MARKETING COLUMN マーケティングコラム

Yahoo!広告APIの申し込みから利用までの流れを分かりやすく解説

2022.05.25

Yahoo!(ヤフー)広告をAPI連携で運用・管理をしたいとお考えではないでしょうか。

 

Yahoo!広告APIを活用すれば、複数広告のアカウント一括管理やレポートのグラフィカル化など、有料広告管理ツールの機能を利用できるようになります。

 

しかし、Yahoo!広告APIの利用には、申し込みからアプリケーションの登録など複雑な手続きが必要です。

 

本記事では、まずはAPIの仕組みを解説したのち、Yahoo!広告APIの申し込みから利用までの流れを解説します。

1.そもそもAPIとは?

APIとは:

ソフトウェアやアプリケーションの一部機能を別のサービスと連携させる仕組み

APIを活用すれば、他社の高度な機能を自社サービスに取り込めるため、低コストかつ迅速に機能の実装ができます。

 

現在は多くのビジネスがAPIを活用して、サービスを展開しています。身近な例が、Webサービスのログイン設定です。

【例】

多くのWebサービスが、GoogleFacebookなどのアカウントでログインできる機能を提供している。

これはAPI連携により、GoogleFacebookからユーザー情報を引っ張ってきている。

Yahoo!広告の場合は、デベロッパーが開発するアプリケーションとYahoo!広告システムを連携させられます。

2.Yahoo!広告APIでできること

それでは、Yahoo広告とAPI連携をすれば何ができるのでしょうか。Yahoo!広告とAPI連携をすることで、広告運用の効率化ができます。

【例】

Yahoo!広告はGoogle 広告やFacebook広告とは異なり、データを出力するためには、明示的なレポート登録が必要。

Yahoo!広告APIGoogle Spreadsheetを連携させれば、Yahoo!広告のデータを自動的にスプレッドシートに出力できる。

さらに、Google 広告やFacebook広告もGoogle Spreadsheetと連携させることで、複数の広告パフォーマンスをまとめて確認できるようになる。

つまり、一般的な広告管理ツールの機能を、コストをかけずに実装できるのです。

 

その他にも、Yahoo!広告とAPI連携をすれば、下記の機能を利用できます。

  • 複数アカウント管理の効率化
  • パフォーマンスレポートのグラフィカル表示
  • 広告掲載結果をさまざまなフォーマットでダウンロード

Yahoo!広告によれば、全体の7割以上がAPIを利用して運用しています。

 

次項からは、Yahoo!広告API申し込みから利用までの流れを解説します。

3.Yahoo!広告API利用の流れ①:Yahoo!広告APIの申し込み

Yahoo!広告APIを利用するためには、申し込みをしなければいけません。ここからは、Yahoo!広告APIの申し込み手順を解説します。

3-1.必要なものを準備

Yahoo!広告APIを利用するためには、法人管理権限を持つビジネスIDが必要です。

 

ビジネスIDを持っていない場合、まずは「Yahoo!広告 お申し込みフォーム」よりYahoo!広告に申し込みましょう。

3-2.必要情報を入力

法人管理権限を持つビジネスIDでログインしたら、「Yahoo!広告 API お申し込みフォーム」より申し込みをします。

出典:お申し込み手順|Yahoo!広告

 

申し込みの際は、以下のメニューより該当する契約種別を選択する必要があります。

  • Yahoo!広告正規代理店:Yahoo!広告の正規代理店として契約中
  • ツールプロバイダー:APIでツールを開発している(開発予定を含む)
  • 運用代行:他社のYahoo!広告を運用中(運用する予定を含む)
  • 広告主:他の種別に該当しないYahoo!広告の利用者

APIへの申し込みが完了したら、ビジネスIDのメールアドレスに「【Yahoo!広告 API】登録完了のお知らせ」というメールが届きます。

 

下記のいずれかに該当する場合は、審査に通りません。

  • 過去にYahoo!広告でガイドライン違反を指摘されている
  • 同じ企業内で既にYahoo!広告 APIの申し込みをしている

4.Yahoo!広告API利用の流れ②:アプリケーション登録

Yahoo!広告のAPIを利用する準備ができたら、まずはアプリケーションに登録しましょう。以下では、アプリケーション登録手順を解説します。

4-1.Yahoo!広告 API管理ツールを開く

Yahoo!広告 API管理ツールの管理権限を持つビジネスIDでログインし、「Yahoo!広告 API管理ツール」を開きます。

 

アプリケーション一覧画面が開いたら、[登録アプリケーション] を選択。

出典:アプリケーションの登録|Yahoo!広告

 

登録アプリケーション画面で [登録] をクリック。

出典:アプリケーションの登録|Yahoo!広告

 

下記項目を入力して、アプリケーションの登録をします。

  • アプリケーション名:アプリケーションの名称
  • アプリケーションの説明:アプリケーションの機能や特徴を記載
  • リダイレクトURL:アプリケーションのユーザーに表示される認証完了ページなどにリダイレクトするURL

アプリケーションの開発前で、まだURLを保有していない場合は、リダイレクトURLに「oob」と入力します。

 

必要項目を入力したら、入力内容を確認して、 [登録] をクリックして完了です。

 

アプリケーション一覧を開き、登録したアプリケーションの「クライアントID」と「クライアントシークレット」をメモして、次のステップ「APIコールへの実施」に進みます。

5.Yahoo!広告API利用の流れ③:APIコールの実施

APIコールを実施する目的は、Yahoo!広告APIに実際にリクエストし、正常なレスポンスが返ってくるかを確認するためです。

 

以下では、APIコール実施の手順を解説します。

5-1.事前知識

APIコールを利用する際は、エンドポイントと各パラメータを設定しなければいけません。以下が、エンドポイントと各パラメータの一覧です。

 

【エンドポイント】

種類

URI

認可API

https://biz-oauth.yahoo.co.jp/oauth

検索広告API

https://ads-search.yahooapis.jp/api

ディスプレイ広告API

https://ads-display.yahooapis.jp/api

 

【パラメータ】

種類

概要

client_id

登録済みアプリケーションで確認可能。「&client_id=」と書かれた部分に入力

client_secret

登録済みアプリケーションで確認可能。「&client_secret=」と書かれた部分に入力

redirect_uri

アプリケーション登録時に入力したリダイレクトURL

code

認可コード

access_token

アクセストークン

refresh_token

リフレッシュトークン

state

認可リクエストの送信時に設定できるパラメータ。第三者に判別されない文字列を設定

5-2.認証画面へリダイレクト

アプリケーション利用者の許可を得るため、認証画面へのリダイレクトを行います。エンドポイントのパラメータに、クライアントIDとシークレットIDを設定しましょう。

 

また、stateパラメータを指定し、セキュリティを高めることが推奨されています。

5-3.承認をクリック

出典:APIコールを実施する|Yahoo!広告

 

アプリケーションの利用者がYahoo! JAPANビジネスIDでログインすると、認証画面が表示されます。

 

利用者は [承認] をクリックしましょう。

 

リダイレクトURLにリダイレクトされ、認可コード(code)が付与されます。認可コードは10分で失効するため、失効した場合は再取得しましょう。

5-4.アクセストークンとリフレッシュトークンの取得

認可コードを使い、認可APIへリクエスト送信をします。

 

下記項目をパラメータに設定しましょう。

  • クライアントID
  • クライアントシークレット
  • リダイレクトURI
  • 認可コード

    すると、アクセストークンとリフレッシュトークンがレスポンスされるため、それぞれをメモします。

     

    アクセストークンは取得から1時間経過すると無効になります。無効になるたびに、リフレッシュトークンで新しいアクセストークンを発行しましょう。

     

    その後、例えばGoogle Spreadsheetより「拡張機能→Apps Script」の順にGoogle Apps Scriptを開き、コードを作成するとします。

     

    そうすれば、Yahoo!広告の運用データを自動でSpreadsheetに取得できるようになります。

    6.まとめ

    Yahoo!広告をAPI連携すれば、複数アカウントやレポート管理などの効率化を行えます。

     

    API連携は、自前開発のシステムと行えれば、サードパーティーツールとも対応しています。スピーディーな広告パフォーマンスの分析と改善につながるため、積極的にAPIを活用しましょう。

     

    しかし、Yahoo!広告のAPI連携は情報ソースが少ないうえ、自社で開発するのは難しい場合もあります。その際は、外部企業やYahoo!広告テクノロジーパートナーに協力を依頼しましょう。

     

    Yahoo!広告のお悩み解決ならこちら】

    この記事をシェア

    はてなブックマーク
    株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

    アドフレックス編集部

    アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

    BACK TO TOP
    adflex