MARKETING COLUMN マーケティングコラム

実際に読んで分かったWeb広告を学ぶのにおすすめの本9選

Web広告の運用をするにあたり、本で知識を身につけたいと考えるマーケティング担当者の方は多々います。

 

実は、私もWeb広告の書籍を多数読んだのですが、「読んでよかった」と思える書籍があれば、「読む必要なかった」と感じる書籍もありました。

 

あれもこれもと本を読んだものの、同じ内容ばかり記載されていて、正直なところ時間の無駄でした。

 

あなたには効率よくWeb広告を学んでほしいからこそ、本記事では実際に読んで分かったWeb広告を学ぶのにおすすめの本9選をご紹介します。

1.リスティング広告・SNS広告の運用におすすめの本5選

まずはリスティング広告SNS広告の運用におすすめの本をご紹介します。

1-1.いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本

出典:インプレス

 

これからリスティング広告の運用を始める入門者におすすめの本です。

 

タイトルの通り、リスティング広告の基本を分かりやすく説明されています。具体的な内容としては、リスティング広告の仕組みやキーワードの選び方、広告文の作成方法などの運用前に知っておくべき基礎知識を網羅的に学べます。

2時間ほどで読み終えられるため、素早くリスティング広告の全体像をつかみたい方に最適な一冊。

一方、本書で触れているのは表面的な内容のため、中上級者は物足りなさを感じるでしょう。

1-2.リスティング広告のやさしい教科書

出典:MdN

 

「いちばんやさしい リスティング広告の教本」と同様に、これからリスティング広告を始める入門者向けの本です。しかし、「リスティング広告のやさしい教科書」のほうが、実践的な内容になっています。

そのため、「いちばんやさしい リスティング広告の教本」を読んでから本書を読む、もしくは無料のWeb記事でリスティング広告の全体像をつかんでから本書を読むと効率的。

リスティング広告の入門書は多々ありますが、「いちばんやさしい リスティング広告の教本」もしくは「リスティング広告のやさしい教科書」を読んでおけば十分だと思われます。

1-3.新版 リスティング広告 成功の法則

出典:ソーテック

 

リスティング広告の本を多々読んできたなかで、何度も読み返しているのが「新版 リスティング広告 成功の法則」です。

 

本書は2013年に出版された内容に、書き直しと最新情報を加筆したものになるため、内容が古い箇所は多々見られます。しかし、本書ではリスティング広告のテクニック部分ではなく、本質的な考え方を学べるのです。

 

タイトルにある「法則」とは、一定条件の下ではいつでも成立する関係を意味します。

つまり、本書では変化が早いリスティング広告業界において、普遍的な成功法則を学べる。

本書は、リスティング広告だけではなく、SNS広告や動画広告などWeb広告に携わるすべての人におすすめできます。特にリスティング広告を運用する場合は、先にご紹介した入門書のいずれかと本書を読んでみてください。

1-4.1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方

出典:PHP

 

リスティング広告やディスプレイ広告では、いかに自社に最適なキーワードを選定できるかどうかで、成果が大きく変わります。本書では、売れるキーワードの特徴が詳細に書かれています。

 

リスティング広告の中上級者には、目新しいことはないかもしれません。しかし、入門者は本書を読むことで、自社にとってリスティング広告は最適な施策なのかどうかの判断ができ、成果につながるキーワード選定が可能になるでしょう。

 

また、中上級者や自動入札を利用している方でも、本書を活用することで、新たなキーワード案が思いつくことがあります。

本書が優れているのは、キーワードだけではなく、リスティング広告で効果を出す本質的な戦略がさらりと書かれていること。

顧客リストの重要性が説かれているが、これはクッキーレスが迫った今だからこそ、多くの人に刺さる。

そのほかにも、コンバージョン設計や架電の重要性などについても書かれています。2009年に発売された点を踏まえると、本書も「新版 リスティング広告 成功の法則」と同様に、Web広告本における古典的存在になる可能性が十分にあります。

1-5.ビジネスを加速させる Facebook広告&Instagram広告制作・運用の教科書

出典:つた書房

FacebookとInstagram広告の基礎を学びたい担当者やアフィリエイトをする方におすすめの本。

他の本は読む必要がないと思えるほど、詳細にFacebookとInstagram広告について解説されています。

 

本書の通り進めれば、広告アカウントの作成からクリエイティブの作成、出稿、分析までスムーズに行えるでしょう。また、Facebook広告の特徴的なAI対策について解説されているのも魅力的です。

 

本書を参考に、広告の運用開始まで進めて、あとは分析をしながら運用精度を高めると効率よく成果を出せます。

2.ディスプレイ広告の運用におすすめの本2選

ディスプレイ広告に関する書籍は少ないですが、実際に読んで役立った本を2つご紹介します。

2-1.ネット広告運用“打ち手”大全

出典:インプレス

 

本書は、Googleリスティング広告とディスプレイ広告、Facebook広告について解説している本です。数あるWeb広告の本のなかでも、ディスプレイ広告に関する解説がトップクラスに充実しています。

 

具体的には、キャッチコピーを量産する型やターゲティング、配信サイトの選び方などを解説しています。

基礎的な内容の解説はもちろん、著者の経験から得られたノウハウや運用法までご紹介されているため、中上級者にもおすすめ。

特に、リターゲティングの依存に警鐘を鳴らしており、クッキーレスでリターゲティングが難しくなる今だからこそ、読む価値が十分にあります。

 

ディスプレイ広告の運用法からクリエイティブの作成まで、深く・簡潔に解説されているため、運用担当者は持っておいて損はしません。

2-2.思わずクリックしたくなる バナーデザインのきほん

出典:インプレス

 

ディスプレイ広告やバナー広告は、クリエイティブが成果の8割を握ると言っても過言ではありません。バナーデザインは非常に重要な要素ですが、意外なことにバナーデザインに関する書籍はほとんどありませんでした。

 

そんななか、20229月にバナーデザインに特化した本書が発売されたのです。

バナーデザインの作例がビフォーアフター形式で載っているため、効率よくバナーデザインについて学べる。

まずは本書に掲載されているポイントを意識して、ディスプレイ広告のデザインを作成してみましょう。定期的に見返すことで、課題を突破するデザインの改善点を見つけることも可能です。

3.Web広告の運用に役に立つ本2選

最後に運用するWeb広告の種類にかかわらず、読んでおくことで有益な知識を得られる本をご紹介します。

3-1.売れるコピーライティング単語帖

出典:SBクリエイティブ

 

どのWeb広告を扱うとしても、魅力的なコピーを制作できなければ、成果にはつながりません。しかし、「自分にはコピーライティングのセンスがない」と悩まれる方は多いのではないでしょうか。

 

本書を読めば、誰でも訴求力の高いコピーを制作できると自信を持てるようになります。

 

著者の神田昌典氏は、アメリカからコピーライティングを持ち込んだトップマーケターです。セールスコピーライティング第一人者の著者が、長年の経験で蓄積した売れる単語を実例や解説とともにご紹介しています。

 

広告クリエイティブやランディングページの作成などに、重宝すること間違いなしの一冊です。また、セールスライティングにおける本質やテクニックについても解説されています。

 

本書を参考にすれば、初心者でも売れるコピーを書けるようになるでしょう。

3-2.BtoBマーケティングの戦略と実践

出典:すばる舎

 

本書の著者は、BtoBマーケティングのプロフェッショナル集団の株式会社才流の代表である栗原康太氏です。

 

本書では、Web広告の基礎やテクニックなどについて解説するのではなく、あくまでも全体のマーケティング戦略の一環としてWeb広告が登場します。

 

Web広告の運用において、マーケティング全般の知識は大いに役に立ちます。本書を読めば、Web広告の役割や並行して進めるマーケティング施策、コンバージョン設計方法などの理解を深められるでしょう。

また、事例が豊富に掲載されているため、自社の課題を解決できるヒントを得られることもある。

BtoBマーケティングの基本を身につけると、適切なマーケティング戦略を立案でき、効率よくWeb広告でビジネスの成長につながる成果を出せるでしょう。

4.まとめ

本でWeb広告を学習するメリットは、信頼できる知識を得られることです。特に、入門者向けの本が充実しているため、まずは本で基礎知識を身につけるといいでしょう。

 

その一方、中上級者向けの本は少ない印象です。より深い知識やノウハウを身につけるのなら、代理店のセミナーやWebでの情報収集がおすすめです。ぜひ本記事を参考に、あなたに合ったWeb広告の本を選んでください。

Web広告のお悩み解決ならこちら】

この記事をシェア

はてなブックマーク
株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

アドフレックス編集部

アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

BACK TO TOP
adflex