MARKETING COLUMN マーケティングコラム

ディスプレイ広告の種類を解説!基礎知識やリスティング広告との違いもご紹介

Web広告にはさまざまな種類があり、広告運用の目的に応じて選ぶ必要があります。

 

ディスプレイ広告は、画像や動画を用いた視認性の優れた広告を、多くの潜在顧客に向けて配信できます。

 

そのため、検索ニーズが顕在化したユーザーに訴求するリスティング広告と比較し、商品やサービスの認知拡大にもおすすめです。

 

しかし、Web広告運用を始めたばかりでは、ディスプレイ広告の種類やリスティング広告との違いが分からない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、ディスプレイ広告の種類やメリットデメリット運用ポイントなどを詳しく解説します。

1.ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは:

Webサイトやアプリケーションの広告枠に配信される広告のことで、画像や動画を用いた広告がバナー形式で表示される。

バナーでの表示が多いので「バナー広告」と呼ばれることもありますが、実際にはディスプレイ広告の種類の1つであり、テキスト形式でも配信可能です。

 

下記画像の赤枠部分がディスプレイ広告の広告枠の一例です。

ディスプレイ広告は、Webサイトにおけるユーザー行動を追跡し、ユーザーの興味関心に沿った広告を配信するため、「コンテンツ連動型広告」と呼ばれることもあります。

2.ディスプレイ広告とリスティング広告の違い

下記は、ディスプレイ広告とリスティング広告の違いをまとめた表です。

項目ディスプレイ広告リスティング広告
掲載場所Webサイトの広告枠検索結果画面の上部
広告形式テキスト、画像、動画テキスト
単価安め高め
リーチできるユーザー層潜在層顕在層

押さえておくべき違いは、リーチできるユーザー層です。

 

ディスプレイ広告がアプローチできる潜在層とは、自身の課題や悩みの解決策にまだ気づいていない方がターゲットです。

【例】

何気なくネットサーフィンしていたら、大好きなブランドの新作が広告として掲載されていて、購買意欲を掻き立てられる。

実はこの仕組みこそがディスプレイ広告に該当します。一度、ブランドのWebページを訪問したユーザーに対して、情報を一定期間ブラウザに保存しています。

 

この保存された情報を活用することで、別のWebページを訪問中のユーザーに、興味関心の高い広告を配信できるというわけです。

 

ディスプレイ広告を用いて、潜在層にアプローチすることで、「こんな商品もあったのか」とユーザーに興味を持ってもらえます。

 

一方、リスティング広告がアプローチ可能なユーザーは、自分自身の課題や悩みをすでに把握している方が対象です。

【例】

検索窓に「ニキビ おすすめ 化粧水」「メンズ コスメ おすすめ」など顕在化されたキーワードで検索。

そのため、コンバージョンに直結しやすく、競合他社も参入しやすいので、単価は高めです。

3.ディスプレイ広告のメリット・デメリット

ディスプレイ広告に限らず、広告種別にはメリットとデメリットが存在しますので、詳しくみていきましょう。

3-1.メリット

ディスプレイ広告のメリットは以下の通りです。

  • 詳細なターゲティングを設定できる
  • 画像や動画などビジュアルで訴求できる
  • 費用が安価
  • 商品やサービスと相性の良い潜在層にアプローチできる

これら4つのメリットを要約すると、コストが低く視認性の優れた広告で、多くの潜在顧客にアプローチできるということです。そのため、顧客とのタッチポイント作りや商材の認知度向上ブランディングなどに向いています。

 

また、ターゲティングについてはユーザー属性を利用したり、興味関心に基づいて配信したりと精緻な絞り込みが可能となります。

3-2.デメリット

ディスプレイ広告のデメリットは下記の通りです。

  • 潜在層にアプローチするため、コンバージョンにつながりにくい
  • 分析と改善が難しい

Web広告運用で成果を出すためには、定期的な分析と改善が必要です。

 

しかし、ディスプレイ広告はターゲット層が広く、画像とテキストの組み合わせなどパフォーマンスに影響する要素が多いため、分析と改善が難しい特徴があります。

 

また、リスティング広告のように顕在ユーザーを対象とした広告施策と比較し、潜在層をターゲットにするため、コンバージョンにつながりにくいデメリットがあります。

ターゲット層に応じて、リスティング広告とディスプレイ広告の出稿バランスを調整することも重要。

4.ディスプレイ広告の種類

ディスプレイ広告は、以下の3種類に分けられます。

  • GDN(Google ディスプレイネットワーク)
  • YDA(Yahoo!ディスプレイ広告)
  • YouTube広告

それぞれの種類についてみていきましょう。

4-1.GDN(Google ディスプレイネットワーク)

GDNとは:

Googleが提供するディスプレイ広告のこと。YouTubeやGmailなどのGoogleが所有するサービスに加えて、提携している3,500万ものWebサイトやアプリに広告を配信できる。

膨大な広告配信先に加えて、細かなターゲティングができる点を踏まえると、多くの潜在顧客に効率よくアプローチできるでしょう。

4-2.YDA(Yahoo!ディスプレイ広告)

YDAは:

Yahoo! JAPANが提供するディスプレイ広告です。Yahoo! JAPANのトップページやYahoo!ニュース、提携するパートナーサイトに広告が配信される。

Yahoo! JAPANは、主に信頼できる法人サイトと提携しているため、ディスプレイ広告が直面する「不適切なWebサイトへの広告配信によるブランド毀損リスク」を回避できます。

 

GoogleとYahoo!のディスプレイ広告の違いについては、下記記事で詳しく解説しております。ぜひこちらも参考にしてください。

4-3.YouTube広告

YouTube広告とは:

YouTubeのページの端や動画の下部などに表示されるディスプレイ広告。GDNに申し込むことで利用でき、ユーザーが広告をクリックすると、指定のLP(ランディングページ)やWebサイトに遷移する。

2020年時点で、日本におけるYouTubeの月間アクティブユーザー数は6,500万人を超えており、年齢層も幅広いのが特徴です。

 

YouTubeにディスプレイ広告を配信すれば、多くのインプレッションが期待できるでしょう。

5.ディスプレイ広告の掲載フォーマット種類

ディスプレイ広告は、バナー広告や動画広告などさまざまなフォーマットで広告を配信できます。

 

自社に最適なフォーマットの種類を選べるように、以下ではディスプレイ広告の掲載フォーマットを解説します。

5-1.バナー広告

バナー広告とは:

ディスプレイ広告で一般的に使われるフォーマットであり、画像または動画のみを表示する広告。

視覚的にアピールできるため、認知度の拡大や信頼性の向上を見込めます。

5-2.レスポンシブ広告

レスポンシブ広告とは:

広告スペースに合わせて、広告のサイズやデザインなどが自動調整されるフォーマット。

レスポンシブ広告のメリットは以下の通りです。

  • 時間をかけずに、あらゆる広告スペースに配信できるクリエイティブを作成できる
  • 広告がWebサイトに自然と溶け込むため、広告効果が期待できる
  • 機械学習により、最適な組み合わせのクリエイティブが自動生成される

5-3.動的ディスプレイ広告

出典:「動的ディスプレイ広告について」|Yahoo!広告ヘルプ

動的ディスプレイ広告とは:

商品リストの情報を、広告枠に合わせて最適な形で配信する広告。

商品情報を表示するディスプレイ広告と考えれば分かりやすいでしょう。動的ディスプレイ広告もまた、ユーザーの行動情報をもとに、最適な広告を自動作成します。

5-4.テキスト広告

その名の通り、テキストのみの広告です。作成と管理が簡単にできるメリットがあります。

5-5.動画広告

動画広告とは:

5〜60秒ほどの動画を表示する広告。視認性に優れ多くの情報を伝えられるため、幅広いユーザーに訴求できる。

なお、GDNとYDAでは、若干ではありますがディスプレイ広告の掲載フォーマットに違いがあります。

 

以下に双方の種類をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【GDNの掲載フォーマット】

  • テキスト広告
  • レスポンシブ広告
  • イメージ広告
  • アプリ訴求広告
  • 動画広告
  • 商品ショッピング広告
  • 電話専用広告

参考:各キャンペーンタイプで使用可能な広告フォーマットについて|Google 広告 ヘルプ

【YDAの掲載フォーマット】

  • バナー広告
  • レスポンシブ広告
  • 動的ディスプレイ
  • カルーセル
  • テキスト

参考:広告の種類(ディスプレイ広告 運用型)|Yahoo!広告ヘルプ

6.ディスプレイ広告のターゲティング種類

ディスプレイ広告の魅力は、細かなターゲティングにより、自社に最適なユーザーに広告を配信できる点です。しかし、ターゲティング項目が多いゆえに、難しさを感じている方もいるでしょう。

ディスプレイ広告のターゲティングを簡単に言えば、「誰に」・「どこへ」広告を配信するかを指定する機能。

以下が、主なターゲティングの種類となります。

 

【誰に?を指定するターゲティング】

項目概要
ユーザー属性年齢や性別、地域などのユーザーのデモグラフィックを指定
サーチ指定のキーワードで検索したユーザーに広告を配信
カスタムセグメント「購買意向の強いオーディエンス」カテゴリーや任意のキーワードなどを設定し、自社に最適なユーザーに広告を配信
類似ユーザー自社サイトに訪問したユーザーと似たユーザーに広告を配信
リマーケティング自社サイトを訪問したユーザーに再び広告を配信

【どこに?を指定するターゲティング】

項目概要
プレースメント広告を掲載するサイトもしくは掲載しないサイトを指定
トピック/サイトカテゴリー特定のカテゴリーのサイトに広告を掲載する

参考:広告を表示するユーザーを選択する|Yahoo!広告ヘルプ
参考:ディスプレイキャンペーンのターゲティングについて|Google 広告 ヘルプ

7.ディスプレイ広告の課金方式の種類

ディスプレイ広告の主な課金方式について解説します。なお、ディスプレイ広告のフォーマットの種類によって、選べる課金方式は異なります。

7-1.インプレッション課金

インプレッション課金とは:

広告が一定回数表示されたら課金が発生する方式。一般的には、広告が1,000回表示されたら1回課金される。

7-2.クリック課金

クリック課金とは:

広告がクリックされるたびに課金が発生する方式。クリック課金の相場は、ジャンルや競合数などによって異なりますが、50~100円ほど。

ディスプレイ広告の費用については、下記記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

8.ディスプレイ広告で成果を出すポイント

実際にディスプレイ広告を運用した際に、成果につなげるポイントを解説します。

8-1.運用目的を明確にする

Web広告の目的は大きく、認知向上コンバージョンの2つです。もしコンバージョンの獲得を目指すのなら、リスティング広告が有効でしょう。

ディスプレイ広告は、潜在顧客にアプローチする性質上、コンバージョンに結びつきにくい手法。

一方、認知拡大やブランディングが目的なら、ディスプレイ広告が有効です。ディスプレイ広告を使えば、画像や動画を用いて、視認性の優れた広告を多くの潜在顧客にアプローチできます。

 

このように運用目的によって、ターゲット層や最適なアプローチ方法が異なります。

8-2.潜在顧客を徹底的に理解する

ディスプレイ広告のメリットは、詳細なターゲティング設定により、自社に最適なユーザーに広告を届けられることです。適切なターゲティング設定をするためには、顧客理解が欠かせません。

 

顧客は「いつ・どこで・どのような目的で広告を閲覧するのか」を徹底的に考えましょう。そうすることで、適切なターゲティング設定ができるようになり、最適なユーザーにディスプレイ広告を届けられます。

8-3.クリエイティブの分析と改善を繰り返す

ディスプレイ広告もまた、クリエイティブが成功のカギを握ります。ディスプレイ広告のクリエイティブにおいては、レイアウトや配色などのデザイン面まで考慮しなければいけません。

【例】

自社カラーとかけ離れた配色でクリエイティブを作成。

→この場合、たとえ広告が魅力的だとしても、広告から自社ブランドの想起にはつながらない

初めから良いクリエイティブを作成するのは困難なため、運用結果を見ながら、分析と改善を繰り返しましょう。

9.まとめ

ディスプレイ広告を運用すれば、動画や画像を用いて、多くの潜在顧客にアプローチできます。結果的に、認知の拡大やブランディングなどのマーケティング効果が見込めます。

 

ディスプレイ広告の種類は、GDN・YDA・YouTube広告の3つです。

 

各ディスプレイ広告やフォーマットの特徴を理解したうえで、自社に適した広告を選びましょう。ディスプレイ広告は安価で出稿できるため、まずは気軽に試してみるのがおすすめです。

【ディスプレイ広告のお悩み解決ならこちら】

    この記事をシェア

    はてなブックマーク
    株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

    アドフレックス編集部

    アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

    BACK TO TOP
    adflex