MARKETING COLUMN マーケティングコラム

もう落ちない!Yahoo!広告の審査基準や落ちやすい広告の特徴

2021年、Yahoo! JAPANは約5,700万件の広告素材を非承認としています。

 

この事実からも分かるように、Yahoo! JAPANはWeb広告の品質向上に注力しており、広告主は細かな掲載基準を通過しなければいけません。

 

それでは、どのような広告が不承認となってしまうのでしょうか。

 

本記事では、Yahoo!広告の運用を検討しているマーケティング担当者に向けて、Yahoo!広告の審査基準や流れと期間などを解説します。

1.Yahoo!広告の審査とは

Yahoo! JAPANは、アカウント開設時と広告出稿時に厳格な審査を実施しています。

審査の目的は、ユーザーがクオリティーの高い情報を得られ、広告主が多くの見込み顧客を獲得できるようにするため。

Yahoo!広告の審査は、広告掲載ガイドラインに沿って行われ、広告ガイドラインに準拠していない場合は、広告出稿が不可能となります。

 

以降は、Yahoo!広告の審査基準やスケジュールなどを分かりやすく解説しますが、一度ご自身で広告掲載ガイドラインの確認もしてみてください。

2.Yahoo!広告の審査基準

まずはYahoo!広告のアカウント審査基準と広告の審査基準を見ていきましょう。

2-1.Yahoo!広告のアカウント審査基準

Yahoo!広告のアカウント開設時には、広告主を対象にする審査が行われます。Yahoo!広告のアカウント審査の基準は以下の通りです。

  • 登録情報:不正出稿の懸念はないか
  • サイトの表示:運営サイトが適切に動作し、ユーザーが使いやすいかどうか
  • サイトの使用言語:日本語もしくは英語で統一されているか
  • 禁止となる表現やサービス:法令や社会規範に違反するものがないか
  • その他、Yahoo!が不適切と判断する要素はないか

さまざまな基準がありますが、簡単に言えば以下3つのいずれかに該当すれば、アカウント開設が承認されません。

  • 過去に不正行為あり
  • 広告掲載基準への抵触が多い
  • 審査をすり抜ける行為がある

    Yahoo! JAPANが公開しているレポートによれば、2021年下半期の非承認アカウント数は5,324件です。

     

    アカウント審査基準について、より詳細な項目を把握したい方は「Yahoo!広告 アカウント審査基準」をご覧ください。

     

    参考:Yahoo!広告 アカウント審査基準|Yahoo! JAPAN

    2-2.Yahoo!広告の広告掲載基準

    Yahoo!広告の掲載基準は多々あるため、特に重要な基準をピックアップしました。

    • 広告の主体者が明確にされているか
    • 検索キーワードと広告またはランディングページの関連性が高いか
    • ユーザーにとって広告は有用性か
    • 同一ページに同じ広告が重複掲載されていないか
    • ユーザーに迷惑となる広告になっていないか
    • ユーザーの意に反する広告になっていないか
    • 法令や社会規範に反する商材を広告していないか

    2021年の非承認広告数は約1億3,000万件であり、非承認理由の割合トップ3は以下の通りです。

    • 最上級表示、No.1表示:37%
    • 薬用化粧品(医薬部外品)、化粧品:25%
    • ユーザーの意に反する広告の禁止:6%

      Yahoo!広告の作成にあたり、注意するべきポイントが「最上級表示No.1表示」です。

      「最大」や「最高」、「世界初」などの誇張表現は、広告審査に落ちる可能性を高める。

      最上級表示を記載する際は、客観的な調査の提示、および最上級である範囲や領域を明確にするようにしましょう。

       

      参考:Yahoo! JAPAN 広告掲載基準|Yahoo! JAPAN

      3.Yahoo広告クリエイティブの規定

      Yahoo!広告に入稿するクリエイティブにも規定があり、規定に反する場合は出稿が認められません。

       

      ここでは特に重要な規定をご紹介します。詳しくは、Yahoo!のオフィシャルサイトよりご確認ください。

      • キーワードは80文字以内
      • 検索広告のタイトルは30文字以内
      • レスポンシブディスプレイ広告のタイトルは20文字以内
      • 説明文は90文字以内
      • !や?などの記号を多用しない
      • !や?などの記号を連続使用しない
      • ユーザーに不快感を与える文字列を使用しない
      • 意味不明な文字列を避ける
      • 顔文字や機種依存文字は使用しない

        参考:Yahoo!広告の最適な文字数と使用可能な文字・記号(検索広告・広告表示オプション|ディスプレイ広告)|公式ラーニングポータル

        参考:文字、記号を使用する際のルール|Yahoo!広告ヘルプ

        4.Yahoo!広告の審査の流れと期間

        Yahoo!広告の審査の流れは以下の通りです。

        1. 広告を入稿
        2. Yahoo! JAPANがシステムと目視で確認(約3営業日)
        3. 問題がなければ、広告の配信

          Yahoo!広告の審査期間は、約3営業日です。審査の仕組みは、システムと目視で広告やキーワード、画像、ランディングページなどの確認が行われます。

           

          なお、広告掲載ガイドラインは定期的に更新されるため、広告掲載中も内容の確認が随時行われるのです。

          【例】

          掲載中の広告においても新たなガイドラインに違反している場合、広告の掲載が停止される。

          また、1アカウント内で大量の入稿をすると、審査完了までにかかる時間が長くなるため注意をしてください。

          5.Yahoo!広告の審査でよくある質問に140字以内でお答え

          最後にYahoo!広告の審査でよくある質問に回答していきます。

          5-1.Q:審査状況はどうやって確認するの?

          広告管理ツールで確認できます。審査に通過しなかった場合は、その理由や推奨される対処法なども表示されます。

          5-2.Q:広告の再審査の依頼方法は?

          広告管理画面より、不承認の広告を開きます。広告内容を修正し [申請] ボタンをクリックすれば、再審査が実施されます。

          5-3.Q:違反は何度しても大丈夫?

          何度も違反やガイドラインへの抵触を繰り返すと、アカウント自体が停止される恐れがあるため、可能な限り違反はしないようにしましょう。

          5-4.Q:広告が非承認にならないためにはどうしたらいい?

          原則としてガイドラインを守ることが大切です。そのうえで、キーワードとの関連性を高め、露骨な表現やユーザーに不快感を与える表現は避けましょう。

          6.まとめ

          Yahoo!広告を利用するためには、アカウントと広告審査を通過する必要があります。審査基準は細かく用意されていますが、大切なことは以下の通りです。

          • キーワードと広告/ランディングページの関連性を高める
          • 客観的なデータを示さずに誇張表現を使用しない
          • 露骨な表現をしない
          • ユーザーに不快感を与えない

            この4点を意識して、広告やランディングページを作成すれば、承認率を高められます。

             

            不承認となった場合は、広告管理画面より原因を特定してから、修正と再申請をするようにしましょう。

            Yahoo!広告のお悩み解決ならこちら】

            この記事をシェア

            はてなブックマーク
            株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ会社ロゴ adflex communications, Inc.

            アドフレックス編集部

            アドフレックス・コミュニケーションズ公式アカウントです。

            BACK TO TOP
            adflex