP Sales Partner Bronze

© adflex communications, inc. All Rights Reserved.