MARKETING COLUMN マーケティングコラム

【現場で役立つ】Yahoo!広告のコンバージョン設定方法を初心者向けに解説!

Yahoo!広告のコンバージョン設定のやり方が分からない」とお悩みではないでしょうか。

 

Yahoo!広告の運用を始めてみたものの、コンバージョン測定がきちんとできておらず、困っている方も多いはずです。

 

そこで本記事では、初めてのYahoo!広告運用に悩む担当者向けに、コンバージョン測定が重要である理由や、コンバージョン設定の具体的な手順をお伝えします。

 

測定したコンバージョンのデータに基づいて、適切な施策を実行していくことで、売上アップにつながります。

 

広告の費用対効果が低いことにお悩みの場合にも、参考にしてください。コンバージョン設定を行い、Yahoo!広告の効果を最大化していきましょう。

1.Yahoo!広告におけるコンバージョンとは

コンバージョンとは、Yahoo!広告で促したい最終的な成果のことです。広告を出稿する目的とも言い換えられます。

 

コンバージョンの例は以下の通りです。

  • 商品の購入
  • サービスへの申込み
  • 会員登録
  • お問い合わせ
  • Webサイトの閲覧

    得たいコンバージョンが明確になっていなければ、どの広告がどれだけ成果につながったのか、データを集められません。

     

    数字に基づいた判断ができず、感覚で判断するしかなくなってしまうので、広告を効果的に改善していくことが難しくなります。

     

    結果として、広告を出稿しても成果につながりにくくなってしまうでしょう。

    どのようなコンバージョンを得るためにYahoo!広告を出稿するのか、最初に目的を明確にしておくことが大切。

    2.Yahoo!広告のコンバージョン測定が重要な理由

    ここでは、Yahoo!広告でコンバージョン測定が重要である3つの理由について、詳しく解説します。

    1. 広告の費用対効果が分かる
    2. 広告効果改善のための指標を見える化できる
    3. 自動入札を利用できる

      2-1.広告の費用対効果が分かる

      Yahoo!広告の費用対効果を把握するためには、コンバージョン測定が欠かせません。

       

      費用対効果の指標としてよく使われるのがCPA(Cost Per Acquisition)で、日本語では「顧客獲得単価」と呼ばれます。

       

      CPAは「コンバージョン1件を獲得するのにかかったコスト」を意味し、以下の式で計算されます。

      • CPA = 広告費 ÷ コンバージョン数

      広告運用においては、CPAを低く抑えることが大切です。

       

      CPAが低ければ、決まった広告予算でより多くのコンバージョンを獲得できたり、必要なコンバージョン数を確保するために最小限の広告費に抑えたりできます。

       

      そして、正確なCPAを計算するためには、コンバージョンの測定が欠かせません。

       

      コンバージョンの測定は、Webマーケティングにおける各指標の最適化のために、非常に重要な役割を担います。

      2-2.広告効果改善のための指標を見える化できる

      コンバージョンを測定すると、単にコンバージョン数だけでなく、広告のクリック数に対して、どれだけのコンバージョンに至ったのかを知る目安「CVR(Conversion Rate)」を把握できます。

       

      CVRは「コンバージョン率」とも呼ばれ、広告のクリック数やサイト訪問者数に対して、どの程度の割合でコンバージョンを達成したのかを示す数値です。

       

      CVRは以下の計算式で計算されます。

      • CVR = コンバージョン数 ÷ 広告のクリック数 × 100

      【例】

      Yahoo!広告から5人の新規顧客を獲得でき、広告のクリック数が100回であった場合、CVRは5%となる。

      何らかの広告の改善をした際には、CVRの変化を確認することで、改善に効果があったのかを確認できるでしょう。

       

      また、コンバージョン数にはCVRだけでなく、広告の「CTR(Click Through Rate)=クリック率」などの他の指標も大きく関係します。

      他の指標と比較して、どの箇所をどう改善すべきかを考えるためにも、コンバージョンを測定してCVRやCPAを算出することは欠かせない。

      Yahoo!広告に限らず、広告運用においてコンバージョン測定は必須事項ですので、ぜひ設定をしてみてください。

      2-3.自動入札を利用できる

      コンバージョンを測定することで、Yahoo!広告の検索広告で「自動入札」を利用できるようになります。

      自動入札とは:

      広告掲載の目的に応じて、入札価格が自動的に調整される機能

      「コンバージョン数の最大化」の自動入札タイプを選択することで、予算内でできるだけ多くのコンバージョンを獲得できるように、入札価格が自動調整されます。

       

      自動入札の利用は、CPAやCVRを改善するために有効な手段です。

       

      ただし、調整はコンバージョン数のデータに基づいてリアルタイムで行われるため、コンバージョン測定の設定が欠かせません。

       

      Yahoo!広告の運用を自動化していくためにも、コンバージョン測定が必要なのです。

      3.Yahoo!広告のコンバージョン測定タグとは

      Yahoo!広告のコンバージョンを測定するためには「コンバージョン測定タグ」をWebサイトに設置する必要があります。

      コンバージョン測定タグとは:

      ユーザーを見分けるための目印のようなもの特定のページにタグを設置しておくことで、そのページを何人のユーザーが訪れたのか、把握できるようになる。

      例えば、商品の販売を目的とする広告であれば、商品の購入後に表示される「サンキューページ」にタグを設置しておくと良いでしょう。

       

      こうすることで購入者の数、つまりコンバージョン数が確認できるようになるのです。

       

      それでは、具体的なコンバージョン測定タグの設置方法を次章で解説します。

      4.Yahoo!広告のコンバージョン測定タグの設置方法

      Yahoo!広告のコンバージョン測定タグを設置する際には、2つの方法があります。

       

      以下2つのどちらかを選んで、設置を行いましょう。

      • 直接設置する方法
      • Googleタグマネージャーを利用する方法

        どちらでも、途中までの手順は共通しています。具体的な手順を解説していきましょう。

         

        なお、Yahoo!広告のアカウントを所有している前提で説明していきますが、未所有の場合には以下より登録を進めてください。

        4-1.コンバージョン測定タグの取得方法

        ここでは、コンバージョン測定タグの取得方法について解説します。

        手順① コンバージョン測定の立ち上げ

        Yahoo!広告の広告管理ツールを立ち上げ [ツール] タブの矢印(▼)をクリックし、プルダウンメニューから [コンバージョン測定] をクリックしてください。

        手順② コンバージョン測定の新規設定

        [コンバージョン設定] タブを選択し [コンバージョン測定の新規設定] をクリックします。

        手順③ コンバージョンの概要の設定

        コンバージョン設定の新規設定画面が表示されます。

         

        任意で [コンバージョン名] を設定し [コンバージョン種別] は [ウェブページ] を選択してください。

         

        [コンバージョン測定の目的] は以下5つの中から選択できます。

        • 購入/販売
        • お申し込み
        • 販売促進
        • 主要なページの閲覧
        • その他

          広告の目的に合ったものを選びましょう。

           

          詳細については以下「コンバージョン設定の目的について」をご確認ください。

          手順④ コンバージョンの設定情報の入力

          続いて [コンバージョンの設定情報] を入力しましょう。

           

          [測定方法] では [初回のみ] もしくは [毎回] を選択します。

          同一のブラウザーから広告を何度もクリックされた場合、最初のクリックのみをカウントしたい場合は [初回のみ] を、すべてカウントしたい場合は [毎回] を選択。

          「自動入札への利用」は、必要に応じて [する] と [しない] のどちらかを選択します。特にこだわりがなければ [する] を選んでおけば問題ありません。

           

          [計測期間] では、広告がクリックされてからどのくらいの期間コンバージョンを計測するかを設定します。

          【例】

          30日に設定しておくと、広告をクリックしたユーザーがすぐに商品の購入をしなかったとしても、30日後まではコンバージョンを計測できる。

          どう設定すべきか迷う場合は、最大の「90」日にしておくと良いでしょう。

           

          [1コンバージョンあたりの価値] を設定しておくと、売上金額をレポートで確認できるようになります。任意の設定項目なので、空欄のままでもかまいません。

           

          入力を終えたら画面下部の [保存してタグを取得] をクリックしてください。

          手順⑤ タグを表示させる

          [コンバージョンの詳細] 画面が表示されたら [コンバージョン測定タグ] の欄にある [タグを表示] をクリックします。

          手順⑥ サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグの取得

          コンバージョン測定タグには「リニューアル版」と「従来版」があり、リニューアル版にはブラウザーなどの環境の影響を受けにくいというメリットがあります。

           

          特にこだわりがない限り、最初に表示されるリニューアル版のまま設定を進めましょう。

           

          [コンバージョン測定補完機能タグを利用しますか?] の項目では [利用する] と [使用しない] を選択できます。

          ブラウザーのセキュリティ機能強化の影響などにより、コンバージョンを測定できないことを避けるために [利用する] を選ぶのがおすすめ。

          詳細については以下「コンバージョン測定の補完機能について」をご確認ください。

          そして、上図の [ソースコードをクリップボードにコピー] をクリックします。

           

          これで「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」が取得できました。

           

          コピーしたソースコードは、メモ帳などに貼り付けて保管しておきましょう。

          手順⑦ コンバージョン測定タグの取得

          続いて画面を下にスクロールして [コンバージョン測定タグ] の項目を表示させます。

           

          上図の [ソースコードをクリップボードにコピー] をクリックしてください。

           

          取得した「コンバージョン測定タグ」も、メモ帳などに貼り付けて保管しておきましょう。

           

          ここまでが共通の手順です。

           

          ここからは「タグを直接設置する」「Googleタグマネージャーを利用する」この2つの方法について、順番に解説します。

           

          どちらの方法を選んでもコンバージョンダグを設置できますが、タグを直接設置する場合は、自社でHTMLファイルを修正する必要があります。

          4-2.タグを直接設置する方法

          タグを直接設置する場合は、取得した2つのタグのソースコードを順番に自社サイトに設置していきましょう。

           

          まず取得した「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」のソースコードを自社の「Webサイト内の全ページの<HEAD>タグ開始直後」に設置してください。

           

          次に「コンバージョン測定タグ」のソースコードを「サンキュページ」などに追加します。

           

          その際の挿入位置は「設置済みのサイトジェネラルタグより後(<BODY>内も可)」または「コンバージョンアクションのタイミング」です。

           

          HTMLファイルを編集することに慣れているのであれば、直接設置する方法を選んでも良いでしょう。

          4-3.Googleタグマネージャーを利用する方法

          Googleタグマネージャー(GTM)とは:

          Googleが無料で提供しているタグ管理ツール。

          GTMは初期設定の手間こそかかりますが、一度設定しておけば、煩雑なタグ管理を一括で行えます。

           

          特にHTMLファイルの編集に慣れていない初心者の方には、GTMの利用をおすすめします。

           

          なお、GTMのアカウントを所有していない場合は、以下の手順でアカウントを作成しましょう。

          1. GTMのオフィシャルサイトにある [無料で利用する] をクリック
          2.  [アカウント設定] [コンテナのセットアップ] [ターゲットプラットフォーム] を入力
          3.  [作成] をクリック
          4. 利用規約に同意
          5. 案内にしたがって、表示されたソースコードを自社サイト全体のHTMLファイル内にペースト

            GTMを導入できたら、具体的なコンバージョン測定タグの設置方法を見ていきましょう。

            手順① GTMを立ち上げて新しいタグを作成

            GTMを立ち上げて [新しいタグ] を選択します。

            手順② 「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」を設置

            タグに「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」と名前を設定し、タグタイプのうち [カスタムHTML] をクリックしてください。

            取得した「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」のソースコードをカスタムHTML上にペーストします。

            トリガーとして [ページビュー] で [All Pages] を設定して、画面右上の [保存] をクリックしてください。

            手順③ 「コンバージョン測定タグ」を設置

            再びトップページから [新しいタグ] を選択します。タグの名前を「コンバージョン測定タグ」と設定し、タグタイプのうち [カスタムHTML] をクリックしてください。

            取得した「コンバージョン測定タグ」のソースコードをカスタムHTML上にペーストします。

             

            その後、カスタムHTMLの下部にある [詳細設定] をクリックしてください。

            [タグの順序付け] をクリックして詳細を表示させて [コンバージョン測定タグが発行する前にタグを配信] にチェックを入れます。

             

            [設定タグ] でさきほど設定したタグである「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」を選択しましょう。

             

            これでタグが働く順番を正しく設定できました。

            タグのトリガー設定では画面右上の [] をクリックして、新しいトリガーを作成します。

            トリガーを「サンクスページ」と名付け、トリガータイプは [ページビュー] を選択してください。

            [一部のページビュー] を選択して [Click URL] を選び、URLの指定条件として [含む] [等しい] などから使用したいものを選択します。

             

            その後、サンキューページのURLを入力し、画面右上の [保存] をクリックしてください。

            最後に、作成した「サンクスページ」をタグのトリガーとして設定して、画面右上の [保存] をクリックしましょう。

             

            これでGTMを利用したコンバージョン測定タグの設置が完了しました。

            5.Yahoo!広告でのコンバージョンの確認方法

            コンバージョン測定タグの設置が完了すれば、コンバージョンの測定が開始されます。

             

            コンバージョンの確認は、広告管理ツール内の以下のいずれかのタブから行いましょう。

            • キャンペーン管理
            • レポート
            • ツール

              「キャンペーン管理」では、キャンペーンや広告グループなどの単位ごとに、コンバージョン数を把握できます。

               

              「レポート」では、コンバージョン以外の表示項目を設定したうえで、指定した期間のデータをレポート形式で閲覧できる点が便利です。

               

              また「ツール」では、設置したコンバージョン測定タグごとのデータを確認できます。

               

              広告管理ツールのタブごとの特徴を理解して、欲しい情報をすぐにチェックできるようにしておきましょう。

              6.まとめ

              Yahoo!広告の費用対効果を改善するためには、コンバージョン設定を行って、広告効果に関わる指標を見える化することが大切です。

               

              コンバージョンを測定するには、Yahoo!広告の広告管理ツールでコンバージョン測定タグを取得したうえで、自社サイトに設置する必要があります。

               

              設置する際にはサイトに「直接設置する」方法もありますが、初心者の方には「Googleタグマネージャーを利用する」方法がおすすめです。

               

              コンバージョン設定を済ませてから広告運用を行うことで、Yahoo!広告の費用対効果を高めましょう。

               

              Yahoo!広告のお悩み解決ならこちら】

              この記事をシェア

              はてなブックマーク
              株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

              アドフレックス編集部

              アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

              BACK TO TOP
              adflex